ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
カテゴリ:ロシア趣( 34 )
マヤコフスカヤ駅のマヤコフスキーを。
f0056476_13401192.jpg

明後日、ロシア・サンクトペテルブルグでお世話になった人達の新年会があり、そのため夫婦で上京します。何かそれらしいお土産を……と、いろいろ考えた結果、みんなでよく待ち合わせした、そして旦那の働くレストランがあった地下鉄の駅「マヤコフスカヤ駅」のホームにあったモザイクのマヤコフスキーをモチーフにしたお買い物バッグを作ることに。

f0056476_13461726.jpg

うっちゃん、キンボー、ボーちゃん、みさとちゃん、楽しみしててねぇ。思い出したら泣きそうになっちゃったよ。今、いろいろな思い出を思い起こしながら、マヤコフスキーの顔、作ってます。

f0056476_1425313.jpg

このバッグ持って、地下鉄来るのをもう一度待ちたい。電車が行った後に逆算で動き出す電光掲示板があったなぁ。最初さっぱり意味がわかんなかった。地下通路で、子猫売ってたおばさんがいたなぁ。人も多かったけどスリも多かったなぁ。


f0056476_14254511.jpg

マヤコフスキーに、只今、ガン見されまくり。
by machikogunji | 2016-01-07 14:28 | ロシア趣 | Comments(0)
日本のロシアケーキ。
f0056476_20454154.jpg

京都土産で、村上開新堂のロシアケーキってーのを貰った。
東京にも同じ名前のお店があるそうで、しかし、「紹介がないと買えない」「予約してからできあがるのに数ヶ月かかる」らしい。京都は誰にでも売ってもらえるし、お値段もお手頃なんだそうだ。………へぇ〜……。それはさておき、このロシアケーキってネーミングが気になった。なぜ、ロシア。ロシアで食べたケーキは普通にケーキだったけど。………知りたいなぁ。と、食べながら思った。けど、とっても優しい味の丁寧なクッキーでした。ごちそうさま。ロシアから持ってきたホフロマ柄のストールと一緒に記念撮影してみた。お似合い。
by machikogunji | 2016-01-04 21:05 | ロシア趣 | Comments(0)
見つけちゃった、買っちゃった。
f0056476_15354213.jpg

台風が来る前に、近くのCOOPに買い物に行った際、見つけちゃいました、魚コーナーで。
これ、この前までロシアでよーく食べてた「オークニ」っていう魚です。
ロシア産ってしっかり書いていたので、なおさら買ってしまった。
2人で、「この四国では、まったく馴染みのない、しかも冷凍の魚」を見てキャッキャ言ってたので、周りの人はさぞ気持ち悪かったことでしょうガハハハ。だって、この魚がロシアでのグンジ家の食卓に「希望」を与えてくれていたんだってばあーた! 唯一、日本の干物っぽい味で食べられるのは、鮭以外にはこの魚しかなかったのだから。

f0056476_15361040.jpg

一体、ロシアでは日本向けにこの魚をどういう状態で輸出しているのか?ってのがうちら夫婦の?!だったんです。で、ガチガチに冷凍してて、そう簡単には戻りそうになかったので、一晩かけて冷蔵庫で戻し、しかし、その途中で大量の水が出たのでペーパータオルでしっかり水分を取り、今日のお昼におにぎりと一緒に食べることに。

分厚い魚なので、開きにして、水分をちょっと舐めてみると………えっ、あの気が狂ったような塩気はなかった。そして薫製にもしていない。ロシアでこの魚を買うと必ず軽く燻してあるんです。その」スモークの仕方が、保存のためかものすごくしょっぱいわけで………。しかし、そんなの日本に輸出してもダメだろうとロシア人が思ったのか、輸入する日本人がしょっぱくしたりスモークしたりしないでちょーだいよ日本人はその味なじめないからと言ったのか。頭をスパッと落として、たぶん急速冷凍したって感じでしたねぇ。なので、焼く時に少し塩をして、お酒振って焼いてみました。

実家でおにぎりとスパゲティーナポリタンを作り、この魚を焼いて、借りのアパートに持ってったら、ドア開けた瞬間、旦那が「なんかくっせー魚の臭いがするけど、何持ってきたの?」と…………。
帰ってきてから、イキのよい瀬戸内の魚ばっか食べてるから、こういう答えが返ってきたのでしょう。
バカヤロー、この前までオマエさんがありがたくいただいてた「グンジ家の希望の魚」だよっ!

