ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
カテゴリ:ショップ( 9 )
えびす湯。
f0056476_2139116.jpg

近所にこんなレトロな風呂屋がある。
f0056476_2139158.jpg

どんどん消えてゆく銭湯。ここは残ってほしいっす。
by machikogunji | 2015-06-23 21:40 | ショップ | Comments(0)
ABCなブロンクス
f0056476_11452487.jpg

お昼エルムハーストでベトナム麺を食べて、マンハッタンにあるABCカーペットのアウトレット@ブロンクスへ。

★続きを見る…。
by machikogunji | 2012-12-24 12:12 | ショップ | Comments(0)
水族館さかなや
f0056476_618345.jpg

ほぼ毎日通う、30Ave.の魚屋さんです。みんなに教える時「水族館なさかなやさん」と言ってます。床がユニークで石に刻んだいろんなお魚が泳いでます。
f0056476_621258.jpg

こちら、大ダコがグネってます。

★続きを見る…。
by machikogunji | 2012-09-22 06:29 | ショップ | Comments(0)
Eatalyに行ってよかったこと。
f0056476_444414.jpg

マンハッタン23丁目のメガイタリアン・グルメショップ「イータリー」でNY産の食品の試食販売会をやっているってーので、試食だけに行って来た。今日が最終日なんで、雨ん中がんばって行った。だいたい知ってるところだった。でも知ってるだけで味見したことないもんもあったので丁度よかった。それにしても普通の日なのにものすごい人。一人一人に職業を訊いてみたいものだ。酒も飲んでないのに人に酔った。
f0056476_4491596.jpg

ブルックリンのグリーンポイントに工場のある「ACME seafood」も出ていた。なんかきれいなお姐さんがブースに立っていて、あの工場のイメージとはぜんぜん違う。横に立ってるお兄さんも今時の垢抜けた人で、宣伝のためのカードなんかもアンティークの絵はがき風で、ずいぶんとイメージ的にお洒落になっていて、私としてはちょっとがっかりした。ものすごくたくさんの小さな煙突がある、あの工場の雑然とした雰囲気の中で、金曜日の朝、こっそりとスモークサーモンを買いに行くのが好きだったんだけど、最近メジャーになっちゃってちっとも面白くない。「あそこのスモークしてる魚は、美味しいけど、けっこうしょっぱくて、夏場は特にしょっぱいよ」とみんなに言いふらしていたんだが、今日食べてみて確信を持った。しょっぱい。書いてることも辛口で申し訳ない。
f0056476_4553815.jpg

ぐるっと試食して、戻ってきたのは魚売り場の前。貝コーナーに珍しい貝を発見。赤貝が売っていた。こりゃヒットだ。赤貝の鮨くいてぇ。と思ったが生きてるの半分ぐらいだったので買うのをよした。ドメスティックと買いていたので、うれしかった。よーし、この貝がどこにあるか探すぞ。この貝、開ける時に血が出るんですよね。人間の血と同じヘモグロビンがあるんだって。ギャ〜。
by machikogunji | 2012-01-29 04:59 | ショップ | Comments(0)
MYバーニャグッズを揃えたい。
f0056476_127813.jpg

これ、モスクワで買ってきたバーニャ(ロシアン・サウナ)グッズの1つ、バーニャキャップです。
f0056476_143812.jpg

厚手のフェルトでできてて、てっぺんに必ずひっかけが付いてる帽子です。
f0056476_1442269.jpg

普通に被ってもぜんぜんかわいい感じ。でもこれ町で被ってるの、ロシア人が見たら、大笑いされるだろうな。これ、サウナ室に入る際、ロシアの人みんなスッポンポンの裸に、この帽子を被るんです。いかついおっさんも、真っ裸にかわいい帽子、これって、けっこうこっけい。そして常連の人達はみんなMY帽子を持ってるの。私も欲しいと探してたら、あるコスメのお店にピンク色のかわいいのが売ってたんで、勇んで買った次第。あと、常連さんは、ヴァニークっていう、体をバシバシ叩く白樺の枝葉の束も自分用のを持ってきてました。さすがにどこで買っていいか判らず、残念ながらモスクワでゲットすることができなかった。
今日、ブライトンビーチ駅高架下のロシアン商店街を散策中、ある薬局のウインドーをちらっと見ると、
ギャ〜〜〜〜〜〜ッ、ヴァニーク売ってる〜〜。
f0056476_1353349.jpg

