ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
カテゴリ:モスクワ/2011夏( 18 )
露風・ジャムのデザート「キセーリ」
f0056476_22422925.jpg

こんなん食べたの初めてというデザートがあったので。ロシア風のジャムを使った素朴なデザート「キセーリ(Кисель)」です。水のボトルの後ろに隠れているのがそれ。ベリーのジャムにコンスターチで粘りを付けてるんですね。お上品なお店で食べたものなので、甘さも抑えめ。グラスの淵にグラニュー糖をサラリとかけてあって、ベリーの種類を数種類揃えて並べてありました。スプーンですくって食べていいのか、それともウォッカのようにショットで飲むのか迷ったが、グビッと飲み干さなくてよかった、よかった。スプーンですくって食べて正解だったわ、私の品格がバレなくてよかったわ。
f0056476_2382256.jpg

ってなことで、はい、モスクワの食べ歩きの旅、おしまいです。あえて食べ物の事だけを載せさせてもらったけど、この街はかなり面白かったなぁ。今度は、本当に寒いという冬を見たいもんだ。マイナス30度の中でも
アイスクリームを食べながら歩いているモスクヴィッチ達に会ってみたいな。急な訪問にいろいろ親切にしていただいたモスクワの方々に感謝します。スパスィーバ、Спасибо。
by machikogunji | 2011-08-11 23:00 | モスクワ/2011夏 | Comments(3)
自炊晩めし@モスクワ
f0056476_2019155.jpg

毎日、近所のマーケット2、3軒に寄っていたので、さすがに普通の人達が食べてる食材を私も使って料理したいかなと。どんくらい、ニューヨークと味が違うのかなと。
まず、豚肉。骨付きのマリネしてあるパックのを買って、オーブンでゆっくりグリルして、最後にフライパンで表面をカリッと焼いてみた。うまっ。豚肉、いいですねぇ。脂もいい感じに付いていて、こりゃロシアの勝ちね。
f0056476_20221634.jpg

f0056476_19522748.jpg

肉売り場に特筆すべき品が1つあった。「タン」が必ずある。冷凍じゃないよ、生です、ベロンチョと並んでました。ハムやサラミのコーナーには、茹でたタンも置いてある。それを買ってみた。生姜醤油に絡めて、マスタードつけながら食べてみた。これも美味しいわけよ。ビールにもワインにもイケまっせ。

★続きを見る……。
by machikogunji | 2011-08-11 20:16 | モスクワ/2011夏 | Comments(0)
いくら味のポテチ
f0056476_19403554.jpg

いくら好きかと言えば、そうでもないんですが、これは食べてみたかったぁ。いくら味のポテトチップ、どこでも売っている。さすがっ、ロシアだわ。
f0056476_1942206.jpg

そのままでもバリバリ、こうやってサラミ(何を食べてもおいしい!!!)を載せても旨いっす。ビールのつまみに最高〜っす。
by machikogunji | 2011-08-11 19:43 | モスクワ/2011夏 | Comments(0)
揚げピロシキにカレー粉ふって。
f0056476_181484.jpg

昨日のセントラル・マーケットに、美味しそうな揚げピロシキがあったので、今日の朝ごはん用に買っておいた。フライパンでゆっくり焼き直し、サラダに、甘過ぎたベリーのジュースを入れて作った特製ベリードレッシング!?(これがなかなかのお味。ジュースをドレッシングに使うってのはヒットヒット!)をかけて、ブラータも一緒に。
f0056476_18105352.jpg

この揚げピロシキ、一つ知恵がついたよ、毎日朝ごはん作ってたら。カレーパウダーをひと振りしたら、めちゃウマになった。日本のカレーパンそのものの味。こっちにもこのカレーピロシキ売ってるんだろうなあ。滞在不足で今回は見つけることができなかったが、次回は探しますよ、歩いて。
by machikogunji | 2011-08-09 18:12 | モスクワ/2011夏 | Comments(1)
センター・マーケットのテイクアウト中華
f0056476_15194045.jpg

