ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
カテゴリ:外ごはん( 96 )
フォーの技あり食べ方
f0056476_7183850.jpg

朝まで釣りをしてグリーンポートから9時に帰宅。一晩中起きていて、その後2時間の運転ってことなんですが、相棒まやちゃんと半分づつで運転。バスプロの青年は後ろで爆睡。
さて、今日はですねぇ、これからまたグリーンポートに行きます。今日は夫婦水入らずタイムです。旦那が「どこに行こうか」の問いに「グリーンポート」と答える私はアホですよね。さっき帰ってきたばっかなんですから。でもそれほどあそこのピアが好きなんです。明日は私の誕生日なので、「思いっきり一人で釣りさせてくれ」というのが最大の幸せなプレゼントであるんです。釣り道具をまやちゃんの車からうちの車に詰め替えてお昼に出発。その前になんか軽く食べて行こうぜというこで、エルムハーストのベトナム食堂に立ち寄る。
私はブン・ティッ・ヌァン。ベトナム風冷やし中華ですね。
前に、この食べ物の名前が判らないとブログに書いたら、詳しいことをflmizorin さんが教えてくれました。
「Bun Thit Nuong は、ブン・ティッ・ヌァンと読み、Bunはスパゲティー状の米麺(太さは数種類ありますが、
この料理の時は細めがベスト。ベトナミーズグローサリーではフレッシュと乾麺の両方が売られています)、Thitは肉、Nuongは焼いた物の事を指し、メニュー名の直訳は、「ブンの上に焼肉を載せたもの」です。
これにチャーゾーを添えると、さらに幸せ度が増します。」ということです。ありがとうございます。おかげで、この夏このブン・ティッ・ヌァンにハマることができてます。
旦那はお決まりのフォーなんですが、おっと、一人で仕事に行く前によく立ち寄っているらしいんですが、フォーの「新しい食べ方の技」を取得していて驚いた。
その食べ方ってのが、
f0056476_7313068.jpg

ウエイターのおっさんに、「スープと肉を別盛りで」ってことだ。するとこういう風に生肉だけがお皿に載ってやって来ます。
f0056476_7332873.jpg

そして別盛りでやって来た麺スープ。おおおっと、熱々だわっ! いつものように肉入りで来ると、スープが生肉を入れたことでぬるくなってしまうこと、そして肉に火が通り過ぎてしまってるのが多いこと」、この2つの難点を見事にクリア。向こうの人も、別々で出す時はちゃんと熱々のスープを用意してくれるんだね。
肉を1つ1つスープに入れて、自分の好きな柔らかさに調整。その上、うちの旦那はいったんさっと火の通った肉を再度出してスープの温度を高く維持できるようにする手の混んだ技を。
いやぁ、おいしそうだねぇ、旦那のフォー。
by machikogunji | 2010-07-07 07:38 | 外ごはん | Comments(1)
びっくり仰天「鱟(ハウ)」
f0056476_624919.jpg

今朝、注文したロブスターを引き取りにサンデーの魚屋に行ったら、親父さんが「これ、食べたことある?」と生きたカブトガニを差し出した。昨日、バージニアへ釣りに行った友達がこれを持ってきてくれたとのこと。

★さばいている様子を見る……。
by machikogunji | 2010-05-06 06:42 | 外ごはん | Comments(1)
エルムハーストのベトナム
f0056476_9571223.jpg

午後、、エルムハーストに夫婦で買い物。初夏のような日にはコレッすよね。ベトナミーズアイスコーヒー。
このかわいい専用のドリップで、濃いコーヒーをコンデンスミルクを入れたカップに出し、別添えのアイスキューブたっぷりのグラスに注ぎ込む。

★続きを見る……。
by machikogunji | 2010-05-05 10:30 | 外ごはん | Comments(2)
手のひらサイズのミニタコス
f0056476_10203953.jpg

水槽の魚の泳ぎ方がちょっと変だと思ったら、エアーポンプが壊れて気泡が出ていない。慌ててペットショップに走ると「明日まで直しといてあげる」とやさしいお兄さん。ではお願いします。
帰り道、お腹が空いてタコス屋に入った。ブロードウェイのクレセントストリートに近い小さなタコス屋だが、ここは前からよく寄る贔屓の店だ。手のひらサイズの小さなタコスが一つ1ドル50セント。悪くないでしょ。おやつにぴったりのサイズで腹持ちもよい。今日はスパイシーポークと
f0056476_10245936.jpg

