ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
カテゴリ:ロードトリップ( 166 )
モーニングこんにゃく@大窪寺
f0056476_11100190.jpg
旦那休日の早朝ドライブ。
本日は山の方へ。
グネグネ道が通りたいらしく、じゃ大窪寺に行こうか。
八十八カ所巡りの、88番、最後のお寺が香川県にあるのだよ。
ここを参ったら、最終は高野山に行くんですって。
お遍路さんが言ってました。

f0056476_11124223.jpg
大窪寺の名物は「こんにゃく」っすよね。
で、本日の朝ごはん、

f0056476_11132345.jpg
こんにゃ~~~~~く〜〜〜〜〜〜っ!
ダイエットに良いですわよ。
1枚のコンニャクを縦割りに切ってるのって珍しいね。
サービスで、モーニングコーヒーならぬ、
モーニング生姜湯をくれた。美味。
英語でコンニャクのことを、
devil's tongue jellyって…………。
悪魔の舌のゼリーって………。
ここ、お寺なんですけど。

f0056476_11174367.jpg
リーン。


f0056476_11182234.jpg
ここの紅葉は小さい葉なので、きれいなんだって。
なーるほど。
長い間、真っ赤に染まったモミジを見てないので、
赤くなったらまた来たい。
ちなみにアメリカは「黄葉」、日本は「紅葉」、
どちらも「こうよう」ね。

モミジはさることながら、私は感動したのは
「苔」。
そして「石」。
このお寺のお庭、いい感じです。
「苔」最高。

f0056476_11215813.jpg
f0056476_11221010.jpg
f0056476_11222511.jpg
f0056476_11223524.jpg
コンニャクダイエット…無理。
帰りにマックに寄ってしまった。



















by machikogunji | 2017-10-02 11:23 | ロードトリップ | Comments(0)
ちょろりと小豆島。
f0056476_22303979.jpg
知り合いご夫婦と、ちょろりと小豆島。
雨模様だったが、レンタカーだったので大丈夫。
草壁の醤油屋さん訪問。
これが実に楽しかった。
今回は、有名処2軒だったが、
島には20軒余の醤油屋さんがあるらしい。
ちょくちょく醤油屋巡り、してみたいなぁ。
f0056476_22341644.jpg
昔の醤油瓶が、ポップ過ぎるぜ。

f0056476_22363894.jpg
アドバタイジング、素敵すぎ。
f0056476_22402455.jpg
醤油袋の染まり具合がこれまた素敵。
f0056476_22413764.jpg
醤油豆ソフト、ごちそうになりました。
意外に、濃厚なキャラメル味ってかんじ。



f0056476_22390696.jpg
こちらでは、ばっちり醤油の説明と味見をさせてもらった。
コシノジュンコブランドの醤油にはおったまげ。
f0056476_22394402.jpg
ロゴ、いいね。
f0056476_23005569.jpg
ランチはここ。
f0056476_22400233.jpg

あー、知ってる、ここ、大先輩によるブランディング。
とってもお洒落やのぉ。

海沿いを車で走っていると、
距離感が、なんかスタテンアイランドに似てる気がした。
後日、調べてみたら、小豆島の面積153km²、
スタテンアイランド152km²。
へぇ、ほぼ同サイズだったのね。

次回は、醤油屋の続き、素麺屋で手延べってるところ見たいなぁ。
かどやの胡麻油工場、ものすごく気になるし。













by machikogunji | 2017-09-25 23:43 | ロードトリップ | Comments(0)
雨のこんぴら @神椿
f0056476_00153729.jpg
足を延ばして琴平まで。
資生堂がやってる「神椿」で夫婦でケーキなんぞを。
こういうパターン久しぶり。
まるで仲睦まじい夫婦みたいだ(笑)


f0056476_00182761.jpg
素敵ですよねぇ、ここのタイル。


f0056476_00193002.jpg
雨の森も、

f0056476_00193965.jpg
雨雲のかかる山も、とってもすてき。
しっかし、ここ来る時、いつも雨なんだよな。

今年は、金比羅宮の奥書院の若冲の間、公開しなかったなぁ。
次、いつだろねぇ。
見たい。





by machikogunji | 2017-09-08 00:27 | ロードトリップ | Comments(0)
スダチ大人買い @勝浦町
f0056476_23155088.jpg
さぁ、思いっきりスダチの季節が来ましたよ。
ってーことで、徳島へGO。
f0056476_23165194.jpg
f0056476_23172090.jpg
どっちを向いてもスダチ、スダチ。
やっぱりハウスより路地もんが好きだな私。
一袋100円の世界、1箱500円の世界、大箱1000円の世界。
となると、買う個数の単位が変わってくる。
私2キロ、弟1キロ、母1キロ、母友1キロ。
今回は神山町じゃなくて、
大きな産直センターのある勝浦町へ行った。
年寄り2人を連れてなのでね。
今年もばっちりスダチ三昧ですわよ。