すごい〜〜〜っ!!探してもんがここニューヨークで見つかったぞ〜。
f0056476_137574.jpg

その横にはバーニャキャップも。いやぁー、モスクワにあって、このブライトンビーチにないものはないんではないかなぁ。でもデザインはちょっとダサいけど。いやっ、こういうもんて、ダサい方がいいのかもねぇ。
よーし、ここでばっちりMYバーニャグッズを揃えられるぞ。やった〜〜。ロシアンサウナも調べてみたらニューヨークにゃ6、7軒あったし。近々デビュー間違いなしだな、こりゃ。
by machikogunji | 2012-01-17 01:46 | ショップ | Comments(1)
和箪笥の宝庫@DUMBO
f0056476_10541777.jpg

ブルックリンのDUMBO(Down Under the Manhattan Bridge Overpass)にある、それはそれはでっか〜い日本モノの骨董品店に行ってきた。なんでも、そこは古い日本の箪笥が勢揃い、その上、お膳や食器類なんかも掘り出せば掘り出すだけあると、知人が絶賛してたんで。
f0056476_105681.jpg

ほんま、素晴らしいところでした。階段箪笥に箱箪笥、タンス、たんす、箪笥 だんす。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2011-09-10 11:02 | ショップ | Comments(2)
韓国伝統菓子「韓菓(ハンクァ) 」の店
f0056476_12245520.jpg

日本に「和菓子」があるように、お隣の国韓国にも「韓菓(ハンファ)」っていう伝統を受け継いだお菓子があるのは知っていたけど、コリアンタウンのスーパーで見かけるだけで、ちゃんとした専門店は今までニューヨークにはなかったんじゃないかなぁ。
見つけました、クイーンズはフラッシングのノーザンブルバード沿いに。9月にオープンしたばかりの韓菓のお店「YEDANG(イェダン)」です。「アートのおうち」っていう意味だそうです。ニュージャージーのリッジフィールドってところにもあるそうですが、ニューヨークではここが唯一のお店のようです。
f0056476_12322772.jpg

通り沿いのウインドーには、こーんなでっけーウエディングケーキのような韓菓が飾られています。これは昔の王様用のものなんだって。主に餅米で作られてるので、これ全部食べたらお腹パンパンパーンで大変なことになりそうです。ご立派。日本ではこんなにでっかい羊羹とか最中見たことないもんね。

f0056476_13161724.jpgちょろっと、トップの写真のお菓子の説明しときましょう。横に並んだお菓子の右からいきます。
右端2つのオレオクッキーみたいなのは、dasik(タシク/茶食)と呼ばれ、見た目は日本で言う「落雁(らくがん)」にかなり似ていますが、もっと甘くなく、柔らかい。黒い方は黒胡麻、黄色い方は、食べた感じはきなこかしらん。でも調べてみると、このタシクで黄色いのは、春に松の実から落ちる黄色い粉を使うのが一般的なんだそう。まっ、それを蜂蜜や水飴で練って、茶色板(タシクバン)という木型に入れて表面に模様を移すそうです。黒ごまの方おいしかったっす。
左の3つは 「yakgwa(ヤックァ)」と言うお菓子で、それぞれ緑茶(左)、サボテンの花(中)、レッドジンセン(右)に、小麦粉、しょうが、シナモン、黒こしょう、塩を混ぜて型に抜き、コーンオイルで揚げて、コーンシロップやはちみつを吸い込ませたものです。
右下の3点は、黒い豆のついたのが「コンチャルトック」と言い、餅米をつぶして蒸した中に味をつけないでそのままの黒豆を入れた甘いお餅です。黒豆の本来の味がして今日買った中で一番私は好きだった。
奥のサンドイッチみたいなのは「ムジゲトック(七色虹餅)」と言い、それぞれの色には合成着色料を使わず、赤はベリー、緑はヨモギ系の草、黄色は松の実を使っているとのこと。一応お餅の部類に入るらしいけど、食べてみると硬い蒸しパンのようだったわね。甘過ぎずとても素朴でヘルシーなお味。
右端のどう見ても岩おこしなのは「gangjeong(カンジョン)」と言い、白胡麻、黒胡麻、松の実に水飴を混ぜ合わせ、固くならないうちにモザイク状に巻き、切り分けたものです。「岩おこし」ってーのは、朝鮮半島からやって来たものだったんだろうか。まるっきり岩おこしでしたが、見た目の美しさでは韓国の勝ちだな。とってもきれいでしょ。