牛タンのタコスを。ここはタコスよりも飲み物の方が高い。アルコールなしのサングリアを飲む。
風が強いなぁ。いつ釣りに行こうかと検討中だが、この風じゃなぁ。
by machikogunji | 2010-04-30 10:26 | 外ごはん | Comments(0)
パワフル・フェイジョアーダ
f0056476_11275623.jpg

久しぶりにガツンとブラジルの豆肉煮込み「フェイジョアーダ」が食べたくなった。美味しいブラジリアン食堂が34Ave.にあるので、10ドル握りしめて行ってきた。このフェイジョアーダってのは、ブラジルでは水曜日か土曜日に食べる料理なんだそうだが、この店は木曜日と土曜日に食べる事ができる。その日以外は作ってません(火曜日の午後4時以降北ブラジルのアカラジェっていう屋台料理が食べれることで有名な店がココ)。ここの料理何食べても美味しいんです。ガッツリ食べたら元気が出てきたぜ。

★Brasilianville : 43-12 34th Avenue. Astoria
by machikogunji | 2010-04-16 11:43 | 外ごはん | Comments(0)
ロッシャンタウン@ブライトンビーチ
f0056476_1011372.jpg

年に一回来るかな〜・来ないかな〜の、コニーアイランドとシープスヘッドベイの間にある大きなロシア人街。今日はブルックリンの果てにルーティフクスというものを買いに行ったので、そのついでにこの町に寄った。ちょっとした「地下鉄一人旅」ってところだろうか。アストリアからはほぼ始発と終点の位置にある。R、N、Q線を乗り継いで1時間ぐらい。地下鉄でシープスヘッドベイに釣りか、コニーアイランドの水族館(ここのクラゲコレクションは素晴らしい!)に行くぐらいだな、こんなに長くこの路線を使うのは。
今日は、長年ニューヨークに住み、食べるもんにこだわってきた自分への挑戦、いや、お試しってところだ。「私的和食(要は旦那の和食的酒のつまみ)の食材に使えるものが、果たしてロシア人街で探し出せるか」ってことを目標に、一つ手間の駅で降り、ブライトンビーチ駅までの高架下商店街を散策してきた。一人なので、なんの遠慮もいらずに、好きなところに寄って好きなだけジロジロ見て来た。こういうのは、非常に楽しい。「これをこうして使うといいかも」とか「この味に醤油はねーよな」とか、頭の中は、ロシアvsジャパンとなる。私の中での「日露食戦争」であり、「日露友好食条約」でもある。
f0056476_102532.jpg

何を買ったか。ハハハッ、けっこう保守的ですよ。かけ離れたもの買うと、まず食べきれないし、応用できない。今の私にはそんな余裕はない。計算して買わないととんでもないことになる。だからやたら買わない。
左上から右下に順番にいくと、5センチあるかないかのヘリング(にしん)の子魚。これはどうみても夏に田舎で釣った「ままかり」に似ていたからね。スープで茹でた牛タンのとっても柔らかなスライス。ロールキャベツ2個。本場ロシア式ビーフストロガノフ。トラウトの低温スモークの端っこだけ。数あるピクルスの中で選んだのは、リンゴ丸ごとの浅漬け。そして押さえにものすご〜く軽く漬けたチビキュウリ。
f0056476_10344694.jpg

そして、本日のヒット商品は、これっ、「さんまのスモーク」。こりゃ見た事なかった今まで。サーモン、鯖、トラウト、牡蠣、にしん、さわら、鮪、すずき、タコ、貝柱、バターフィッシュ、シーバス、ポギー、ソードフィッシュ、ブラックフィッシュ、海老、うなぎ………と、数えりゃキリがない種類の手当たり次第で今まで魚のスモークは食べてきたが、サンマはお初。皮一つの破れもなく、黄金色に横たわるサンマを見たときゃ、興奮したぜ。2本買った。そして、チャイナタウンに寄る気持ちはすっかりうせて、地下鉄に乗り込んだ。
まっ、この町のお惣菜の充実度は、日本の下町の商店街に負けないね。三枚肉のコロやカレイの唐揚げからウナギの蒲焼きまで売っていたのにはびっくりした。そして、いくらが安い。どう考えても安い。どのくらいのクオリティーなのかは別だが、確かに安いです、ほんまに。そして、肉が新鮮。お久しぶりのロッシャンタウン、楽しかった。
by machikogunji | 2010-01-22 10:49 | 外ごはん | Comments(0)
真夜中グリーク食堂(2)
f0056476_14333039.jpg

