ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
カテゴリ:モスクワ/2013春( 8 )
駅間違えたスメナ号
f0056476_124148.jpg

2年前に初めてロシアに旦那を訪ねて来た時に小旅行でサンクトペテルブルグに行く時に乗った初寝台列車。しかし食堂車に行けず、今回リベンジのため、また一緒の列車を予約した。そして食堂車で一人ゆっくりごはんを食べる。……予定でしたが、
f0056476_1310122.jpg

時差ぼけとモスクワを一日中ウロウロした上、料理教室もやったので、さすがに50歳を過ぎたおばさんお疲れ気味。その上、その上ですよ、駅まちがえちゃったわけです。行きの列車がレニングラード駅に着かずクールスク駅に着いたので、たぶん戻りもクールスク駅だろと安易な考えで駅に行って時刻掲示板を見ると、あたしの乗る電車がない! 嘘でしょ、嘘でしょ。もっとよーく見よう。でもない。駅員さんに聞くと「あんた駅間違えてるよ。レニングラード駅に行かなきゃダメダメよ」ってことで、焦る気持ちを押さえて……てか、眠気も吹っ飛んでまた地下鉄に乗りレニングラード駅まで行ったら駅舎が工事中で閉まってる。えっ、えっ嘘でしょ。どっから乗るのよ。そっかー、行きの列車がここに着かなかったのは駅工事中だったからなんだと今更わかった。ロシア語できないとこういうことになるのでごわす。できても勝手にアナウンスなしで変更するのがロシアだからって旦那は言うけど。どっちでもいいけど列車に乗らなきゃと焦っていたら、タクシー呼び込みのおじさんが「あっちだよ。そこの工事現場のところ入ってくとプラットホームに出る」と教えてくれた。神様に見えたわおっさん。雨でぬかるみになった工事現場の道をみんな荷物持ってえっちらおっちら歩いておるわ。観光客わかんねーだろーな。あたしみたいにみんな焦ってるだろな。とか思いつつ、
f0056476_1244301.jpg

何とか出発時刻30分前にはちゃんと到着。まだ列車来てないじゃん。あっ、来た来た。ってなこともあり、列車に乗るなり、自分のベッドで爆睡してしまいました。完璧なる爆睡です。ここ数日、ここまで寝てなかったぞ自分。どうしたんだ町子さん。で、起きたら朝の5時だった。食堂車リベンジぜんぜんならず。結局寝台列車行き帰り、食堂車、外してしまったぜ〜〜。こりゃもう外しまくりじゃ。ってことは帰りも行きと同じく、飲まず喰わずの寝台列車になるのかいな。あぁ。あ〜〜〜。悔やむより、縁がなかったと切り捨てようこういう場合。まだ旅は続くわけだから。ポジティブマインド全開でいこう。
f0056476_1245664.jpg

あっさ〜〜。起きてまたコーヒーをもらい、喫煙スペースで一服。昨日の疲れは取れたわさ。コーヒーが旨い。あっ、雨も上がったみたい。草原を走り抜ける列車……ポーレシュカポーレレレ〜〜。すっかりご機嫌を取り戻した。
f0056476_12482936.jpg

部屋に戻ると同席のおねーさん方もお目覚めのようで。行きに比べるととってもナイスな態度の人達だったけど、英語皆無。まっ、いいや、笑顔なだけでも。
f0056476_12503831.jpg

あらっ、このスメナ号には朝ご飯がつくんだっ、頼んでもないのに。ごきげん。このセットいい感じ。腹減ってるし。
f0056476_1253456.jpg

暇なので、自分でサンドイッチ作ってみました〜〜。おネーサン方、びっくりしてました〜〜。笑ってました〜〜。どういう意味で笑ってたかは謎ですが。私も一緒に笑いました〜〜。
f0056476_1255112.jpg

ってことで、旦那の待つサンクトペテルブルグに帰ってきた。朝6時過ぎ。
ホームにはお約束のレインゴリト・グリエール作曲の「偉大なる都市への賛歌」っていう曲が厳かに流れてました。この曲は私の目覚まし時計にいま使ってる曲です。サンクトペテルブルグの街は、あさっての月曜日に生誕310年を迎えます。あと一週間、夫婦でゆっくり過ごしたいと思います。
by machikogunji | 2013-05-26 13:05 | モスクワ/2013春 | Comments(0)
シベリアンコロナ、うめぇ〜〜。
f0056476_11304968.jpg