by machikogunji | 2017-09-07 23:24 | ロードトリップ | Comments(0)
まる長の鰻@徳島・松茂町
f0056476_23034334.jpg
徳島に行ったら、お昼は、こうなる。
うめ〜〜、まる長の鰻重。
国産、しかも徳島産の鰻だぜ。
11時開店なんだが、橋を渡り間違えて入店が遅れた。
11時半の時点で満員って……
どんだけ徳島の人は鰻を食べてるんだ。
予約してないけど、予約席に通してもらって待たずにすんだ。
そして、11時半ちょっと過ぎの時点で
特上売り切れって、
徳島の人は開店と同時に来てみんな特上頼むんかい。
なので、並になってしまったのが残念。
しかし、旨い、ここの鰻。



まる長の近くに「人形浄瑠璃芝居資料館」発見。
行って見た。
お人形素晴らしい。実際に手で動かすコーナーとかあって感激。
一度は、阿波浄瑠璃を見てみたいもんだ。




by machikogunji | 2017-09-07 23:13 | ロードトリップ | Comments(0)
うちぬきの水を汲む。
f0056476_22554049.jpg
f0056476_22555049.jpg
保国寺の帰り、伊予西条で「うちぬき」の水をタンク2つ分汲んで帰る。
日本名水百選に入るお水。
常に水不足の香川県民にとっては羨ましい限りだ。







by machikogunji | 2017-09-07 23:01 | ロードトリップ | Comments(0)
イサム・ノグチの足跡 @保国寺の庭
f0056476_18131372.jpg
翠波高原の後、行ってみたかったお寺の庭を見に行った。
伊予西条にある「保国寺」。
臨済宗(禅宗)のお寺だけあって、全てがすっきりとしている。
四国の田舎にひっそりと佇むお寺であるが、
上の写真は、木造仏通禅師坐像。
日本を代表する肖像彫刻の仏像で、
ボストン美術館でも展示されたことがあるそうだ。
f0056476_18132707.jpg
欄間。カッコいい洗練されたデザインだなぁ。
f0056476_18134514.jpg
こちらの欄間は、水の流れを現しているんだそうだ。
伊予西条には四国山地の石鎚山から流れくる「うちぬき」という名水がある。
日本の名水百選にも選ばれている水である。

f0056476_20535383.jpg

本堂は立派な茅葺き屋根。
お寺でこんな立派な茅葺きの屋根は珍しい。
平成に入って大修理で葺き替えたそうだ。
東北から職人さんが来て、
お寺にずっと泊まって葺き替えたとのこと。

本堂の裏に、素晴らしい庭園がある。
今日はぜひ、そこを見てみたいと訪れたんです。

f0056476_20531248.jpg
四国の庭園で最も古いお庭。
室町時代に造られた庭なのだそうだ。
青石をふんだんに使った石組みの庭。
迫力あります。
写真が下手過ぎて……伝わらない……けど。


ここでだ、私の興味をそそるのは、2人の人物
イサム・ノグチと重森三玲。
世界に誇るアーティストと日本を代表する造園家。
私にとってイサム・ノグチは、なんとなく身近な人なのである。
っていっても、親戚でも知り合いでもないんだけどね。
なんか縁があるのよね。
その1/私の実家から車で20分位の牟礼町に彼のアトリエがある。
その2/アメリカで長年住んでいたニューヨーク・アストリアのアパートから
歩いて15分の所にも彼のアトリエがあった。
その3/ニューヨークで長年働いていた五番街のビルの入口に
偶然にも彼の有名な水の流れる作品があり毎日見てた。
ってことで、イサム・ノグチの作品を
わざわざ遠方から見に行かなくても
なんだか常に、しかもアメリカにいた時も、
ずっと傍にあったんです。