独特のにおいがある、というかロシアの魚の共通したにおいなんですが、味はあの時の味、美味しかったです。ぜんぜんOKな味。刺身ばっか食べてるとこういうちょっとクセのある干物も食べてみたくなるもんです。美味しく感じたな。「味は記憶を蘇らせる」と日頃うちら夫婦はよーく言っているのですが、この魚を食べたら、やっぱり、この前までのロシアの生活の1コマ1コマが蘇ってきました。
日本のスーパーの魚コーナーの片隅でひっそりと売られているこのオークニの冷凍、人によっちゃバカにするかもしれませんが、グンジ家にとっては、マグロのトロと並ぶぐらい「宝の魚」だなぁと思った。オークニ、これからも美味しくいただきます………時々。
by machikogunji | 2015-07-17 15:48 | ロシア趣 | Comments(1)
さりげなくロシアなんだけど。
f0056476_9475422.jpg

結局、連休で読んだ本1冊。皇帝の愛人だったバレリーナの伝記だ。この人の邸宅訪問をしてたので、とても「ははぁ、そういう事だったのか」と納得した。しかし、すごい人生ですね。こういうのが幸せなのか、平凡なのが幸せなのか。
今月は、ロシアで知り合った近藤先生の本を1冊読む。先生、元気ですか〜〜!?
今日はペテルブルグ20度ぐらいあったみたいですよ。だんだん白夜に近づいてきてるとのこと。

f0056476_9585189.jpg

f0056476_9585737.jpg

f0056476_958402.jpg

ロシアでの自分土産のいくつかが「レニングラード動物園」に通い、その都度買っちゃった「シロクマ」。けっこう種類があって、どれにしようか迷うのも楽しい思い出ってことで。
あんまり目立つ所にこういうの置くと、なんか「過ぎ去りし冬のロシア」の思い出があり過ぎで、涙が出そうになるので、さりげなく、棚に飾っている。
そういうものでいま棚が溢れかえっている。
by machikogunji | 2015-05-08 11:28 | ロシア趣 | Comments(2)
ロシアンスパイス。
f0056476_8382139.jpg

ロシアやグルジアやウズベキスタンのスパイス整理保存完了。いつでも料理できるで。
by machikogunji | 2015-04-27 08:47 | ロシア趣 | Comments(0)
荷造り開始。
f0056476_11194271.jpg

荷造り開始。…………………めんどくさ……………。
f0056476_172407.jpg

……まだ全部読めてないし………。

よーし、今日から読むぞ。
by machikogunji | 2015-01-08 11:23 | ロシア趣 | Comments(0)
ワルワラ・ブブノア
f0056476_22245230.jpg

1930年代、日本語で出版されたプーシキンの「葬儀屋」、この印象的な挿絵を描いた画家は誰だろうと、探してみたら、日本に長く住んでいたロシア人「ワルワラ・ブブノア」っていう女性だった。そして、私の興味のある「ロシア・アバンギャルド」の先端を走り抜いた画家であったようだ。オノヨーコとは血のつながりはないけど、伯母さんにあたる人だったなんてことも判った。サンクトペテルブルグ生まれでサンクトペテルブルグで亡くなっている。トレチャコフ美術館、ロシア美術館に、彼女の絵があるそうなので、そのアバンギャルドっぷりをぜひ観てきたいと思っている。

