ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
カテゴリ:アジア( 142 )
冷蔵庫そうじ料理
f0056476_037113.jpg

今日はすべて「冷蔵庫の残り物」で料理する覚悟でキッチンに立ったのだ。
Let's go! サバイバル・クッキング!!!

●ニラのジャパン・パジャン
「ニラ」がヤバい! 月曜日に中華街で買っておいたにも関わらず、卵が1個しかなかったのでニラ玉を断念したまま放置していた。先がしおれてしまってる。まず1株1株きれいに掃除からスタート。ダメなところは捨てる。「無念。しょうがいない。もう取り返しがつかない。反省。」とブツブツ言いながら作業する。で、残ったきれいどころを1枚だけ残っていた「スモークのポークハム」と一緒にみじん切りにして、これまた一掴みだけ残っていた「お好み焼きの粉」を混ぜ、今週買うはずだったけど忘れていた 最後の卵1個も混ぜ込む。ここで、この前中華街で買っておいた「ねぎ油」「オイスターソース」が登場。オイスターソースで牡蠣の味を出し、歯ごたえはさっきのスモークポークハムでという魂胆だ。ごま油をあえて入れないで、ねぎ油にしてます。最後に入れる「コチジャン」の量で、たくさん入れると韓国風に、少しだけなら日本のお好み焼風に仕上がります。うちは少しだけ入れてジャパンにしました。

f0056476_0372177.jpg

●じゃがいも団子の「えん」風
f0056476_0374242.jpgグリニッジビレッジの日本にたくさん店を持っているお馴染みのレストラン「えん」のメニューにあった、そして食べておいしかった「じゃがいも団子」を、1個だけゴロンと残っていた「じゃがいも」と、お正月から冷凍庫に眠っていたカチカチの「お餅」、昨日の「ミートソース」ちょびっとで、再現してみたよん。中にミートソースをほんの少しだけ入れるのがグンジ家のコツです。うちにごはん食べに来る若者に人気の残りものメニューでたまに作ります。
まず、じゃがいもでマッシュポテトを作っておきます。この時、少々の油を加えて混ぜといてください。こうすると手にくっつかず、食感もなめらかになります。手のひらで丸めて広げて、まん中にちょっとだけミートソースを入れて団子にします。お餅は固くなってるので、あらかじめ水に漬けといて包丁で切れる程度に柔らかくしときます。これを賽の目に(けっこう小さめの方が後で楽)切って、さっきの団子の表面に押し付けるように張り付けていきます。全体にお餅が付いたら、軽く片栗粉か小麦粉をまぶしてたっぷりの油でやや高い温度で揚げます。中はすでに火が通ってるので、回りがキツネ色になったらOK。ネギの細切りをのせて、できあがり。このままでもおいしいけど、ちょっと凝りたい人は、麺用の出汁醤油に片栗粉を少し入れてトロミをつけた「あん」をかけてみてね。あんが外のお餅をモチモチさせ、中のじゃがいもまで滲みてねっとりとなめらかになって、すごくおいしくなりますよ。
by machikogunji | 2006-03-27 00:40 | アジア | Comments(0)
恐るべき「韓国黒米うどん」
f0056476_1455850.jpg
f0056476_149813.jpg去年の春、何してたっていうと、私は来る日も来る日も「韓国冷麺」を食べていた。ランチは、必ず冷麺。マンハッタンとフラッシングの大型コリアンマーケットで、ありとあらゆる冷麺を買ってきては試食。また、冷麺をやっている店に乗り込んでは食べまくった。こんなことにヘソクリを使い込んでいたのだ。まあ、この「冷麺」に関しては、5月頃にガンガン紹介しますね。

f0056476_1504331.jpg先週、コリアン街にカルビ肉の細切れを買いに行ったついでに、「そろそろ冷麺パック出始めてるかな」と麺類コーナーをチェックしたら、去年なかったパッケージが。しかも、力強い書体の漢字で「黒米」と書かれている。すかさず手が伸びさっそく購入(1パックに2ッ食分の麺と液体スープ入りで$5弱)。いさんでうちに帰って、韓国語のみのパッケージをシゲシゲと見てると、ハマグリの絵が。「んっ? これは冷麺ではなく、あったかい麺じゃん」。絵の書いた裏の作り方を見ると「できあがり図」に湯気マークが書かれている。さっそく、この前買った「韓国料理用語辞典」を取り出して、不明だったパッケージのハングル文字を調べてみたら、「手打ち式の黒米を混ぜ合わせたうどん」と判明。あちゃー、まちがえましたー。コレ、ちゃいます、冷麺と。シーーーット…。(日本の皆様へ:あえてスペルは書きませんが、この言葉は下町ニューヨーカーが何か失敗をした時に、独り言っぽく小さな声で吐く言葉です。日本でいう「チェッ」みたいなもんですな。)

さて試食です。思わぬ「発見」がありましたよ。ダンナと感動を分かち合いました。っていうのは、この麺、ルックスはどう見ても「蕎麦」です。色がそのまんま蕎麦色なんです。「2分茹でて冷水で洗え」と説明書きに忠実に実行。これは冷麺と同じ茹で時間です。日本の半生うどんはこんなに短い時間では無理です。かなりの粘りが出るのも冷麺と同じ。この粘りは、材料のスターチ(デンプン粉)のせいでしょう。2分後、流水で洗濯をするようにゴシゴシ洗いヌメリを取ります。まず、麺が切れるってことはありませんでしたよ。そのくらいの恐るべきコシを持ってます、こいつ。1本つまんで、ツルツルっと食べてみると……………

「なんだ、なんだ、この塩加減とコシの強さは!!!!」。本場のおっさんが作る手打ちのサヌキうどんにとっても近い塩加減なんです。かなり塩きついんですよ、本場のは。コシもすごいっす! これでもう少し麺に厚みがあれば、讃岐の人間はこのうどんを認めるでしょうな。すごく近いものがある。びっくりしました。

食べ方は、説明書に逆らい、まずは同封の液体スープを水でうすめて、残った白菜と糠漬けの大根で作った自家製即席キムチと、茹でキヌサヤ、コチジャンで、冷たい冷たい「グンジ家今年初の冷麺」でいきました。おおーっ、なんとくなく黒米の風味も感じます。もう1つは、日本っぽく、イリコ出汁としょうゆ、みりんで作った讃岐うどん用付けタレで、冷やしうどんで食べてみました。これはお薦めです。この黒米うどん自体の味とコシが楽しめますよ。この黒米うどん、韓国で流行ってるのかなあ。私の麺リストに「恐るべき韓国黒米うどん」として入れときます。
by machikogunji | 2006-03-13 02:51 | アジア | Comments(1)