で、自伝なんかも読んだり、
ニューヨークや日本にある彼の作品を見て回ったり、
縁の地を訪れたり、
ちょっと時間があったら、そんなことをちょくちょくしてた。

そのうち、「結構イサムノグチと同じ風景なんか見てるんだ私」とか
「へぇ、この道歩いてたんだ」とか
「あぁ、ここで同じように日本食食べて酒のんでたんだ」とか、
重なることがあったりして。
そして、最近、またその重なる部分をっていうか、
彼の足跡を追える地理的環境に加え、
「ここで彼はどう思ったんだろう」とか
心の中まで入っていきたくなってきたんです。
単なる追っかけかもしれないけど、
まぁ、こういうのもありだろうと。

f0056476_20554426.jpg
これ、彼の自伝本(講談社文庫/ドウス昌代著「宿命の越境者イサム・ノグチ」より)にあった写真、
先ほどの庭にイサムノグチが佇んでいらっしゃるじゃぁないですか。
で、西条まで行ったので、こりゃこのお庭をぜひ見なきゃと。

f0056476_22032929.jpg
こちらは去年の秋に訪れた、徳島の「国分寺」の庭。
これには度肝も抜かされました。すごい迫力。
なんか違うどこかの国、いや惑星に来ちゃったって気持ちになりました。

この2つのお庭は、イサムノグチが日本の芸術文化を学ぼうとしていた時期に
いろいろ手助けをしていた重森三玲が、彼を連れて来た所なんですね。
イサムノグチは、この庭を見て感銘し、
ランドスケープデザインを手がけるきっかけとなったそうです。
後に、パリのユネスコ本部に日本庭園を作っています。
石組みに使った青石は徳島の鮎喰川から採取して運んだそうだ。
それほどイサムノグチが影響を受けた庭、
この2つのお寺の庭だけでなく、四国にはまだまだたくさんあるんです。
この保国寺の傍に、もう一つ、イサムノグチと重森三玲が訪れた庭があると
お寺の奥さんが教えてくれたので、
今度また機会があったら行こうと思う。























by machikogunji | 2017-09-06 19:07 | ロードトリップ | Comments(0)
コスモスの始まり@翠波高原・四国中央市
f0056476_17515066.jpg
8月の終わり、まだ暑いのに母が
「コスモス見に行こう」というので呆けてしまったのかと思った。
で、弟の運転で、愛媛県の四国中央市の山間にある
翠波(すいは)高原にドライブに行ってきた。
平地との温度差、なんと10度もあるんだね。
すっかり秋になっていた。
f0056476_17521050.jpg
うわ〜〜〜、ほんま、コスモスが咲き始めてる〜〜。
感激。母は正しかったよ。
f0056476_17533274.jpg
母、ご満悦の写真。
やたらとどこでも俳句を詠むので、
次のところに移動するのに時間がかかる。
足がだいぶん弱ってきたので、
行けるうちにいろいろ行きたいところに連れていってあげたい。













by machikogunji | 2017-09-06 18:03 | ロードトリップ | Comments(0)
#5 土佐へ…。また来るぜよ。
f0056476_18140881.jpg
西土佐の久礼の大正町市場は、
相変わらず元気だった。
f0056476_18171733.jpg
大正町の海辺で泳ぐ鯉のぼり。

f0056476_18180921.jpg
また来るぜよ、土佐。
太平洋。

f0056476_18201922.jpg
おまけ。







by machikogunji | 2017-05-01 18:18 | ロードトリップ | Comments(0)
#4 土佐へ…。タタキ絶品。
f0056476_17544765.jpg
黒潮町で見つけた鰹のたたき専門店でお昼。
注文すると、おじさんが、どっかからカツオを1本持ってきて、
f0056476_17565981.jpg
おおきなテーブルでまず捌く。
冷凍じゃないよ、生だよ。
朝、揚がったやつだって。
f0056476_17582404.jpg
内蔵見たら鮮度がわかるよね。
私なんて横でにおいを嗅いだりしたけど、
OK、こりゃ鮮度抜群だわ。

今回、大発見。
普通カツオのタタキって、
藁を燃やしたものすごい炎の中にぶち込むイメージだったけど、
違うんだね。
おじさんはプロだ。カツオによって藁の量と時間を決めてた。
おじさん、このカツオには藁を軽く一握りのみ。
火を付けて、さっと炙って終わり。
ほんまにちょっとだ。
でも、炎はワッと大きくだ。

f0056476_18022695.jpg
厚く切って、岩塩をふりかけて、ニンニクのスライスと玉葱つけて、
はい、お待たせ。
め〜〜〜〜ちゃ〜〜〜く〜〜〜ちゃ〜〜〜
うま〜〜〜〜〜い。
ちなみにカツオの刺身も注文したが、
タタキには勝てないな。

あんだけちょびっと焼いただけだのに、
藁のスモーキーな香りといい、カツオ自体の味といい、
もうパーフェクト。
今まで、かなりカツオに関しては
旨いの食べてきたと思ってたが、
これ一番だった。ダントツ。

文句無し、旨かった。











by machikogunji | 2017-05-01 18:06 | ロードトリップ | Comments(0)