ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
カテゴリ:人( 121 )
よっちゃんの還暦祝
f0056476_2354155.jpg

皆さん、この写真をコピーしておうちの日当たりの良い柱にでもお貼りください。なんかいいことが訪れると思います。
この溢れんばかりの笑顔の真っ赤なちゃんちゃんこの方は、元読売アメリカの編集長であり、現在も「YOMITIME」というNY集中型日系紙を発行しながら、お茶の先生であり、社交ダンスのエキスパートであり、うちら夫婦の仲人さんである、吉沢信政氏である。元気に還暦を迎えられた。
f0056476_2355169.jpg

こちらに住んで20年、人生in NYのさまざまなピンチを救ってもらい、またうれしい時には祝ってもらった恩師である。青春を毎夜毎夜大酒呑んで共に過ごしたヒロコちゃんと一緒に、昨晩は某寿司屋のカウンターで、よっちゃんの還暦を祝った。吉沢氏は、在米35年。まっ、nyの日系社会の「生き字引」である。経験談を面白おかしく話さしたら右に出る者はいない。昨晩もカウンターで大爆笑を繰り返すうちら3人は、妙に浮いていたに違いない。
f0056476_23552338.jpg

そんな無法者の集いをおいしいお寿司を握りながら、笑顔で野放し状態にしてくれる板前さんは、たぶんナカジちゃんしかいないだろうな。最後の締めの生牡蠣の軍艦。
f0056476_23555548.jpg

途中で出てきた天麩羅は、今こちらで旬のスメルト、そして日本からのタラの芽。塩で食べるとうめ~ぇんだ、これがっ。
天麩羅食べながら、昨晩よりはるかメイン州まで、この魚を釣りに行った細ヤンと、2代目紐育釣友会の会長に就任された(彼が飲み屋でトイレに立った隙に全員一致の採決で就任してしまった)平嶋ご老公の釣果がかなり気になった。

まっ、こうして久~しぶりに寿司屋のカウンターでたらふく寿司を食った後、私達が行ったところは、「ny夜の生き字引」である、トミゾーさんのお店「TOMIJAZZ」へ。またここで、トミさん、アッちゃんも交えて、どんでもない馬鹿話に深夜まで花が咲いてしまったわけよ。
異国の地で20年間培ってきた友情っていうか、親戚のおっちゃんおばちゃんの宴会がとってもうれしかった。

思い起こせば、20年も経っちゃったわけで、あの頃20代だった私も47歳、そりゃ、よっちゃんもトミさんもじーさんになるわな。でも、こうしてみんなで親戚の寄り合いのごとく共にいろんなことを振り返りながら過ごせる楽しい時間が持てたことで、あぁなんだかNYにいてよかったなと帰りのタクシーの中で思ったら、泣けてきたってことはなく、一人ケラケラと笑ってしまった。
by machikogunji | 2009-01-23 23:56 | | Comments(7)
お幸せにねっ。
f0056476_14212160.jpg

本日、57ストリートのバッキンガムホテルのペントハウスにて
f0056476_14223733.jpg

釣り友の大ちゃんの結婚パーティーが行われた。

★続きを読む……。
by machikogunji | 2008-12-07 14:48 | | Comments(0)
楽味家さんオープン
f0056476_10273662.jpg

魚捌きも艶やかな、生っ粋の板前女である陽鼓ちゃんがジャクソンハイツでおされな和食の料理教室をオープンしました。グンジ家同様、末永くずずずぃーと、よろしくお願いいたします。応募、お申し込みは、こちら
by machikogunji | 2008-12-02 10:33 | | Comments(1)
2つのオレンジサラダ
f0056476_1313631.jpg

夫婦揃っての「悪友」である良き友、マイコ・テイトはテレビ番組の情熱大陸にも出演した公立高校の熱血教師であり、料理上手でもある。
お互いバタバタしているので、電話だけでなかなか会えないのが残念。「年に3回は会おうね」といいつつ、今年も1回も会わないんではなかろうかと思っていたのだが、本日うちにご登場。旦那さんがオハイオの実家に帰っているのをいいことに、ターキーより、寿司とすき焼きを選んで我が家にやってきた。あいかわらずの元気120%のお姉様ぶりで、大いに笑わせてくれた。
手みやげに、2つのオレンジのサラダを持ってきてくれた。
彼女は簡単な材料で、チョチョチョッと料理を作る天才である。
一つは、オレンジとグリルしたビーツのサラダ。
f0056476_13131946.jpg

もう一つはグレープフルーツとアボカドの組み合わせ。
まぁ、彼女のドレッシングが決定的な美味しさの決め手なんだが。
近いうちに、今度は彼女の家で必殺料理を作ってもらうことになっている。
by machikogunji | 2008-11-28 13:28 | | Comments(1)
母さん、うどん食べて、がんばれ。
f0056476_11205785.jpg

なんだかんだと、長い一ヶ月であったが、
f0056476_11214242.jpg

母も、こんくらい元気になってきたので、NYに帰ることにした。
帰る前の夜は、甥っこ(小4)と姪っこ(小5)のリクエストで、
f0056476_11244778.jpg

