ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
カテゴリ:NY釣り婆日記・魚料理( 595 )
ケンサキイカ沖漬け。
f0056476_10592203.jpg
今日も食卓に「イカ系」あがってます。
沖漬け。
釣りたてを船の上で「タレ」に漬け込んだもの。
2、3日目から食べ始めてます。
あ〜〜〜〜〜、うまっ。

器は、春に高知県黒潮町で買った小皿。
地元ではなく、有田焼ですが。

鯨がイカ喰ってる〜〜〜って図。
現実的にありえる光景です。
鯨の場合、沖漬けってことはないけどね。









by machikogunji | 2017-07-25 11:05 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
当分イカで暮らします。
f0056476_00294408.jpg
ダイスケ船長が釣ったイカもお土産にもらったので、
かなりの数のイカが、いまうちの冷蔵庫に保存されてます。
なので、当分イカで暮らしていきます(笑)


f0056476_00395077.jpg

まずは、ここのイカがどんな味か、直接わかるイカ刺しで。
きれいなイカです。一番大きかったのを捌いて味見。
おいし〜〜〜。
ケンサキイカの味だわ〜〜、久しぶり〜〜〜。
懐かしい味がした。

f0056476_00341621.jpg
たっぷりの紫蘇と茗荷とおろし生姜で。
これまた旨いね。

f0056476_00412612.jpg

この日のために自家製のトマトケチャップを作っていたので、
生のトマト、トマトソース、にんにくとを合わせて、
濃厚なソースを作り、
イカもたくさん突っ込んで、パスタと共に。
家族に好評、うれしいじゃないか。

f0056476_00433514.jpg
こちらゲソを集めてカレーっす。
これもまたオツ。











by machikogunji | 2017-07-22 00:38 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
宇和海ケンサキイカ釣り遠征/#2
f0056476_23211334.jpg
さ、さ、さっ、イカ釣りだよん。
ケンサキイカ求めて、宇和島まで来ちゃったよ。
今日の船は「美桜丸」。宇和島市津島町から出てます。
f0056476_23390105.jpg
船長さんはこの青年、丸木大ダイスケ船長です。
わ、若い。
この辺の遊漁船の船長、けっこう若い人がいるみたい。
これからの遊漁船の未来を背負ってるって感じね。
一ヶ月前から遊漁船を始めたそうです。
それまでは、釣り具屋さんに勤めてたんだって。
本日はよろしくお願いしますぅ。

f0056476_23443617.jpg
6時前に出港。今日は日振島近海を攻めまーす。
f0056476_23460828.jpg
We love sunset!
めっちゃ夕陽が綺麗だったので、こんなことして。
余裕よね、うちら。
おっさん、おばさんなのに、これじゃ高校生のノリね。
まっ、いいか。日頃一生懸命現実と戦っているから、
たまの釣りの時ぐらいキャッキャ言っても良しとしようじゃないの。

f0056476_23495834.jpg
あっ、この島々、この前、愛南町からキメジ釣りに行った時に、
見た島よね。
半島ひとつ向こうの港から出たからね。

とか、言いながらゴゾゴゾしてたら、夕陽も沈み、
釣り場に到着。

さぁ、電気つけて始めるぞ。
始めたばかりの時は、100メートルの底から。
ふ、深すぎる。……糸が……ギリギリ……これ失敗ね。
で、そのうち40、30、20メートルあたりでアタリが来始めた。

飽きることなく、安定して釣れる。
そのうち、入れ食いタイムもありで、みんな着々と数を増やしている。
f0056476_23570027.jpg
し、しかし、そのうち「敵」が。
シイラです。シイラの軍団が船の周りを旋回し始め、
イカちゃんが狙われる。
「おい、こら、こっち来るな。あっち行けあっちへ!」と
思わずシイラに話しかけてしまったわ。
魚には耳がないので、たぶん聞こえてない。遠慮なく私の落とした糸の周りに寄ってくる。
イカが釣れた糸を巻き上げて船に取り込むタイミングを考えながらやんないと、
食べられちゃいますシイラ軍団に。
まぁ、こういう光景は瀬戸内の海じゃないわね。なので、けっこう面白いわけ。
そのうち、いろんな魚が船の灯りに集まってくる。
どこからか、鳥も、そして大量の虫と蛾まで。

f0056476_00042422.jpg
なんか、まさに、こんな感じ。真夏の夜の夢っぽい感じ、ほんまに。
船上での魚や鳥や虫達の幻想的な光景に、
不思議な感覚になった。

f0056476_00081378.jpg
この日の大きいイカちゃんはこんな感じ。
このサイズが、30メーターぐらいの深さから引っ張るのを
巻き上げていく感覚、最高に楽しいっす。