キエフスカヤのモールで一人ご飯ってか、ビールかっくらいて〜〜っと言うことで。頼んでみましたロシアンビール。ここでワインとかウォッカ飲んだら完全に眠くなって列車に乗れないのは見え見えだったからねぇ。さすがに疲れてますモスクワ1日弾丸ツアー。しかも雨でスーツケース引きずっての移動は。どっか預けるにもそれ探す時間なかったし。私のここでのお友達はスーツケースのスーちゃんで〜す。なんか昔見たな映画で、無人島でボールのウイルソンがお友達ってーやつ。あれとほぼ一緒のノリ。スーちゃん美味しいねビールが。あぁ。このビールほんまに旨い。ロシアのビールバカにしててすいません。これは旦那にも教えてあげなくちゃだわ。もう1杯飲みたかったけど止めといたってところが私は大人よ。
f0056476_1130749.jpg

つまみに素敵なものが。コーリュシュカ、そう私が今回の釣りで釣ろうとしてるシシャモちゃん(正式にはカペリンとかキュウリウオ)の唐揚げ。お初にお目にかかります。パクン。……ん……んっ、これは冷凍もんじゃないか。それもかなり年季の入った……。この時期にしてこれを出しちゃうわけかよ。でもまずくはないのでスメタナ入りのマヨネーズを漬けながら全部食べちゃった。それとロシア式のハンバーグ定食があったので食べてみた。こちらはまずくて写真却下。でも全部食べちゃった。
by machikogunji | 2013-05-26 11:43 | モスクワ/2013春 | Comments(0)
どこ行ったレーピンの絵?@トレチャコフ美術館
f0056476_10144677.jpg

ラジオ塔見学の後は、トレチャコフ美術館に行ってみた。ペテルブルグのロシア美術館が面白かったので、ぜひロシアの絵を集中的に見たいと思って。でも全部を平均に見るってのはできないから、とりあえず的をイリヤ・レーピンに絞ってみたんだけど。今日は金曜日で、美術館夜の9時まで開いてるので、列車の時間まで充分時間あるし。外はさっき来るまでは大丈夫だったのに、中に入った途端に激しい雨となっちゃって、こりゃなかなか運がいいなと思ってみたりもして。さて、私の観点から絵画鑑賞です。あっ、いきなり1枚目の写真。おばさん2人、何か神妙に話し込んでます。後ろでどっちかの旦那さんが居心地悪そうにウロウロしてます。こんな大きな絵、そんなに傍で見ちゃわかんないでしょ。おじさんただウロウロしてるだけでした。おばさん2人、なんか旦那さんには聞かれたくない話なんでしょうね。あっ、この絵は有名な絵ですよね。でもおばさんが気になってしょうがない私。こんな絵の前で人生相談してみたいかなちょっと。ってのが感想です。絵は素晴らしいんです本当に。
f0056476_10161852.jpg

このお嬢さん達もなんかヒソヒソ話してました。絵を熱心に見てるのかなって思ったんですけどそうでもなさそうです。恋愛うまくいってないのかな。たぶんそうでしょ。この絵、スリコフの有名な「モロゾヴァ婦人」。大貴族モロゾフ家つぶしでモロゾワ夫人が逮捕されて連行されるって絵の前で明るい恋愛話はできませんもんね。
f0056476_1013491.jpg

