ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
お気に入りブログ
カテゴリ:NY釣り婆日記・魚料理( 602 )
カレイの炊いたんとか。
f0056476_14102028.jpg
カレイの煮付け、絶賛調理中。
これを勢いよく炊いて、
味がしみ込むように、火を止めてちょっと置いて、
再度加熱。
かけ汁用のタレは、煮詰めてトロッと。
残りのタレで、もやしと厚揚げ豆腐をさっと炊く。

f0056476_14112492.jpg
今日の晩ごはん、できあがり。
肉厚でホクホクのカレイ、うまいっ!

f0056476_14133737.jpg
前菜は、サワラの酢〆と、茹でたタコのスライスと、
白菜の柚漬けのお漬けもんを
粗くおろした生姜で和えて、
胡麻ふったってーやつ。

今日、スーパーに行った時に大笑いしたことがあります。
青菜類が値段が高過ぎて、
結局、私はモヤシと白菜しか買わなかったんだけど、
その中でもひときわ急高騰してたのが、
ししとう。
なんと、1パック780円って、
ど〜〜ゆ〜〜〜こと〜〜〜っ。
間違いやと思って、店員さんに
「ししとう、値段付け間違えてるんちゃうの」
と言うと、
「いいえ、奥さん、ほんまに780円なのよ、今日」。

笑うしかなかった。












by machikogunji | 2017-11-07 14:19 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
ゆでダコ。
f0056476_14074639.jpg
タコ茹でながら、グッゲンハイム美術館思い出したわ。
端っこを晩ごはんのおかずにちょっと使って、
あとは、真空ガーリックオイル煮にしときます。
週末の準備。











by machikogunji | 2017-11-07 14:09 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
なめてた天気。暑過ぎて無理。
f0056476_17340023.jpg
もう暑くないでしょと、旦那とおかっぱりに出かけたが……
ぜんぜん暑過ぎて、釣りにならない。
魚も見かけない……。

f0056476_17341207.jpg
f0056476_17341610.jpg
f0056476_17342496.jpg
2カ所廻ったが、魚がいない。
来週また来よう。

朝ごはんは「モスバーガー」、お昼は「びっくりドンキー」と
2カ所とも私の愛する場所に連れて行ってもらったぜ。
何年ぶりだろこの2軒。
アラ還だのに、好きだよね、こういう食べ物……自分。
たまにはいいのよ、ね、ね。
モスバーガーはバンズが美味しくなっていた。
照り焼きバーガーのソースも変わっていた。
びっくりドンキーは、
なぜかビールに力を入れてるのね。
f0056476_17392415.jpg
小樽ビールの、ノンアルコールのスタウト、
これ旨いっ!
思わず2杯飲みそうになったが、まぁまぁま1杯で止めといた。
ロシアのクワスの味にとっても似ていて
私好み。
アルコール入ってなくても、
日本のノンアルビールは旨いね。










by machikogunji | 2017-09-06 17:42 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
釣ったイカでいろいろ料理に励む(洋食の巻)


f0056476_15480267.jpg
イカと野菜のカレーです。
イカゲソ使用。
イカでカレーを作る時は、煮込まないのがうちのやり方。
煮込むと味がくどくなるので、まずルーを作って、
そこに野菜を入れ、最後にイカを入れてできあがり。
今回はオクラとモロヘイヤを入れてみたら、
これは正解、いい感じの粘りっ気が出て美味しかった。
簡単カレー、これはまた作ろう。

f0056476_15514190.jpg
これもゲソで。イカ墨炒飯をば。
墨も一緒に混ぜて作ってます。
ケンサキイカは墨が少ないので、真っ黒にしたければ、
スルメイカの墨を足さなきゃだめね。
まぁ、そこまで黒くする気もなかったので、
今回は、この程度。
具はピーマンと玉葱、イカゲソだけで、
余った冷やごはんで作っている。
普通の炒飯と同じ作り方ね。卵は入ってないけどね。
最後に味に少し変化をつけたかったので、
スモークパプリカのパウダーをけっこう入れたかな。
スダチを絞って食べるってのがよかった。

f0056476_15562502.jpg
友達が来て、大人数のごはんになったので、
イカパエリアを作ってみたよ。
これはお客さんへのもてなし料理なので、手はかけたぜ。
生米からフライパンで炊いてる。
サフランとかは入れないで、墨の色をもっと出したかったんだけど、
ちょっと、いやかなり墨が足りず、色が悪いけど、
味はばっちりに仕上がったよ。


f0056476_16561818.jpg
パッタイの味付けで、アジア風。
イカの切り方に凝ってみたよ。
もっと辛くてもよかったなぁ。
ビールによく合う一品だったわ。ビール飲み過ぎ。


f0056476_16575850.jpg
青梗菜と沖漬けのイカの炒め物。
少々のオイスターソースとガーリックで。
シンプルでごはんモリモリ食べられるよ。

f0056476_16585938.jpg
イカゲソ・レッドソースパスタなり。
この太いでっかいパスタ、探し求めたわよ。
あった、あった、ナショナル麻布マーケットに。
イカの輪切りっぽいパスタを使いたかったのよね。