f0056476_00094467.jpg
結果は良好。竿頭(英語ではハイフックと言う)は80ハイ。
みんな6、70は釣ったわね。
私は40ハイ強。………少ない。途中で止めて写真を撮ったりしてたのがいけなかった。
止めた直後、入れ喰い状態になって、みんな20ハイぐらい稼いでたもんなぁ。
でも、満足なのよね。なぜなら、ここでの釣り方が判ったので、また来るぞと思ってるから。
イカ釣りに火が付いてしまったら、もうこれ止まらないからね。
それと、岸からでもこのシーズン、イカが釣れそうな場所が判明したのは
ものすごい収穫だった。
ぜひ、岸からも挑戦したいとずっと思っていたからね。
この日はここまで。
船を揚がったのは、夜中の1時過ぎ。
そこから、みんなで高松に戻ったら、すっかり夜も明けて、
また暑い一日が始まろうとしていた。
船の上は、心地良い風で気持ちよかったなぁ。

絶対また行くぞ、イカ釣り。
あっ、イサキも行かなきゃだわ。













by machikogunji | 2017-07-22 00:26 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)
宇和海ケンサキイカ釣り遠征/#1

f0056476_23160824.jpg

コ、コワイ…………、50歳も半ば過ぎると、貫禄がついてきてしまった。
なんか何人なんだろっ自分……という感じが。
まっ、いいか。
アメリカでみんな着てたウエザー……誰も着とらん。
でも、これで通す、わたしは。ハハハッ……暑いけど。

で、待望の「ケンサキイカ釣り」、境港にするか、宇和島にするか
いつものメンバーで迷った挙げ句、ちょっと近い宇和島にした。
イカなんて瀬戸内海にもいっぱいいるでしょ…と思われるだろうが、
違うんです、イカの種類が。
アオリイカとかの「甲イカ」の種類は自転車ですぐのところにもいるんですが、
「ヤリイカ」とか「ケンサキイカ」とか「スルメイカ」とかは
いないの。
だから遠征するの。
で、宇和島まで来ました。
さぁ、お昼、何を食べるか。
時間が微妙であったので(着いたのが2時頃で出航が6時)、
ランチはどこも終わり、夜は6時の船だから5時開店では無理。
さぁ、どこにってことで、
みんな反対するだろな……と思いきや、「いいやんけ」と一発で決まり。
ローカルの回転寿司ざんす!
「すしえもん宇和島本店」ってところに。
元メジャーリーガーの岩村明憲選手のお兄さんが経営してるお店みたいね。
ウエイトレスの女の子に聞いたら「なんか、そうみたいですね』と。……そうみたいって、あーた。
で、なんで「回転寿し」にしたかというと、岩村のファンではなく、
ここにはローカルの、私達が今度釣りたい「イサギ」があることが判明したから。
全国チェーンじゃなくて、ローカルのこういうところには、
必ず地元のネタってのがあるんじゃないかと調べたらあったのよね。
f0056476_23060647.jpg
こちら「イサキ」でございます。プリップリ。こりゃほんまに地元のだわ。
美味しい。旬の魚は旨いね。

f0056476_23073006.jpg
これもイサキっす。皮付きの炙り。
これ、刺身よりももっとおいし〜〜ぞ!
思わず二皿食べた。
1人だけ、ハイボールも飲んでしまった。
今から、イカ釣りに行くのに、
もう次回予定の「イサキ釣り」にみんな火がついてしまったわ。
ごちそうさまでした。
さっ、船付き場に行くわよ。








by machikogunji | 2017-07-21 23:11 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
あぁいいタコだ。
f0056476_23262391.jpg
あぁ、いいタコだこと。
ブリブリ。
茹でたのを、居酒屋のおやじさんに無理言って、
さっと炙ってもらった。
右手に「焼きダコ1本」、左手に「生ビールジョッキ」、
最高。







by machikogunji | 2017-07-11 23:28 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)
ベイカって呼びます。
f0056476_23131691.jpg
子イカ、うちの方じゃ「ベイカ」と呼びます。
瀬戸内産。
ホタルイカのもう一回り大きいぐらいのサイズかな。
煮付けると美味しい。
近所のごはん処「まつおか」で1杯。
こう暑いと生ビール飲みたくて飲みたくて。
1くち目、うまいねぇ〜〜プッハ〜〜〜ッ。
🎵肴は煮付けたイカでいい〜〜🎵的な。
カウンター、漁師のおっちゃんとおばちゃんで満席。
おばちゃん、浜の神社の夏祭りのカラオケ大会で、
大月みやこの曲を歌うそうだ。
応援に来てくれたら、ビール無料で1杯飲ませてくれるらしい。
おばちゃん、応援いくよ。












by machikogunji | 2017-07-11 23:20 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
マナガツオの漬け焼き

f0056476_23093412.jpg
マナガツオの季節ですな。
この日はオーソドックスに甘辛のタレを漬けながら焼いた。
ちょっとお値段は張るけど、この魚、無駄がないの。
捨てるとこなしってやつ。
………顔が怒ってるように見える………。







by machikogunji | 2017-07-11 23:11 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
コチのカルパッチョとか。
f0056476_22112265.jpg

