ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
カテゴリ:中華( 196 )
もも肉のチリソース&冷や奴てんこ盛り
f0056476_0173174.jpg

オーガニックの鶏の足、2本で2ドル弱。今日の買い物はコレだけ。後はあるもので、出たこと勝負の料理。鶏はおろして、骨と皮はスープにして、後でチリソ−スに使う。身は塩、コショー、刻みにんにく、しょうゆで揉んで浸けておく。今日はパン粉の代わりの「ライスパウダー」に、水の代わりの「ビール」を入れて衣を作り揚げてみたら、大成功。こりゃいけます。とっても、サクッとカラッと揚がりました。一度試してみてね。余ったビール飲みながら料理できるし。
さて、本日のポイントは「タレ」にあり。大量のネギのみじん切りが入っています。かなり大量ですよ。あとはショウガもガーリックもみじん切りが入ってます。最初この3つを軽く炒めていい匂いがしてきたら、ケチャップ、酢、砂糖、醤油、塩、豆板醤、さっき作っておいた鶏のスープ、これらを混ぜてひと煮立ちさせて、揚げた鶏にからめました。市販のチリソースよりもパンチがきいてて、切れのいい味。ちょっと豆板醤を多めに入れて辛めにしました。私はもうこれとゴハンだけで充分です。
f0056476_0174679.jpg

中華街のいつもの豆腐(3つで1ドル)に何も手を加えず、今日は冷や奴で。そのかわり、ドーンと薬味をてんこ盛りに載せました。茹でキャベツと大根の漬け物の千切り、天かす、薄焼き卵、チャーシュー(先週作ったローストビーフを醤油漬けにしといた)、手作り紅しょうが、そしてネギとゴマ。醤油をぐるりっとかけて食べます。賑やかな豆腐です。本当は今日、ひと足早い「冷し中華」を作ろうと、日系マーケットに行ったんだけど、「中華三昧」も「島田屋」もまだ売ってなかったので、豆腐で代用してしまっただけの料理なんだけどね。
by machikogunji | 2006-03-30 00:18 | 中華 | Comments(0)
ピンクの炒めもの「紫ヒユナ」
f0056476_14291880.jpg

昨日は「象の行進」で遅くまで起きてたので、本日ボーッとなっている。寝不足はお肌に悪いなんてのは、若いうち。今は「寝不足は寿命を縮める」ってくらい、翌日ガタがくるんです。で、今日は集中力に欠けボーッとしてたら、あらあら、もう夕飯を作る時間になってしまいました。
今日は3品。まずは、「紫ヒユナ」のにんにく炒め・揚げ豆腐入り。昨日は緑のヒユナを使ったんだけど、今日は紫です。この観葉植物のような葉っぱを油で炒めると、ほーら、こんなにどピンクのジュースが出てきます。なんかキッチュな炒めものでしょ。食卓に「ピンク」の一品ってのも、たまには刺激があっていいなあ。色の割には、さっぱりした味です。
f0056476_14293398.jpg

お次は、チャイナタウンのいつもの5ドルの剥き身の瓶詰めオイスターで、しょうゆバター炒めにした。旦那の酒のつまみに、2個だけをさっと茹でて冷まし、本場徳島県の鳴門のワカメ養殖場まで行って買ってきた若布(わかめ)と一緒にポン酢で和えた冷菜・牡蠣と若布のボン酢和え。オイスターは生じゃぁ、ちょっと自信がないので湯通しにしたのよね。
f0056476_14405572.jpg

あとは、蓮根のきんぴらです。これもチャイナタウン産の蓮根です。これは私の大好物。1人でほぼ食べてしまいました。パリパリって音が、食後も頭に残るほど食べました。パリパリッ、パリパリッ。最後は御飯食べずに、またざる蕎麦です。
by machikogunji | 2006-03-23 14:46 | 中華 | Comments(0)
「ヤンチャオ炒飯」と「エッグプラント・サラダ」
f0056476_11504059.jpg

そんなこんなで、一日中、本読んでたので、夕飯おおいに手抜きになってしまいました。冷蔵庫にあるものをいろいろ混ぜた「ヤンチャオ(五目)・フライドライス」と、ナスを炒めて酢じょうゆで和えた「エッグプラント・サラダ」です。このサラダはユニオン・スクエアにある「リパブリック」の前菜メニューのパクリです。なんでもないけどおいしいよ。
by machikogunji | 2006-03-07 04:52 | 中華 | Comments(0)
ブランチは「ミニミニ・上海バーガー」
f0056476_8512483.jpg