ってな感じで、
いろんな食べ方をしてます。
あと15杯ぐらい残ってるので、また何か作ったらお知らせしますね。
あぁ、イカ三昧の8月であった。
飽きないのよね、イカ料理。楽しい。













by machikogunji | 2017-09-06 16:53 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
釣ったイカでいろいろ料理に励む(和食の巻)
f0056476_15194596.jpg
釣ったイカでいろいろごはんを作った。
ニューヨークでもよく作ってたけど、日本に帰って、
これだけ日に日にイカ、イカ、で作ったのは久しぶり。
1杯とて無駄にしたくないじゃないですか。

まず、船に、「沖漬けのタレ」を持ち込んで、
釣った先からどんどんイカを漬けていく、
正真正銘の沖漬けをけっこう作った。
ってーのは、味が素直にしみ込むので、
後でいろいろ料理に簡単に使えるって、仲間が言うので。
そりゃそうだね。こういう事に今まで気がつかなかったねぇ。
もう一つ大事なこととして、釣ったイカを
ジップロックに海水から取り出したまま
詰めて冷凍させとくんだけど、
なるべく小分けにしとくことが、後々料理をする時に楽ですね。

まず、帰ってすぐは、留守番をしてもらった旦那に感謝の
イカ刺しをば。
ニューヨークの大西洋のケンサキイカを食べ慣れた私達にとって、
宇和海のイカはさてどういう味であるか、一番判り易いのが
やっぱり刺身。
身の弾力性、新鮮な時の甘味とか、いろいろ比べる所はある。
「うまいよ、このイカ」ってことになりましたよ!
とっても厚みがあります、身に。
かなり深いところを泳いでいるイカなのと、
流れのあるところで釣ってるからね。
夏のイカでこんだけ美味しいなら、
これからの秋イカはもっと美味しいに違いない。
ってのがうちらの感想です。

f0056476_15200047.jpg
刺身も切り方を変えると、味もぜんぜん変わります。
コリコリ感が欲しい時は、細く千切りにしてます。
太く切ることはうちではあんまりしないなぁ。食べにくい。
神楽坂で料理屋やってる加川君が教えてくれた切り方、
表面に隠し包丁を細かく入れて削ぎ切りにするってのが、
私は一番イカをねっとりと甘く食べられる切り方だと思ってます。
前回は、1杯づつ目と目の間を〆たんですけど、
今回は絞めずに持ち帰り。
どのくらい差があるかなって思ったのだけど、
釣ってからうちに持って帰って食べるまでの時間が
どうしても長くなってしまうので、
そんなに差は感じなかったなぁ。
絞め方が悪いのかしらん。
しかし、船上、イカが釣れ出したらドタバタで、
絞めるどころじゃなくなるってーのが本音ね。

f0056476_15370139.jpg
沖漬けも食べ飽きてきた頃に、漬けたイカを使って、
簡単にできる「イカめし」も作った。
どう簡単かというと、
米は普通の米ですでにイカゲソを混ぜて炊いたものを使ってる。
それとイカもさっと火を通して、破れにくくしているってこと。
ごはんは新米を使ったから、もち米まではいかないけど、
もっちりして美味しいし、うちでは問題ないっす。
ごはんを詰めた後に、甘辛のタレを絡めて、半日ぐらい置いといて、
食べる前に切ってます。
f0056476_15410964.jpg
こんな感じ。
小振りのイカを選んで作ってるので、
ごはん詰めるのがちょっと面倒だったけど、
パクパク食べれて、けっこう数作ったけどあっという間になくなった。


f0056476_15423905.jpg
いろいろイカ料理してると、ゲソが余ってくるので、
余ったゲソを集めといて、海老を少し足して、味付け。
味付けは、塩、砂糖、酒、醤油、油です。
塩で粘りが出るので多めに。砂糖は入れた方が味が落ち着く。
フードプロセッサーで練り状にし、
手に油をつけて丸めて、油でゆっくりと揚げてます。
今回は紫蘇の葉も刻んで入れてます。
熱々も美味しいし、冷えてもおいしい。
この料理で面倒くさいのは、
フードプロセッサーを料理終わって洗うことかな。
ゲソは全部これにしてもいいくらい美味しい。