パエリアと一緒にこんなんも作った。
コチという魚ご存知?
瀬戸内海で一時釣れなくなってたんだけど、近年復活したいみたい。
初夏は、ヒラメよりはコチの方がお値打ち。一応高級魚らしいね都会では。こちらじゃ普通だと思う。
コチって「鯒」って書くのね。また、漢字で「牛尾魚」とも書くらしいよ。確かに牛のしっぽっぽいかも。知らなんだ。おろすのちょっと骨の付き方が変わってるので面倒くさいが、白身の美しい歯ごたえのある身ですよね。
f0056476_2212668.jpg

二種類のカルパッチョを前菜に。
魚は鮮度も味もいいので、塩と黒胡椒とオリーブオイル(張り切って地元の小豆島産のエクストラバージンなやつを使ってみたわ。軽快な味で美味しい)で軽くマリネしてます。完熟のプチトマトのスライス(うちの庭)と、レッドオニオンのみじん切りと、ディル(うちの庭)とスダチ果汁の組み合わせってーのと、これまた地元・友達のわかめ漁師さんとこから分けてもらったワカメと、いんげん豆のスライスと、レッドオニオン、タイム(うちの庭)、瀬戸内の藻塩と小豆島の醤油をちょっとっていう組み合わせ。そうです、手短かにあるもんを組み合わせて作ってるってことですねハハハッ。
by machikogunji | 2017-07-04 22:27 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
鯛ラバの道(その2)@豊島・小豆島沖
f0056476_17203984.jpg

あめ〜〜〜〜, レイニーデー〜〜〜、絶賛梅雨中ざんす〜〜っ、にもかかわらず出航。
お昼には止むはず。で、私の鯛ラバ釣り第2弾。
前回は人の借りましたが、今回は自分のです。安いの買った〜〜〜〜。私、普通の主婦ですので、身分相応の「セットでお買い得」ってーのを。いいんです、これで充分。腐っても鯛って言葉ありますが、「安くてもシマノ」……、アメリカだったらみんなに「いいなぁ日本製で」と言われるモノです。ギャハハ。女子らしく「赤色」が欲しかったんだけど、「青」しかなかった、まぁいいや。
で、張り切って挑戦したんですが……………撃沈。一日中やって、4人でやって、ほんま数回のアタリ。しかもバラしたり……で、……………討ち死にです。討ち死に3名ほど。

f0056476_22503481.jpg

でも今日のキャプテン・ミノポン、最後の最後に、おっっりゃ〜〜〜〜〜55センチの鯛、揚げました。ご立派だわ。で、4人で巻き返しに臨んだのですが、アタリ来ず。

f0056476_17412653.jpg

そして、もう帰ろうかという時、なぜか私の鯛の仕掛けに「キス」が1匹。
ど〜〜してキ〜〜〜ス〜〜〜〜!? 晩ごはん、こんだけ〜〜〜。

ってことで、釣れない間、船の上で心地よい雨に打たれながら「まぁ、こんな雨も船の上で濡れると風情があっていいね。心地よく雨に濡れるなんてーのは、普通の生活にないよねぇ〜〜」なんて呑気に構えてたのがいけなかったのかしらん。

今日の結果は、悪くとも、釣りならばこういうこともあるさ。自分の買った竿に慣れなければ。ラインを一定の速度で巻くこと、落として巻き上げるタイミングは、一日中練習したので、だいぶ安定してきたかも。次回に繋がるといいな。

f0056476_1754034.jpg

ってことで、キス1匹じゃ晩ごはんにならないので、帰り道、庵治町の丸進で、「新物のちりめん」を買って帰って、旦那のビールのつまみに。

f0056476_17544025.jpg

キスは天麩羅に。1匹じゃ足りないので、淡路島の玉葱の天麩羅も作って、カレー塩にて。お値打ちのキスでございましたぜ。うまっ。
by machikogunji | 2017-07-04 17:56 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
鯛ラバの道(その1)@瀬戸大橋
f0056476_15595289.jpg