f0056476_15195721.jpg

モスクワという大都市に中華街がないというのは。数日前にお話ししたが、今日ちょっと「うわさ」になってるところに行ってきたら、おっと、テイクアウトできる、かなりおいしい中華があったので記録しとこうかな。
ツヴェトノイ・ブリヴァール駅を降りてすぐにあるデパート。この通りをはさんで隣には、モスクワで一番古いサーカス団「ツヴェトノイ・ブリヴァール」の劇場があった。デパートは「ツヴェトノイ・セントラル・マーケット」といって、ロンドンの会社がプロデュースを手がけたんだそうだ。ここのフードコートが、今までのモスクワにはないタイプで、なかなか力が入ってるってことを、このフードコートを手がけたモスクワの会社の知り合いが教えてくれた。
実際行ってみると、食料品売り場は地下じゃなく6階に、6階から吹き抜けになっている7階にはレストランがあり、こりゃ駅前モールのフードコートのノリじゃない。どっちかっていうとディーン&デルーカのノリだね。なるほど、モスクワじゃ珍しい感じなんだろうな。センスよくゴージャス系。魚売り場は、オイスターが豊富だった。こういうのないんじゃないかな他ではって、たかが10日ぐらいしか滞在してないのに、生意気か。
で、ニューヨークにはあるそうな感じの店の作りなんだが、私がうれしかったのは、中華の量り売りのコーナーがあるのよね。今日の晩御飯はここの中華をテイクアウトで決まり。ちょっとずつ、かなりの種類を勢いよく注文してたんで、隣で順番を待っていたロシア人親子が超引いていた。そして、私の注文したのを片っ端から真似して買い始めたのはウケた。英語ができる人だったので、おばさん、横で思わずメニューの説明してしまいました。おばさんは世界のどこへ行ってもおせっかいです、はい。
買って帰ったもの全部、なんか日本のデパ地下の中華風のもの。味なんかニューヨークの中華の惣菜なんかよりはるかに良く美味しかった。
春雨サラダの韓国チュプチェ風、白身魚の甘酢&ごまペースト和え、黒きくらげと野菜の和え物。
もう一皿は、海老丸ごと1本の揚げ春巻、中華風キッシュ、フライドダンプリング。
アパートで、よく冷えた白ワインを飲みながら、満足な中華のお食事。まっ、これでモスクワ中華のリベンジでけましたがな。
f0056476_15202161.jpg

by machikogunji | 2011-08-09 17:43 | モスクワ/2011夏 | Comments(0)
ジャンクおみやげ
f0056476_16551664.jpg

日に日にジャンクみやげが増えておる。マグネット愛好家としては、この国面白いぞ。もちろん、キャビアも偽もんですが、私にとっちゃ本物より価値ありなの。
f0056476_16582065.jpg

どうよ、これっ。これも冷蔵庫に貼っつけるマグネットなのよん。派手ですが。存在感あり過ぎなんですが。
f0056476_16594015.jpg

手のひらサイズの国民的マスコット「チェブラーシカ」。キモかわいさがあるよな。おばさんの必需品ようじ入れ。
f0056476_1735878.jpg

このようなものを、地下道や駅地下に連なる露天商から買って喜んでます。
by machikogunji | 2011-08-08 17:07 | モスクワ/2011夏 | Comments(0)
朝めし@モスクワ
f0056476_1484654.jpg

モスクワでも、朝ごはん、食べてますよ。
自炊:ピロシキ、クロワッサン、目玉焼きとウインナー、メロン、コーヒー、トマトとキャロットとビーツのミックスジュース。クロワッサンもピロシキも焼きたて。

★朝めし8/2~8/8
by machikogunji | 2011-08-08 14:29 | モスクワ/2011夏 | Comments(1)
ドロゴミーロフスキー市場
f0056476_13124321.jpg

キエフスカヤ駅の裏を歩いていたら、ぶち当たったぜ、生鮮市場に。初めてのモスクワだし、あんまり生意気な場所には行かないでおとなしく飯でも食っておこうと思ってたのにさ。なぜか生魚あ私を呼ぶの「ちょっとモスクワの魚事情も見てってよ」って。ドロゴミーロフスキー市場、たぶんこういう読み方でいいんじゃないかなぁ。市場ってのはルイノクっていうらしい。モスクワにはこういう生鮮市場が5箇所ぐらいあって(チェルキロフスキー市場という中国系移民のチャイナタウン的市場があったらしいが2009年に火事になり永久閉鎖された。だからもうモスクワにはチャイナタウン的エリアはないのよね)、庶民の生活を支えてるという。築地って感じじゃなく、なんか浅草の浅草寺の裏の初音小路みたいだ。客3人入ればいっぱいになるような小さな間取りの店がびっしり並んでいる。
f0056476_13143564.jpg

f0056476_13153894.jpg
f0056476_1316759.jpg
f0056476_13171451.jpg

この露天小路の先に大きな屋内市場があり、まぁ、肉から魚から野菜から毛布まで、何でも売っていた。なんか大興奮して写真撮る余裕なかったわね。魚はね、サーモンはそりゃ立派。イクラはぴんきりでなんぼでもあるし。魚自体の種類はないね。オラータ、ブランジーノ、ゴールデントラウト、ブルックトラウト、車海老(冷凍)、ずわい蟹(冬場は生が出るみたい)、きんきっぽい魚、パーチ、鯉(これ、けっこういろんな種類いましたねぇ)、子いか、いいだこ、水槽にはメインロブスターなどなど。一つ驚いたのは、でかい灰色のザリガニがごろんごろんしており、あんちゃんに「買え買え」とせがまれた。なかなかのしつこさやったな。後で聞いた話だけど、ロシア人がおうちでお客さんのおもてなし料理を作る時は、このザリガニの丸湯でがどかnと出てくるらしい。刺身で食べられるようなものはないと見たけどどうでしょね。あえてオラータが新鮮ならば昆布〆はできると思うけど、昆布がそう簡単に手に入るのかしらん。
モスクワのお魚さん、おばちゃん、しっかり、あなたたちに会いに行きましたよ。安心して食べられてくださいまし。あぁ、旅先の市場、めちゃくちゃ楽しかったです。
f0056476_13301251.jpg
f0056476_13304450.jpg

by machikogunji | 2011-08-08 13:31 | モスクワ/2011夏 | Comments(1)
価値あり!朝ごはん
f0056476_1423378.jpg