鯛のカルパッチョとトマトのファルシ、それとシーフードパエリア瀬戸内風。私が小学生の頃にはカルパッチョもパエリアも知らなかったのに、最近のガキンチョときたら……、末恐ろしや。母も弟夫婦も従兄弟もみんなおいしいおいしいと食べてくれた。
「まっちゃんは、やっぱり洋食の方が旨い」と言われて困惑。どうしよう、今後の料理教室。和食おしえてるのに。
f0056476_11293685.jpg

みんなが食べているのを、台所の椅子に座って眺めながら、私は「あなごの刺身」と地酒「凱陣」で。
翌朝、母が茹でた「うどん」を食べて、高松を発った。

母さん、がんばれ。
by machikogunji | 2008-10-03 11:37 | | Comments(2)
はや田 -1-
f0056476_035328.jpg

f0056476_16262384.jpg


(左)今晩、とてもおいしいものを食べさせてくれた「はや田」の旦那さんと奥様です。ごちそうさまでした。

(中)今晩、おいしい店に連れて行ってくれた幼馴染のきんちゃんです。今日も非常に「素敵なおじさま系」です。本人は「最近、枯れてきた」と言ってましたが、話を聞いていると「ぜんぜん満開」だということがよ~く判りました。野球をやって熱を出さない程度に、飛ばしていただきたいもんです。掃除をし過ぎて倒れた私が言うのもなんですが。
小学校から一緒、中学校も一緒、高校では3年間バンドをやったのも一緒、東京も一緒、そして47歳になっても、ニューヨークでも、高松でも、まだまだ一緒にお酒を呑めるってのは、とてもうれしいことです。これからもずっと仲良しこよしでいたいもんです。

(右)ジータのヤンキースTシャツの男前はなお兄、横のべっぴんさんは、H&MとSEX and the CITY ファンのなお兄の奥方です。


何かあった時に、守ってくれる友達がいて私はとても幸せだと思った。

今回、父のことで、多くの方々から励ましをいただいたことに、本当に気持ちが救われました。改めて、みなさん、ありがとうございます。本当に。

明後日に父の三十五日をして、その後ニューヨークに戻ります。
その前にちょいと仲間同士でおいしい料理とおいしいお酒を。このメンバーで飲むと、私はかなり、かなり、かなり酔っ払います。案の定、今宵もしっかり呑んで、食べました。
by machikogunji | 2008-09-27 00:16 | | Comments(3)
にっちゃんの個展
f0056476_2171434.jpg

私の釣りコラムでいつも魚の絵を描いてくれている「にっちゃん」こと新田和繁ちゃんが、3月18日(火)から24日まで、銀座三越の7階で個展を開いています。日本在住の皆様、ぜひ行ってみてください。今回はニューヨークとパリの風景画がテーマです。さりげない街のなにげない風景を描かせたらこの人に勝る人はいません。空気が伝わってきます。詳細はこちらまで。
f0056476_4204860.jpg

by machikogunji | 2008-03-21 02:24 | | Comments(0)
木村ビビアン
f0056476_1152412.jpg

お昼、ラガーディア空港に木村ビビアン嬢をお迎えに行った。ミズーリからの生後3ヶ月のフレンチブルドックの赤ちゃんを、20年にわたるバドワイザー系つき合いの友人キムオちゃんが育てることになったのである。12時ちょうどにアメリカンエアラインでNYに到着。これから彼女のとーちゃんとなるキムオちゃんのはしゃぎぶりは尋常ではなかった。去年我が娘のように15年と7ヶ月かわいがってきた初代ビビアン婆が老衰で人生っていうか犬生をまっとうされ、もう泣きじゃくりの日々を過ごしていた我が友人の久々の底抜けの笑顔と親バカぶりを見ることができて、うれしかった。
f0056476_1283862.jpg

パーキングでさっそくケージを開けてやり、外の空気を吸わせる。
いらっしゃい。ここがニューヨークだよ。君のとーちゃん、もうメロメロだよ。
f0056476_124851.jpg

さっそく「遊んで」攻撃。
f0056476_12153766.jpg

おばちゃ〜ん、遊んで、遊んで。
f0056476_12163181.jpg

さぁ、木村ビビアンの新しいニューヨーク生活が始まります。がんばれ〜。
by machikogunji | 2008-03-07 12:32 | | Comments(8)
文学まっしぐら夫婦
f0056476_13115338.jpg

旧知の夫婦が、焼酎持ってご飯を食べに来た。昔、彼等はペンと原稿用紙、私はカッターとスプレー糊との挌闘を毎夜毎夜していたので、今晩のようにゆっくりと酒を酌み交わす暇はなかった。彼等は現在も大学教授、作家として日々ワープロと挌闘し続けている。
f0056476_14242557.jpg