by machikogunji | 2017-09-06 16:01 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
宇和島港にて、面白いこと2つ。
f0056476_10525415.jpg
遠征釣りで欠かせないのが、大量の氷。
コンビニで買うと非常に高いし、氷の削り方が魚には合ってないので、
釣り親分さんが気を利かせて、港の漁協へ寄って、
大量の氷をここでゲット。漁船用の本格的な氷なので、
事務所のレバー操作で、
このパイプから一気に大量の氷が振ってくる仕組み。
ものすごい勢いで100キロ分の氷が落下。
あ〜〜〜〜〜〜〜〜涼しい気分……ってか、冷た過ぎ。
結局、各自の氷が多過ぎて、イカが入らなかったって落ち有り。

f0056476_10592879.jpg
もう一つ、今回の目玉。
気になっていた「伊達まぐろ」をゲットできたこと。
釣りで船を出ると見える、
宇和海のかっこいい島「日振島」で、
クロマグロの畜養をやってるってことが判明、
そりゃ、食べなきゃいけないでしょって気になり、
どっかで冊で売ってないかと、
イカ釣り船の船長ダイちゃんに問い合わせたら、
探して教えてくれました。
港の近くの「辻水産」の倉庫で
午後3時から5時まで(だったと思う。要確認)の2時間だけ売ってるってことで、
……でも、釣り仲間に私用のお買い物は悪いかなと思って躊躇してたら、
行きましょってことで連れて行ってくれました!
まず、味見がしたかったので、
「赤身」と「大トロ」の冊を一つづ買ってみた。
養殖なので、近大マグロみたいに
全身がトロ状態なのかを知りたかったわけで。
マグロ好きの母と旦那にお土産っす。
f0056476_11122388.jpg
で、うちに帰って、にぎったぞ。鉄火巻もね。
まいう〜〜〜〜〜〜っ!!!!
伊達マグロ、美味しく育ってるぅ〜〜〜。
脂もいい感じ。
おいしゅうごさいました。
宇和島の楽しみ増えた〜〜。
母は大喜び。
また釣りに行ったら猫の世話してくれるそうです。









by machikogunji | 2017-09-06 11:22 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
好きだね、宇和島イカ釣り再訪。
f0056476_10284529.jpg
料理教室前後の怒濤の日々を終えて、
楽しみにしていたイカ釣りにまた行ってきたぞ。
笑ったね、この写真見て(船長撮影)。
これ、おっさんかおばさんかどっちが自分でも判らない。
次回は付け髭でも貼って釣りしますね、ガハハッ。
前回の乗船で、宇和島での船からのイカ釣りがどんなもんであるか、
それなりに把握したつもりで臨んだ割りに、
竿が固過ぎ、リールのライン表示が出ないという…。しょーがねーな。
で、貸し竿で釣行。
でも、なんか調子不良で、50杯ぐらいしかダメだったなぁ。
相変わらず、準備不周到な自分……。
でも、釣り船「美桜丸」のFacebookには、
こんなに偉そうに載ってます。
あぁ、イカ釣り、朝までやりたいなぁ、どーやっても楽しいなぁ。

f0056476_10415655.jpg
今回のイカジグ、こ〜んな可愛いの使いました。
可愛過ぎるだろ〜〜〜これ。
まるで草間弥生みたい〜〜。
けっこうイカさん、これに食いついてくれたわよ。
半分ふざけて買ったんですがね。
海の上でも洒落を忘れず……です。
真剣味が足りないという言い方もあるが……。
だめなんです、黙々とやるの。
さもお魚と会話してるような独り言を言ってみたり、
歌を歌ってみたり、
真剣にやってる仲間をいじってみたり。
楽しくいきましょーよ、釣りは!
f0056476_10452503.jpg
このジグ、めちゃくちゃ気に入ったので、
玄関先の私のアクセサリーコーナーに飾ってます。

あぁ、もう一回、イカがいなくなる前に行きたいなぁ。






by machikogunji | 2017-09-06 10:47 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
ケンサキイカ沖漬け。
f0056476_10592203.jpg
今日も食卓に「イカ系」あがってます。
沖漬け。
釣りたてを船の上で「タレ」に漬け込んだもの。
2、3日目から食べ始めてます。
あ〜〜〜〜〜、うまっ。