ここで一回やってみたかった〜〜〜〜〜。実現、めっちゃ嬉しい。釣れなくてもいいわ、瀬戸大橋の下に来れただけでも……と、最初は謙虚な気持ちで、鯛ラバスタート。
f0056476_162818.jpg

この日の船長「てっちゃん」は、この橋の下の主みたいな青年。底がどんなになってるか、どの時期にどこに魚がいるか全部お見通し。なんで釣り船業をやらないのかわからない。まぁ、こうしてプライベートで乗せてもらうのが友達としてはいいんですがね。
橋の下、けっこううるさい。四国・本州を結ぶJRのマリンライナーが30分毎に橋を渡るんです。ものすごい音。車も結構な量で走ってるし。
f0056476_161327.jpg

鯛が散る〜〜〜〜〜〜〜〜っ。って、思うのは私だけかしらん。
初めての鯛ラバ釣り。いろいろ教えてもらう。………ようわからん、底に錘を落としてすぐ揚げるタイミング。一定の早さで巻き上げるテクニック。魚が来ても決してあせらず同じ速度で糸を巻き上げる……なんて、激情型で喜怒哀楽の激しい私としては………難し過ぎ。アメリカで釣ってた鯛は二通りあって、マイアミ辺りにいたレッドスナッパーなんかは、ずーっと底に落としといて、あたりが来たらガンッと合わせて釣り上げるってーのと、ニューヨーク辺りのポーギーと呼ばれる鯛は、当たったか当たらないかの瞬時に合わせるという釣り方、どちらも「合わせる」わけです。そういう釣り方を二十数年していた私にとって、鯛ラバの釣り方は…………おもろない………の一言かも。
鯛ラバはハマる人と嫌いという人にきれいに分かれるらしい。しかし、今日一回目では、まぁどちらとも判断できる段階でないのはわかっている。途中で自分の好きな釣り方に変えてヘラヘラしていた時間もあったけど、今日はまずその「鯛ラバの面白さを知る」ために来たので、下手ながらその釣り方を繰り返してみた。
「釣れたら判るよその面白さが」と言われてみるものの、私以外の3人は釣るよね〜〜どんどん。………楽しそうよね〜〜やつら。………私には来ない。巻き上げのテンポが一定じゃないと指摘を受ける。
むかつく(笑い)………なるほど、もっとリラックスしてやるとテンポがよくなるかなぁ。ロッドの持ち方も変えてみよう。…………もう午後になっちゃったよ。みんな釣れてるのに。あたりすら来ないじゃないか。
私が釣れないので、みんな心配してくれてるし。海老ラバに変更。活きた海老つけて仕切り直し。……愚痴るぞ、このやろう………と、その時、
f0056476_1618464.jpg

ギャハ〜〜〜〜〜〜ッ、あたり来ました〜〜〜〜っ、やっと。気持ち落ち着かせてあせらないあせらない、一定の早さでラインを巻き上げる。おっ、おっ、鯛の動きじゃぁ〜〜〜、久しぶり〜〜〜。
この写真、ラインを巻き上げているところ。この下に鯛、くっついてますけん。

f0056476_1622784.jpg

まぁまぁのサイズ。鯛釣りの方には「ふん」と鼻で笑われるサイズで失礼します。30センチぐらい。
あたしにとっちゃ、初めての瀬戸内海の鯛じゃ、これで良し。うれし。
その後、もう一匹、これより小さいサイズが釣れて、本日私は2匹だけ。

f0056476_16252817.jpg

キャプテンのてっちゃん、落とすと釣れるってど〜〜ゆ〜〜〜こと〜〜〜。うまいっ、実にここの海を知り尽くしてる。釣り船の船長がてっちゃんに「どこが釣れる」か聞くぐらいの腕前。今日も釣り船のぜんぜんいない場所で悠々と船流してポンポン釣ってたもんなぁ。

f0056476_16274668.jpg

手前が、私を釣りに誘ってくれるマトピー。彼は一番「鯛釣り」が好きというだけあって、今日は釣ったよねたくさん。めっちゃご機嫌。そりゃあんだけ釣れたらご機嫌にもなるだろう。

f0056476_16302421.jpg

3時に竿納。うわ〜〜〜、鯛、鯛、めでたい。この中の2匹に私が釣ったのもいると思ったら、それなりに満足度2ぐらい。

f0056476_1632245.jpg

鯛の他に釣れたお魚、こんな感じ。ええ型のアコウ、てっちゃんとマトピーがゲット。その他、カサゴ、グチ、アジ、ニベ。

手頃な値段の鯛ラバ用の竿とリール買おうっと。醍醐味が判るまで続けて練習するつもり。
覚えるよ、鯛ラバ釣り。
by machikogunji | 2017-07-04 16:39 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)