5枚の挿絵だけなんですが、見つけたんで記録しときます。ただ、私はこの「葬儀屋」ってのを読んだことがないので、ページの順番が判りません。知ってる方、ぜひ順番を教えてください。

f0056476_22242168.jpg

f0056476_065723.jpg

……彼はただ娘たちがぼんやりと、することもなしに窓から道ゆく人を眺めているのを見つけては、小言をいったり、或は不幸(尤も時によっては幸福なこともある)に遭って、彼の作ったものを必要とする者に途方もない高値を吹っかけたりする時のほかは、大てい黙りこくっていた。
 さて、アドリアンは窓ぎわに座って、七杯目のお茶を飲みながら、いつものように物悲しい思案にふけっていた。彼は一週間まえ、退職旅団長の葬儀のあった時、丁度、城門のところで出逢った豪雨のことを考えていた。外套がたくさん、雨のために縮んでしまい、f0056476_0112377.jpgたくさんの帽子がまたすっかり反ってしまったのである。彼は避けることの飽きない入費を予想して見た、というのは昔からの葬儀衣装類の在庫品が今はいとも哀れな状態に陥ったからである。彼はこの損失を、f0056476_0182599.jpgすでに一年近くも死にかかっている年老いた女の商人トリューヒナの葬式によって償いたいものだと考えていた。けれどもトリューヒナは………



f0056476_22243082.jpg

f0056476_1382564.jpg

………翌くる日は、かっきり十二時に葬儀屋とその娘たちは新しく買った家の耳門を出て、隣りの家へと出かけて行った。
 私はこの際、今日このごろの小説家が習慣にしているようにアドリアンの露西亜(ロシア)風のカフダンがどうだとか、アクリーナとダーリヤの猶太(ユダヤ)風の衣装がどうだとか、そういったようなことを描写することは差し控えておこう。それにしても、娘が二人とも黄色い帽子と真っ赤な革沓をはいていたということを述べるのは余計なことではあるまいと思う。こんなものは、賓は荘厳な場合にかぎって身に付けるものなのである。
 靴屋の狭い家はお客でいっぱいであった。その大部分は妻君をつれて来ている独逸(ドイツ)人の職人であった。露西亜風の官使では派出所詰の巡査でユールコといううのがただひとり来ていたが、この男は芬蘭(フィンランド)人で、至って身分は低かったのにもかかわらず、主人から特別の御贔屓にあづかっていた。彼は二十五年の間、ポゴリエルスキイの小説に出てくる郵便配達のように、信念と誠意とを以て、この務めに携わって来た。十二年の大火は首都を灰燼に蹄し、彼の黄いろい派出所をも燃やしてしまった。しかし、敵軍が騙遂されるや、直ちにドーリヤ式の白い円柱のある灰色の新しい派出所が、おなじ場所に建てられて、ユールコは叉しても斧を持ち、粗製の羅紗の胸当をあてて、そのあたりをぶらつくようになった。彼はニキートスカヤ門のそばに住んで………………

f0056476_22243650.jpg

f0056476_13105447.jpg

f0056476_2354886.jpg…………「一体、何だというんだ?」と、アドりアンは考えた、「今さら儂に用があるのは誰だろう?泥棒が盗みに来たんじゃないかな?うちの馬鹿娘んところへ来た色男じゃないかしら?どうも気味が悪い!」
 葬儀屋は、すんでのことで友達のユールコの助けを呼ぼうかと考えていた。この時また誰かが耳門に近づいて、中へ入ろうとしたが、急ぎ足主人を見ると、立ちどまって三角帽をぬいだ。その顔はアドリアンには見覚えがあるように思われたが、慌てていたので、はっきりそれとは見きわめがつかなかった。
 「よくいらっしゃいました、」と、アドリアンは息を切らしながら言った、」「どうぞお入り下さい、さ、どうぞ。」
 「いや、おかまいなく、あんた、」と、その人は声低く答えて、「先に入ってお客様を案内しておくれ。」
 アドリアンは部屋から部屋へと、大勢の人が歩きまわっているような気がした。
 「一体これあ、どうしたというんだ!」と考えて、彼は急い………………