いろいろ年内にやらなければいけないことが5つ。今日はその一つが片付いたと思ったらもう夜中。夕飯を食べ損なってしまい、用意する元気もなかったので、またして近所のギリシャ食堂に。私は、ワインとシュリンプサガナキを頼み、ちょびちょびワインのつまみにつつく。
f0056476_14335296.jpg

旦那は、クレフティコ。骨付きのラム肉をオリーブオイル、ガーリック、ローズマリーでゆっくりゆっくりローストしたもの。この前、鹿肉を下ろしたばかりなので、なんだか骨を見ると食欲がなくなったしまった。付け合わせのスパゲティーが、のびのびなんだけど、なぜか昔むかしに田舎の学生相手の洋食屋風の味がして懐かしかった。
by machikogunji | 2009-12-18 14:46 | 外ごはん | Comments(0)
エクアドルの昼定食
f0056476_12132865.jpg

うちの近所のエクアドルの食堂、いい雰囲気なんです。おねーさんが一人で切り盛りしてるのだが、とてもこざっぱりした店で、お昼はけっこう流行っている。ランチメニューは、セットで6ドル99セント。タックス別と書いてあるのに、タックスないのよね、いつも。ここの何がご機嫌かというと、このお昼のセットは、メイン+スープ+ジュース、水が出てこないでジュースなんですよ。おっさんもおばはんも水飲まないでジュース飲んでる。この国はジュース絶対不可欠なのか、この店の売り物メニューなのか。5、6種類から選べるんだけど、今日たのんだのはコレ、チョクロ入りホットココナッツミルクジュース。
f0056476_12292727.jpg

大皿にドンと、ビーフシチュー定食。おなかいっぱい。
by machikogunji | 2009-12-02 12:32 | 外ごはん | Comments(1)
恐れ入った、韓国海苔巻き
f0056476_12342090.jpg

ノーザンブルバードの162丁目に新しい韓国海苔巻き屋ができていたので寄ってみた。買うつもりではなかったのだが、何をそんなに巻いてるのっていう好奇心が先で覗いてみると、まぁ、それはそれはいろんなのが海苔巻きになって売っていた。この海苔巻き、英語では「 Kimbap」と書く。私は「キンパッ」に聞こえるのだが、韓国語でキムが海苔、パプが米飯という意味なら「キムバブ」が正しいのかな。この店に貼り出したメニューは全部写真付きなので、とても判りやすかったなぁ。全部具がなにかしら入っているのかと思ったら、具なしの細巻「チュンム・キムパプ 」というのもあるのね。キムチ、焼肉巻なんかは当然で、ゴボウ巻、揚げもん巻みたいなのもあったわね。その中に「さすが海苔巻き専門店、恐れ入りました」というのがあった。写真の下2つであります。子供用というか幼児用というか、左は3~4歳児用、右は8~10歳児用。いやぁ、辛くないんだろうなぁ幼児用は。でも8~10歳児用はちょっと辛いのかなぁ。今度ぜひ買ってみたいと思います。
そしてもう一つ、韓国マーケットの食器コーナーには、日本の子供用お箸があるように、ちゃーんと子供用の一回りもふた回りも小さなスッカラ(韓国の持ち手の長いスプーン)があるんですね。とてもかわいかった。
by machikogunji | 2009-06-17 13:03 | 外ごはん | Comments(0)
南印度軽食堂でインドお好み焼き
f0056476_626638.jpg

このところどうもインドに縁があるようだ。レトルトカレーに目覚めたお次は、ニューヨークではちょっと珍しい南インドの軽食を。なんでもNYのインドレストランは北インド料理に偏る傾向があるとか。レアなエスニックフードの専門家というべき人物が「ここを食べずして南インドは語れない」っつーお店に行ってきた。

★続きを見る……。
by machikogunji | 2009-06-15 07:16 | 外ごはん | Comments(1)