はい、こちらは冬のエルミタージュに続く絵とおばさんシリーズですが、ぜんぜんエルミタージュのおばさんの方が個性的で良かったので1枚撮ってやめちゃいました。
って何を遊んでいるのかって。美術館、真剣になり過ぎるとやになっちゃうでしょ。こんくらい余裕でちょうどいいんです私には。
で、このトレチャコフで何を楽しみにしてたかってーとさっき言ったようにレーピンなんです。レーピンの部屋に行くまでかなり期待度満点で行ったんですけど、あれっ、見たい絵がないの。見たくないって意味じゃなくて、ここまで見に来た絵が不在なんです。額はずしてあるか、額だけとか。この美術館こういうの多いって聞いてましたけど本当だわ。まっ、レーピンの絵は世界的に人気があるから仕方ないっちゃ仕方ないかもしれませんが、モスクワまで来てロシアまで来て絵がなかったってのは日本からだと気の毒です。私もちょっと気の毒です。でもちょっとだから。ペテルブルグに戻ったらまたロシア美術館ありますから気を取り戻せるし。ここからちょっと怒っていいですか。どーよ、ムソルグスキーの肖像画楽しみにしてたんだじょ。アイフォンにエマーソン・レイク&パーマーの「展覧会の絵」録音して来てて、この絵を前に聞いてやると意気込んでたんだじょ。この曲、中学校の時にバンドでやったんだから。それと、「思いがけぬ帰宅」見たかったなぁ。これもなし。叫んでいいですか。どこに行ってんだよ〜〜レーピンの絵〜〜〜!!! そして後で調べたら、な、な、なんと、日本でレーピン巡回展やってて明日まで葉山にある神奈川県立近代美術館であの絵公開してるって〜〜〜〜〜〜!!!!そりゃないだろ〜〜。日本かよ、コラッ。てことで、トレチャコフにはなく葉山だった………。じゃぁペテルブルグのロシア美術館行っても、「何という広がりだ!」も「ヴォルガの舟曳き」もないかも〜〜〜。どんだけ〜〜〜。
f0056476_1015460.jpg

レーピンじゃないけど、この絵だけは見れてよかった、赤大好き人間としては。共産党の赤じゃないよ、ただの色の赤、レッドだから。
でもね、トレチャコフ美術館の神髄ってやっぱ宗教画の方だと思った。イコンの部屋がいくつかあるんだけど、これは凄いよ。なんか魂感じちゃって、写真撮る気にならなかった。このイコンのコレクションはまじでじっくり見させてもらいました。
金曜日だっっちゅーのにぜんぜん混んでなかったし、めちゃくちゃ大きいわけでもなく、どっちかというとこじんまりしてるけど、ロシアの画家の絵を見るならここははずせないでしょう。
f0056476_1116669.jpg

美術館行く前に一人お茶した喫茶店。意外にキッチュで可愛かったわ。
さぁ、これからキエフスカヤに戻って晩めし食べてサンクトペテルブルグに戻ります。
by machikogunji | 2013-05-26 11:17 | モスクワ/2013春 | Comments(0)
モスクワ地下鉄伝説を確認してみた。
f0056476_9341451.jpg

あるブログに面白いことを書いていたので、今度モスクワに行ったら確認してみようと思ったことがる。地下鉄伝説について。これが面白かったわ。
・モスクワの地下鉄環状線の場合、右回りの時は男性のアナウンスの声で、左回りの時は女性アナウンスの声。
・地下鉄がモスクワ中心部に向かう時は男性アナウンスで、中心部から外に出る場合は女性アナウンス。
って法則があるって書いてたんです。で、今回乗る都度に路線地図出して確認してみたら……

★続きを読む……。
by machikogunji | 2013-05-26 09:40 | モスクワ/2013春 | Comments(0)
シャーボロフスカヤのラジオ塔に行ってみた。@モスクワ
f0056476_7183565.jpg

朝一番で見て来たキエフ駅のプラットホームを設計したウラジーミル・シューホフの代表作「シャーボロフスカヤのラジオ塔」を目の前で見て来た。ロシア構成主義の骨頂であるのがこの建築物。ちょうど料理教室をさせてもらったレーニンスキープロスペクトからモスクワ中心部に向かって地下鉄で一つ目。あら偶然ね、こんなに近かったのね。もちろん初めて下りる駅だから、この塔までうまく行き着けるかちょっと心配だったんですけど、駅下りていきなり目の前に見えるじゃないっすかぁ。肩すかしくらった感じ。駅前けっこう人が多いっすね。オフィスビルがドカンとあるからかな。若い人が目立つってことは学校なんかもあるのかな。
f0056476_7415670.jpg

で、駅前正面がこのラジオ塔のある敷地で、中には警備員がいて入れてくれなそうなので、周りをぐるりと歩いてみた。けっこういろんな角度からじっくり塔を眺められたわ。写真撮りながらとかジュース飲みながらとかなんだかんだで小一時間ぐらいウロウロしてみた。高さ160メートルの双曲面(ハイパーボロイド)構造のこの塔は1922年に建てられ未だ現役。この双曲面構造ってのは、ガウディのサグラダ・ファミリアにも用いられてるそうだ。ってか建築家じゃないんでややこしい説明はここまででいいよね。まっ、塔おたくが見たら泣いて喜びそうな塔である。逸品ではあるものの異様なほどの存在感に圧倒されちゃいました真下から見たら。
f0056476_7444546.jpg