私はというとカッターを包丁もしくは竿に持ち替えて魚と戯れているわけで、今晩の夕食も相変わらず魚をおろして、焼いて、蒸してもてなした。今日のお客さんメニューは、ひらめの昆布締めと叩き梅和え、ブロッコリラブのおひたし、オラータ切り身の漬け焼き、仔牛のタン塩、ひらめ茶漬け、そしてデザートにブラックベリー。全て近所の魚屋と八百屋、スーパーマーケットで手に入る食材だけで作った。わざわざうちまで来てもらったので、アストリアの食材の豊富さを味見してもらうためだ。
f0056476_0295879.jpg

奥さんの岡田光世ちゃんはアメリカやニューヨークのことをテーマにした本を10冊以上も手掛けた作家でありジャーナリストでありエッセイストであり、おとぼけ度120%のおもろいおばちゃんである。根がお嬢で真面目なので、その実体験とのギャップが超おもろ現象を引き起こすのだ。今回もそりゃおもろかった。コーヒー1杯で2時間ぐらい笑わしてくれます。本人はぜんぜんウケ狙いがないだけになお可笑しい。しかし、さすがに作家だけあって、ほんの些細な出来事や話を実に興味深く「斬って」いくのである。けっして「膨らませる」「ひっぱる」のではないのよね、「斬る」わけよ。それがすごいわけだ。だからこういう人とお酒を呑むと大変面白いのである。
f0056476_15214119.jpg

今回、それ以上に面白かったのが御主人の塩崎智ちゃんの話だった。智ちゃんは某大学外国語学部の教授であり、日米文化交流史の研究者なのである。学者さんってやつだな。生鮮食料品にゃ、ちとよそ様よりも強いグンジ家であるが、医者・弁護士・学者にゃトンと御縁のない家系なので、果たして久しぶりに会ってどんな話をすりゃあいいのかちょっと悩んだが、それがそれが、もう盛り上がってしまったしまった。

上の写真に列記した人物をあなたは何人知ってます? こりゃ、すごい人達なんだよな。この人達なくして今のこうやってニューヨークで長年居座って暮らしてるうちら夫婦なんて存在しないのではないか…という方々なわけだよ。ちなみに私が知っていたのは岡倉天心さんぐらいで、それも輪郭をなぞる程度しか知らない。このような人達を智教授は、アメリカに残る莫大な過去の資料文献をひも解いて、今日もせっせと図書館に缶詰めになりながら、アメリカと日本のはざまに埋もれた日本人の軌跡を辿り、その人生を今に蘇らせる。幕末・維新の大好きなうちの旦那なんて、もう智ちゃん直々に彼等の話をしてもらい、感動と酒飲み過ぎのあまり、目をウルウル潤ませながら聞き入っていたよ。智ちゃんの出した最近の本「アメリカ「知日派」の起源/ 明治の留学生交流譚」は、NY在住の人は必読であります。この留学生たちはどういう人物だったのか。その後かれらはどうなったのか。それは読んでのお楽しみってことで。
そんなこんなで4人で良く飲み良く食べ、熱く語った楽しい夜となったのでした。

     
by machikogunji | 2008-03-07 07:09 | | Comments(4)
ミッドタウン中華
f0056476_2345069.jpg

昔からの仕事仲間の先輩・後輩と新年会。
その前にレキシントンアベニューの駅前で、ちょっと一杯レモンマティーニを。この店は、なぜか仕事帰りの中年女性が多い。「女達のバー」だ。カウンターでワイングラス片手に一人飲んでる初老の女性、かっこいいなぁ。クイーズボロブリッジに向かう車の流れ、早足で地下鉄の穴に消えていく人々、そんな風景をボケーッと眺めながらの一杯の酒。
f0056476_2353544.jpg

久々のミッドタウンの中華料理コース。中華街とはまた違ったムードでいい。味も洗練されている。客も洗練されている。
f0056476_236234.jpg

主催のよっちゃん、今年は奮発してくれた。女の子達は大喜びだ。
ご馳走もなさがら、
f0056476_2362451.jpg

先輩達のキャラの濃いさがすごい。よっちゃん、しおちゃん、あきこさんは「もの書き屋」さん。かー社長は、設計施工会社の社長さん。ベトナム戦争に行った人だ。みんな現役。よっちゃんは元読売アメリカの編集長で、今はヨミタイムという新聞を作っている。しおちゃんは元OCSニュースの人で、居合の達人。日本刀持たせたら右に出るものはいない。あきこさんは、元OCSニュースの編集長で、現在も日本とニューヨークで活躍する、アバンギャルドという言葉を地で突っ走ってきた私の一番尊敬する女性編集者だ。
新年会のあと、ラッフルで100ドル当たったので、あきこさんとしおちゃんと3人で、アイリッシュパーに呑みに行った。あきこさんの「洞察力」は昔にも増して冴えに冴えていた。「100円ショップ一考」の話は、最高に面白かった。「ニューヨークのアバンギャルド・飯村昭子、ここにあり」を痛切に感じた。3人でテンションの高い酒を飲めてすごく楽しかった。
by machikogunji | 2008-01-13 03:16 | | Comments(3)