f0056476_22244781.jpg

f0056476_13115878.jpg

……………ペトローイッチはよろめいて倒れたので、すっかり粉々に砕けてしまった。亡者たちの間には憤怒の呟きが起こった。いづれも自分の同僚の名誉のために立って、口々に罵ったり、脅かしたりしながらアドリアンに詰め寄った。その叫びごえに耳も聞こえなくなり、殆ど殺されたようになった哀れな主人は、すっかり落ち着きを失って、自ら退職近衛軍曹の骨のうえに倒れて正気を失ってしまった。
 かなり前から太陽は葬儀屋のやすんでいる寝藁を照らしていた。やがて遂に眼をあけると、自分の前にサモワルの火を吹いている女が眼に入った。恐怖の念をいだきながらアドリアンは昨日の出来事の一分始終を思い出した。トリューヒナと旅団長とクリーキン軍曹とが、ぼんやりと胸に浮かんできた。彼は女に話しかけ、昨夜の事件の結末を女が注進するのを黙って待っていた。「アドリアン・プローホロイッチ様、」と、アクシーニヤは彼に寛服を渡しながら言った、「お隣の仕立屋さんが参りましたよ、それから此処のおまわりさんが今日は自分の『プライベート』な命名日だといって知らせに寄りましたよ。けど、あんまりよくおやすみだったので、お起こしする気にはなれませんでした。」
「亡くなったトリューヒナんところから誰か来たかえ?」
「亡くなりましたって?あの方が死んだんでございますか?」……………

f0056476_22242471.jpg

f0056476_23401477.jpg

f0056476_23362118.jpg………「何ていう馬鹿だ!お前は昨日、あれの葬式の用意をするのに手伝ったじゃないか!」
 「何でございますね、旦那様、お気がちがったんじゃございませんか。それとも昨日の酔いがまだ醒めてさめてないんでございませんか?昨日、どこにお葬いなんかございましたの?一日中、ドイツ人のところで御酒を召しあがって、酔ってお帰りになって、床の中にころげこむと、もうそれなりに今の今までおやすみになったんでございますよ。彌撤(ミサ)の鐘がもう鳴ってしまいましたのに。」
 「ほんとうかえ!」と、葬儀屋は大喜びで言った。
 「ほんとうでございますとも、」と、女は答えた。
 「うん、そんなら早くお茶をくれ、そして娘たちを呼んでくれ。」
 1830年9月9日 ポルディノにて。………
by machikogunji | 2014-12-26 08:48 | ロシア趣 | Comments(0)
THE RAINBOW BOOK
f0056476_1550788.jpg

なんか、こんな絵本を見つけてしまった。舞台はモスクワです。
f0056476_16155141.jpg

こちら、モスクワにいた時に、旦那の住むアパートの窓から撮った写真です。
なんか、空気のトーンがすごく重なるわけで。感動した。
f0056476_15502862.jpg

この絵を見つけて、どうしてもこの本が欲しくなり、探したら、e-bayで見つけちゃった。英語版でしたけど、ロシア語版を現地で探したいと思ってます。さてこの古本、どうやって探したらいいのか……。
f0056476_1628469.jpg

ロシアのビザ取得、苦戦中……………明日も苦戦しにダウンタウンに行ってくる。
by machikogunji | 2014-01-14 16:53 | ロシア趣 | Comments(1)
オビルピーハのジュースを。
f0056476_14404488.jpg

あぁ、このジュース、まさかニューヨークで飲めるとは思わなかった。
その名はオビルピーハ。これはロシア語ですが、英語ではシーバックソーン、日本名はシーベリー。
その冷凍の実をニューヨークのロシア人街(REGO PARK)で見つけちまったぞ。ロシア滞在中は、この生ジュースを売ってるお店を見つけて、前を通ったら必ず寄って飲んでいた。なんせ栄養価満点の木の実なんですね。飲むと調子がよくなるの。で、冷凍の実を解凍して、砂糖を入れて(入れないとレモンぐらい酸っぱいの)煮出してジュース作ってみた。
f0056476_14381591.jpg

これっ、ロシアでもけっこう一生懸命探したんだけど、おんなじのをこちらで見つけた。一袋でグラス2杯分ぐらいのジュースになった。
f0056476_14384569.jpg

こちらはオビルピーハを甘くコンフィチュールみたいに煮たものなんだが、ワシントンハイツのロシアンデリで見つけた。パッケージ、かわいいっすよね、マトちゃん。
by machikogunji | 2013-12-10 15:06 | ロシア趣 | Comments(1)
ロシア飯でワンカップ大関
f0056476_10514773.jpg