どうですか、これがあなたの家の前にあったらと考えしまった。家の前ではやですね。なんせ存在感凄すぎですから。美しいフォルムはキエフ駅のプラットホームの方だったなぁ。あれは美しい。こちらは圧巻が先ね。でもこの塔、傷みが激しく「撤去しちゃって新しいの建てようよ」なんて意見も出てるようだが、そりゃないでしょ、こういうのは置いといてください。
f0056476_7451058.jpg

ロシアン・アバンギャルドに万歳。
by machikogunji | 2013-05-26 09:14 | モスクワ/2013春 | Comments(0)
モスクワでみんなで寿司にぎったぞ!
f0056476_13411730.jpg

モスクワ遠征出前料理教室、やってきましたで。今回は昨年に引き続きの2回目。「料理教室やろうよ」と言ってくれた現地の奥さん方、うれしかったぁ、そして楽しかったです。ありがとうございました。モスクワ、魚の入手がきわめて難しいけど、がんばって、家族や周りの人にお寿司にぎってあげてくださいね。
f0056476_391661.jpg

とりあえず本日のネタ:ブルーフィンまぐろ、サーモン、帆立貝、海老、鰻、卵焼き。お米はアメリカ・カリフォルニア米の「かがやき」使用。俵で担いで行きました。
f0056476_364370.jpg

魚の切れっ端でカルパッチョ。レニンスキー・プロスペクト駅前で調達した野菜と果物、コチジャン風味まぐろ、オリーブオイル。
f0056476_355549.jpg

こちらはサーモンバージョン。玉葱トマトソース、サーモンのオレンジ&シャンパンビネガー風味、胡瓜、葡萄、ディルの茎など。
f0056476_384152.jpg

魚を切る、ごはんを炊く、寿司飯を合わせる、そしてにぎるという行程全部やっちゃったね。みんな熱心だ。そして手さばきが旨い。ニューヨークの生徒さん、もっとがんばってください(笑)。
f0056476_3101753.jpg

お手製パンナッコッタとバナナケーキを用意しててくれました。ありがとね、美味しかったです。
また行きます!中華の材料担いでっ!
by machikogunji | 2013-05-26 03:26 | モスクワ/2013春 | Comments(1)
キエフ駅プラットホーム@モスクワ
f0056476_2172598.jpg

昨晩の飲まず喰わずでそのままここへ。地下鉄キエフスカヤ駅の横にある国鉄キエフスキー駅のプラットホームをこの目でしっかり見たかったんでやって参りました。どうよこの光景。朝7時過ぎです。なぜか泣きそうになった。たぶん感動し過ぎたんだと思う。初めて目の当たりに見たかったものを見るというのは、ものすごく感動するものだね人間は。
f0056476_2165356.jpg

今回の自分企画のモスクワ1日の旅のメニュー「午前の部第1弾」がコレなわけ。この建物を作ったのは、ロシアン・アバンギャルド建築の第一人者ウラジーミル・シューホフ(Vladimir Shukhov/1853-1939)。彼は建築家である他に技術者でもあり構造家でもあったという人物だ。生前に、417にものぼる鉄橋・鉄塔、河川用の石油タンカーの設計をしている。詳しいことはWikipediaに出てるんで見てみてね。
このキエフ駅のプラットフォームは1912年~1917年にかけて建設されたものでシューホフの代表作っす。もっと有名な建築物があるので、そこにも午後行って見てくる予定。クレムリンの赤の広場の横にある「グム百貨店」のヴォールトもこの人の設計だったのね。知らんで行ってわ。
しっかし、このプラットホームは圧巻だったな朝はよから。スーツケース持ったまま感動のあまり呆然と眺めた後、こりゃ写真撮っとかないかんわと、床にしゃがみこんだり、独り言いいながらほぼ寝転んだ姿勢でアイフォン振り回していたら、当然のごとく警備員に「いかんでおばさん、そんなに暴れながら写真撮ったら、ダメダメ、カメラ」とアイフォン取り上げられそうになったのはここふぁロシアじゃなくても当然かな。
f0056476_2384468.jpg