こちらに来て、朝ごはんはずっと自炊してるんですが、今日はちょっと贅沢に!です。ラディソン・ウクライナホテルのビュッフェ式のブレックファストは、ロシアの美味しいものが勢ぞろいって噂を聞いて、ならば出陣と、前日の夕飯を減らして腹ペコで行ってきた。回転ドアを抜けて、ゴージャズで手入れの行き届いたロビーを通り、中二階のダイニングへ。ホテルゲストじゃなくてもお金さえ払えば食べれます。
f0056476_22595485.jpg

すばらしい銀食器に囲まれて超幸せ優雅モードだわ、朝っぱらから。
f0056476_2305231.jpg

ちょっと半端じゃないクオリテイーだわここのバイキング。そして品数もすごいぞ。まずは、魚のスモーク系を攻めてみた。ちょっとづつ、たくさんの種類を試したい意欲食欲が満ちてきたわ。サーモンはポーチしてオランデーズソースをかけたもの、めちゃ質のいいキュアスモークサーモン。軽く燻製にしたハリバット(おひょう)、バターフィッシュ(えぼだい)、へリング(にしん)のマリネ、ソーセージ。別皿でオムレツも。これはホテルの朝食ではずせないでしょ。朝食のレベルはオムレツで判りますよね。おいしゅうごさいました。
f0056476_23163377.jpg

スモークフィッシュが美味しすぎなのでもう一度。今度は黒パンに乗っけて食べた。
f0056476_23353790.jpg

では、お次はピロシキの部。モスクワで見るピロシキは酵母発酵のパン地に具を詰めてオーブンで焼いたコッペパンみたいのが多いんじゃないかしらん。あげてあるのはどうもシベリア方面のやり方みたいです。このホテルのものは、とっても小さく、パンはさすが焼きたてなんでしょフカフカ。まんまるは、
f0056476_2334827.jpg

こちらポテトのピロシキちゃん。
f0056476_2341954.jpg

楕円でおへそのついてるのは、
f0056476_2345537.jpg

キャベツのピロシキ。この時点でもう入らない、そして急にまた睡魔が。
f0056476_2353124.jpg

デザートいきます。いちごとベリーのパイ。これにて打ち止め。お昼、ビーフストロガノフのおいしい店に行こうと企てていたが、何が何でも朝から満腹飽和状態となり、アパートでゆっくりすることにした。
あぁ美味しかった。ここの朝食、かなりお値段は張りますが、お昼と晩ごはんを自炊で節約するなら、ド~ンと美味しいものを朝食べようってのも、どうっすか、一つの美味しいものの食べ方の方法かと思います。
by machikogunji | 2011-08-08 00:06 | モスクワ/2011夏 | Comments(0)
グルジアの小龍包「ヒンカリ」
f0056476_21301793.jpg

アパートの敷地の中の公園にかわいらしいカフェがある。お客さんはほぼ近所の人で、犬の散歩がてら、ちょっと休憩にお茶したり、本を読んだりと、みんなモスクワの短い夏をエンジョイしてるようだ。まだ8月初旬なわけだが、ここはもう秋の気配がする。過ごしやすいですねぇ、この季節。9月末には雪が降ることもあるそうなので、本当にここの夏ってのは短いんだなぁ。夜10時過ぎまで今は明るいが、これが冬になると5,6時間しか太陽を見られない上、いつも空はどんよりとしているんだそうだ。
このカフェのオーナーはグルジア出身の人みたいで、おいしいヒンカリが食べられる。このヒンカリ、まさに小龍包なんです。手打ちに皮こそ厚いが、中に肉やサーモンを粗引きにした具とたっぷり」のスープが入っていて、包み方も小龍包のようにひだを寄せて真ん中でくるり。ただ、具と一緒に練りこまれているハーブがコリアンダーであること、蒸すのではくゆでるってこと、醤油ベースのタレじゃなく、黒胡椒をかけて食べるって点が違う。このカフェでは注文をとってから、皮を作り具を包んでゆでるので20分ぐらいかかるのだが、待つ価値大の美味しさだ。
f0056476_21475689.jpg

待ってる間、私が飲むのは、現代モスクワの象徴的夏の飲み物「モヒート」。ちょっと待って、モヒートってキューバのハバナが発祥の飲み物ですよね。これには最初びっくりした。どこのカフェに行ってもモスクワにはモヒートがある。チェーン店でもちゃんとモヒートが置いてあるんです。なんか夏の飲み物として数年前に爆発的人気を得、その後は不動の夏のモスクワの飲み物になっちゃったみたいですね。
f0056476_2252343.jpg

さぁ、ヒンカリ、できてきました。熱々、うまうま。いただきます。
by machikogunji | 2011-08-07 22:06 | モスクワ/2011夏 | Comments(0)