f0056476_1325691.jpgその他にも私の興味をそそるお菓子がいろいろありました。詰め合わせや、バースデーケーキのようなでも餅米でできてるのもあったりで、もう初めて見るものがわんさか詰まったお菓子屋さんでした。味は全体的に非常に素朴です。初めて食べたのになんだか懐かしい味がしました。美味しさは、まぁ人それぞれだろうな。完成度は和菓子の方が高いような気がする。餅米を使ったずっしりしたものが多いのも特徴でしょうな。引き出物やお土産用には、素敵な韓国の風呂敷に包んでくれるます(写真)。興味のある人一度行ってみてください。ノーザンブルバードの150丁目、ハナルンスーパーのまん前、そして私がご贔屓の釣り具屋の隣です。
by machikogunji | 2006-11-17 13:09 | ショップ | Comments(5)
750種類揃うスペイン食料品店「DESPANA」@SOHO
f0056476_1254613.jpg

f0056476_126016.jpg先週、ジャクソンハイツに行った時に見つけたスペイン食料品店「デスパニャ」のマンハッタン・ソーホーにできたという店に行ってきました。ブルームストリートのラファイエットをちょっと東に曲がったところにあります。大きな赤いキャナピーが出てるんでよーくわかります。ソーホーとチャイナタウンの境って所だねぇ。とっても綺麗なお店で、スペイン直輸入のものがわんさかあります。かなり珍しいものも揃います。この店のオリジナルのチョリソも売ってます。食いしん坊の人はさっそく行ってください。試食もだくさんあるよーん。ジャクソンハイツのお店兼工場よりは価格はちょっと場所柄アップしてるけど、手に届くものはたーくんさんありましたよ。まずはウインドーの「ハモン.セラーノ」の塊です。これをうすーく切ってくれるよ。このハムの種類もいろいろありましたよ。
f0056476_129132.jpg

ほーら、おいしそうでしょ。セラーノと、なんかとってもおいしい豚の薫製ハム(ハモン・イベリコの入荷は来年になるそう。その他のイベリコ豚のプロダクトは今年の暮れに入荷予定と言っていましたよ)、そしてサラミとか、どれもしょっぱくなく旨い。こりゃクセになるねぇ。マンハッタンでこれだけいろいろなスペインの食料品を揃えているのはここだけだよ。まぁすごい種類あるから。店の人にここだけしか買えないもんを教えてもらいましたよ。
f0056476_144523.jpg

このサーディンのオリーブオイル酢漬け。缶詰めじゃないです。平たくプラスチックのパックに並んでます。酢の具合がいいです。〆め具合もいい。冷凍してないんだってよ。そのまんまスペインから持ってきてるらしいよ。もう一種類、オイルに漬けてないのもパック売りしてました。オイルに漬かってなかったら、これスシネタにいけると思います。今度、買って和風に使ってみたいよな。江戸前のシンコに似たところあるもんね。
f0056476_1501795.jpg

ヘッヘッヘッ。ここにあったんだぁ。前から一度食べてみたかったマグロのトロの缶詰めです。13ドルぐらいしますが、一度試す価値はある缶詰めです。本当にトロが入ってました。もちろんトロの刺身が私は一番好きですが、スペインの人も、こうやってトロを楽しんでるのかと思ったら、なんかうれしかったです。あるんですね、こういう旨いもの。口の中で溶けます。

その他、巨大アスパラガスの瓶詰めとか、スペイン産の天然塩、超高級タラの塩漬け、アリオリソース、サフラン、かなりの種類のチーズ、お菓子にパンにジャムに、なんでもあります。
土曜日と日曜日には、ここでも「無料テイスティング・パーティー」が開催されてるとのことです。行くべきですよ、行くべき! 
by machikogunji | 2006-06-15 02:00 | ショップ
アメリカン・イーグル(American Eagle)
f0056476_1245358.jpg

●アメリカン・イーグル(American Eagle)

靴を買うために訪れたクイーンズのモールをまたしてウロチョロ。木曜日の4時頃だったので、ばっちり化粧した学校帰りの女の子たち、ずり下ろしスタイルのジーンズでキメた男の子たちがうれしそうに楽しそうに道草を喰っておった。そんな連中を横目で見ながら、入ったお店がアバクロそっくりさん「アメリカン・イーグル」。ここまで路線似させるか。アバクロが「真似せんといてんか」と訴えた訳だわ、こりゃ。でもアバクロより安いので友達の誕生日のプレゼントのピアスを買った。定価20ドルが7ドル50セントでした。日本みたいに高価な物のやりとりはアメリカではあんまりないので気が楽です。日本で750円のお誕生日プレゼントあげたら小学生でも突き返されそうだもんね。その上「1つ1つ別で箱に入れてちょー」と店員のお姉さんに言うんだから、怖いねおばさんは。ははっ。このアメリカン・イーグル今年日本に上陸するらしい。ユニクロが来たかと思えば、アメ・イグが行く。通販でもうけてた人、もう今のように高い値段で日本で売り飛ばせませんよ、来ちゃったら。

by machikogunji | 2006-01-27 06:30 | ショップ | Comments(0)