このプラットホームをおじさんに怒られつつしっかり目に焼き付けたら、いきなりめちゃくちゃお腹が空いてることを思い出したので、駅前のこのニューヨークにもある何とかかんとか(いつになっても言えない)に入り、英語の通じるウエイターにほっとして
f0056476_2393268.jpg

朝ご飯ゆっくり食べました。ゆっくりし過ぎて1時間ぐらいいたな。この辺は旦那が住んでたのでちょっとわかるので余裕かましてみたった。さぁ、今からまた地下鉄に乗って、料理教室やりに行きますがな。
by machikogunji | 2013-05-26 02:46 | モスクワ/2013春 | Comments(0)
寝台列車サマラ号
f0056476_15315671.jpg

今晩から2泊1日のモスクワ旅ざんす。2泊1日ってのは、木曜夜更けにこちらを出て早朝モスクワに着き、1日行動、その日のうちにモスクワからまた寝台に乗り、翌日早朝ペテルブルグに戻るから。この寝台列車を利用すると、モスクワで丸1日、朝はよから夜遅くまでばっちり行動がとれるの。
f0056476_1525322.jpg

ペテルブルグのモスクワ駅。ロシアの場合、行き先が駅名になってるっての前書いた気がするけど。すなわちモスクワにモスクワ駅ってのはないわけ。判りよいのか判りにくいのかわかりましぇんが。
f0056476_15341947.jpg

22時40分発、寝台列車サマラ号。モスクワには翌朝の朝6時過ぎに到着する。このサマラ号はどっちかってーと外人観光客はまず乗らないかなりローカル色強い地味な電車だった。料金も安いし。車掌さんみんなロシア語オンリー。外人だろうがロシア語オンリー。まっ、それはそれで面白いのでいいんだけど、一つ大きな「がっかり」があった。食堂車が、11時で終わってた。11時で終わるって、電車出発したの10時40分だよ。他の電車の食堂車はだいたい列車が出発して30分後とかに開店するのでこの列車もそうだと思い20分後に食堂車に………。ってか酒とスナックしかないみたいだった。それすら閉店。あたし、楽しみにしてたので、もちろんおなか空かせて乗車してたにもかかわらず。売店も閉店。ってことは、極度の腹ぺこで水もないまま一夜を明かさなけりゃいけないんですか私って。しかも部屋が暑過ぎるぜ。ってことは水欲しいってこと。あー失敗。
f0056476_113564.jpg

乗車。おっさん客が多い。
f0056476_113458.jpg

女性専用部屋を予約しといた。で、全員おばさん、4人部屋中3人ロシア人。珍しそうに私を眺めた後、ロシア語でなんか言われたけど「ロシア語喋れないんです」と言ったらその後しゃべりかけてきてくれなくなった。そりゃそうだろっ。10 分もしないうちにみんなそれぞれベッドに横になり寝ちゃった。電気も消されたので私も寝ることに。あっ、この水、私のじゃないから。水があってうらやましいな。おやすみ。
f0056476_1262657.jpg

目覚めると朝5時。コーヒーもらって煙草を一服、喫煙スペースに吸いにいく。雨かよ外。どうも昨晩モスクワ、大雨警報が出されてたみたいだ。今日も降るのかよ、雨ん中、傘さして、刺身のたんまり入ったスーツケースをガラガラ引っ張って行動するのかよ……。
f0056476_1142764.jpg

あとちょっとで終点モスクワだ。雨、あがってるみたいだ。よかった。
f0056476_1365395.jpg

列車静かにモスクワ到着。
f0056476_1424432.jpg

あれっ、ここいつもの駅とちゃうよね。あれっ、あれっ、あれっ。地下鉄のクールスカヤの横にある国鉄の駅じゃん。前にここの横のモールでウロウロしたことあったので、慌てることはなかったけど、なんでここに列車が着いたかの理由がわからない。ロシア語でアナウンスだったのでわからない。ロシアってこういうことを多いのかしらん。別にニューヨークもいいかげんなので、いい加減さには日本に住んでる人より慣れてるし、だいたい私がいい加減な人間だから、いい加減OKっす。
f0056476_1493420.jpg

さぁモスクワだ。1年ぶりのモスクワだ。地下鉄に乗り換えてとっ。
f0056476_1542811.jpg

今日一日、がんばるぞ〜と見上げた駅の天井がイカしてた。
by machikogunji | 2013-05-26 01:57 | モスクワ/2013春 | Comments(1)