器は、春に高知県黒潮町で買った小皿。
地元ではなく、有田焼ですが。

鯨がイカ喰ってる〜〜〜って図。
現実的にありえる光景です。
鯨の場合、沖漬けってことはないけどね。









by machikogunji | 2017-07-25 11:05 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
当分イカで暮らします。
f0056476_00294408.jpg
ダイスケ船長が釣ったイカもお土産にもらったので、
かなりの数のイカが、いまうちの冷蔵庫に保存されてます。
なので、当分イカで暮らしていきます(笑)


f0056476_00395077.jpg

まずは、ここのイカがどんな味か、直接わかるイカ刺しで。
きれいなイカです。一番大きかったのを捌いて味見。
おいし〜〜〜。
ケンサキイカの味だわ〜〜、久しぶり〜〜〜。
懐かしい味がした。

f0056476_00341621.jpg
たっぷりの紫蘇と茗荷とおろし生姜で。
これまた旨いね。

f0056476_00412612.jpg

この日のために自家製のトマトケチャップを作っていたので、
生のトマト、トマトソース、にんにくとを合わせて、
濃厚なソースを作り、
イカもたくさん突っ込んで、パスタと共に。
家族に好評、うれしいじゃないか。

f0056476_00433514.jpg
こちらゲソを集めてカレーっす。
これもまたオツ。











by machikogunji | 2017-07-22 00:38 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
宇和海ケンサキイカ釣り遠征/#2
f0056476_23211334.jpg
さ、さ、さっ、イカ釣りだよん。
ケンサキイカ求めて、宇和島まで来ちゃったよ。
今日の船は「美桜丸」。宇和島市津島町から出てます。
f0056476_23390105.jpg
船長さんはこの青年、丸木大ダイスケ船長です。
わ、若い。
この辺の遊漁船の船長、けっこう若い人がいるみたい。
これからの遊漁船の未来を背負ってるって感じね。
一ヶ月前から遊漁船を始めたそうです。
それまでは、釣り具屋さんに勤めてたんだって。
本日はよろしくお願いしますぅ。

f0056476_23443617.jpg
6時前に出港。今日は日振島近海を攻めまーす。
f0056476_23460828.jpg
We love sunset!
めっちゃ夕陽が綺麗だったので、こんなことして。
余裕よね、うちら。
おっさん、おばさんなのに、これじゃ高校生のノリね。
まっ、いいか。日頃一生懸命現実と戦っているから、
たまの釣りの時ぐらいキャッキャ言っても良しとしようじゃないの。

f0056476_23495834.jpg
あっ、この島々、この前、愛南町からキメジ釣りに行った時に、
見た島よね。
半島ひとつ向こうの港から出たからね。

とか、言いながらゴゾゴゾしてたら、夕陽も沈み、
釣り場に到着。

さぁ、電気つけて始めるぞ。
始めたばかりの時は、100メートルの底から。
ふ、深すぎる。……糸が……ギリギリ……これ失敗ね。
で、そのうち40、30、20メートルあたりでアタリが来始めた。

飽きることなく、安定して釣れる。
そのうち、入れ食いタイムもありで、みんな着々と数を増やしている。
f0056476_23570027.jpg
し、しかし、そのうち「敵」が。
シイラです。シイラの軍団が船の周りを旋回し始め、
イカちゃんが狙われる。
「おい、こら、こっち来るな。あっち行けあっちへ!」と
思わずシイラに話しかけてしまったわ。
魚には耳がないので、たぶん聞こえてない。遠慮なく私の落とした糸の周りに寄ってくる。
イカが釣れた糸を巻き上げて船に取り込むタイミングを考えながらやんないと、
食べられちゃいますシイラ軍団に。
まぁ、こういう光景は瀬戸内の海じゃないわね。なので、けっこう面白いわけ。
そのうち、いろんな魚が船の灯りに集まってくる。
どこからか、鳥も、そして大量の虫と蛾まで。

f0056476_00042422.jpg
なんか、まさに、こんな感じ。真夏の夜の夢っぽい感じ、ほんまに。
船上での魚や鳥や虫達の幻想的な光景に、
不思議な感覚になった。

f0056476_00081378.jpg
この日の大きいイカちゃんはこんな感じ。
このサイズが、30メーターぐらいの深さから引っ張るのを
巻き上げていく感覚、最高に楽しいっす。

f0056476_00094467.jpg
結果は良好。竿頭(英語ではハイフックと言う)は80ハイ。
みんな6、70は釣ったわね。
私は40ハイ強。………少ない。途中で止めて写真を撮ったりしてたのがいけなかった。
止めた直後、入れ喰い状態になって、みんな20ハイぐらい稼いでたもんなぁ。
でも、満足なのよね。なぜなら、ここでの釣り方が判ったので、また来るぞと思ってるから。
イカ釣りに火が付いてしまったら、もうこれ止まらないからね。
それと、岸からでもこのシーズン、イカが釣れそうな場所が判明したのは
ものすごい収穫だった。
ぜひ、岸からも挑戦したいとずっと思っていたからね。
この日はここまで。
船を揚がったのは、夜中の1時過ぎ。
そこから、みんなで高松に戻ったら、すっかり夜も明けて、
また暑い一日が始まろうとしていた。
船の上は、心地良い風で気持ちよかったなぁ。

絶対また行くぞ、イカ釣り。
あっ、イサキも行かなきゃだわ。













by machikogunji | 2017-07-22 00:26 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)