寒いね今日も。打ち合わせの帰りにロシア人街へちょっと。新しくできたロシア系スーパーマーケット、じっくりと視察してきたよん。掘り出し物、ありましたな4つ。「ハチャプリ(グルジアのピザ)」発見、ロシアで美味しかった「タラの肝」発見、ウズベキスタンのうどん「ラグマン」発見、ミラクル木の実「オビルピーハ」の冷凍発見。あ〜、ここまでロシアの今のスーパーマーケットと変わらないもん売ってるんだニューヨークでは。ロシアの人聞いたらびっくりするだろうな。で、今日の夕飯は、マーケットで買ったものをそれなりにアレンジしてパパパッと。ワンカップ大関が1本残ってたのでこれを本日の晩ご飯の「お水」としよう。
f0056476_10512116.jpg

まずは、ピシュッとこの黄色い缶を開ける。缶には「鱈の肝」と赤い文字。いやー、すっきりしたデザインの缶っすよね。絵もなきゃ何もない。キリル文字だけ。読めちゃったよ。ロシアに行く時に大事な言葉として覚えて行った「鱈」「ししゃも」「鮭」「明太子」「肝」「塩漬け」とか……が役に立っている。しかし私にとっての大事な言葉ってこんなもんか………まっいいか。
f0056476_10504974.jpg

ぎゃはっ、たくさん入ってる。味ばっちり。だって塩とオイルだけなんだもん。アメリカのように余計なハーブとかの味は加わってないの。一口……、こりゃアンキモって言われたらそうなんだと言いそうな、そういう味です。アンキモじゃなくタラキモですけど。4ドルでこんなにあるのね。おいすぃ〜、日本酒にめちゃ合いますなぁ。お試しあれ。
f0056476_10532944.jpg

お次はこんなの。マンティ。コーシャなのはウズベキスタンからこちらのレゴパークに移住してきたブハラ・ジューイッシュの人達がこの辺に多いからなのね。ブルックリンのロシア人街とはちとこちらのクイーンズは違うのであります。その辺の事情は気になって本3冊ぐらい読んでちょっとは判るようになった。何事も勉強だ。今度じっくり書いてみたい。
f0056476_1053162.jpg

で、今日はこのマンティを蒸して、辛子醤油で食べた。皮の閉じ方が独特ね。味的にはビーフの小籠包的。マンティの下に白菜とか敷いてから一緒に蒸すことをお薦め。皮が薄いので破れたら肉汁が出てしまうから。ペロリと5個も平らげたぜ。
f0056476_1293359.jpg

本日の主食はこれじゃ。マーケットの総菜コーナーで立派に揚げられていた「コーリュシュカ」。キュウリ魚、もっと砕いて言えばシシャモです。
あぁ、これペテルブルグで釣りたかったけど、早過ぎたんだよなぁこの前、時期的に。夏にはエルミタージュ美術館の後ろを流れるネヴァ川でも釣れるんだよねぇ。ひじょ〜〜〜に残念だったんだよね〜〜(リベンジは沸々と考えておるのだがまだチャンスが来ない)。
で、涙ぐんで買いました3本だけ。
この涙のコーリュシュカを美味しく一人で思い出に浸りながら食べたかったので、も一度油を落とすために焼いて、玉葱とピーマンスライスを作り、三杯酢も作り、焼きたてにかけて南蛮漬けを。薬味に七味とコリアンダーシードを振ったの正解。コリアンダーシード旨いっす。
美味しい………釣りたい………美味しい………釣りしたい……美味しい………本場のアイスフィッシングで釣りたい……。はい、3本きっちり思いを込めて食べましたとも。美味しかったっす。

ロシアでのこの釣りはまだ叶ってないけど、そろそろこちらアメリカはメイン州のスメルトフィッシング、もう少しだわ。今年は「釣れ始めたよ」と連絡はいったら、すぐ駆けつける予定。うふふ。
by machikogunji | 2013-11-26 12:14 | ロシア趣 | Comments(5)