昨日は、ちょっとすごい魚をお見せしちゃったので、今日はメロウな雰囲気でいきますね。今日はとっても寒かったけど、陽射しはだんだん春に向かってる。この季節になると、なんだかうれしい気持ちになるのは、生き物としての本能なんだろうな。と、動物学をどっかの学校で学んだ訳ではないが、主婦的には、八百屋にアーティチョークが並び始めたり、中華街の青菜の先に小さな花のツボミがついていたり、花屋に梅の花が飾ってあったり……日常の風景から感じます。そんなこんなで、週末のブランチも、スープやお粥から、「ちょっとかわいらしいもんでも食べてみっか」と作ったのが……

ミニミニ・上海バーガー
中国は上海スタイルの蒸しパン「荷葉巻」を使った、フワフワのバーガーです。これはチャイナタウンのどこのスーパーの冷凍品コーナーにも売っている、北京ダックを食べる時に挟むパンです。子供の手のひらサイズがかわいい! 普通、冷凍で売ってます。お皿にそのまま並べて、上から湿らせたペーパータオルをかぶせ、電子レンジで1分ぐらい(うちの場合は)で、フカフカに戻ります。やり過ぎるとカチカチになってしまうので、気をつけてね。その中に、挽肉(豚でも牛でも鶏でもなんでもOK)に塩・コショー(かくし味にしょうゆを少々)して、卵を1個を入れて、ユルユルにこねます。フライパンに多めに油を敷き、スプーンで挽肉を取り、そっと中に落として形を丸く整えます。中火で焦げ目がつくように両面を焼き、肉から出た油がけっこうたまってきたら、それを捨てて、今度はカリッとなるように焼きます。そしてしょうゆと砂糖(あればミリン)を入れて照焼き風にからめます。温めたパンに野菜を敷いて肉を挟んでできあがり。私はモスバーガー風に、マヨネーズを少し塗るのが好みです。見た目もかわいいでしょ。味もおいしいよ。
中に挟むのはこれに限りません。なんだっていいんです。残り物でじゅうぶん。ハムとチーズでもいいし、野菜炒めでもいいし、ジャムだっていい。いろいろ挟んで楽しんでね。
by machikogunji | 2006-02-19 08:41 | 中華 | Comments(1)
オイスター焼そば
f0056476_1544785.jpg

食材が尽き、今日チャイナタウンへ買い出しに行った。週末の雪で道はびちょびちょ。雪を避けて道の端を歩くと、軒先からの雪溶けの水がボタボタ。交差点は水溜まりでドボドボ。街はまだ正月の続きで人はぐじゃぐじゃ。魚屋の前のぬかるみのすえた匂い、肉の生臭い匂い、できたての甘い菓子の匂い。すべての匂いが混ざり合って、この街だけの匂いが生まれる。それは私の触手をおおいに刺激する。なんちゃって、ハードボイルドか、ゆで卵かって感じだねぇ。

さてさて…………。
私のチャイナタウンでの買い物にはいくつかのルールがある。
まずは、何も考えず、うちの毎日の食事で必要不可欠なモノを買う。重くても買う。重い方が余計なモノを買わなくて安上がりになる。その食材は、大根、青モノ(チンゲン菜などの中国菜やニラ)、白菜、立派な生姜、魚のすり身、鶏の挽肉か牛肉のスライス。これらは家の近所では手に入りにくいので、必ず買うことにしている。買うものが決まってると、料理もあまり考えこまなくていい。そして、それらを買ってからアディショナルのモノを買うようにすること。アディショナルのモノとは、その日その日の目新しい新鮮な魚貝類(魚の他、海老、アサリ、ミル貝、オイスター等)や、未だ荷物に余裕があったら食パンの切ってないのを1斤(だって1ドルなんだもん。でも柔らかいから必ずパンを入れられるしっかりしたペーパーバックを持参しておくこと)、果物 等。

2つめのルールは、空腹で買い物をしないこと。家で御飯を食べてから行くか、チャイナタウンでラーメンなんかを食べて小腹を満たしておく。お腹がすいて買い物をすると、ついつい余計なものを買ってしまうから。

この2つを守ると、とっても無駄がなくなりますよ。スーパーマーケットに行っても同じことがいえてる。

f0056476_14154442.jpg今日の夕飯は「オイスター」。カキフライやバター焼きは定番メニューだけど、今日は冷蔵庫にネギと焼そばが1つ残ってたので、「オイスター焼そば」。
材料は、ビン詰めのオイスター(写真)。これは今の時期はどこの魚屋にも売っている。だいたいミディアムサイズで10〜12個入りで5ドルちょっと。「生のオイスターなんて怖くてぇー」なんて心配しなくても大丈夫よ。身はすごく綺麗だし、養殖モノだからへんな菌は入ってないよ。生で食べるには勇気がいるけど、火を通せばぜーんぜん問題ない優秀な食品です。これでカキフライ作るとでっかくて食べ応えします。うちの定番です。あと、材料は既製の焼そば(日本食料品店で売ってる冷凍のモノ)、青ネギ、ウースターソース、塩少々。これをゆっくり炒めて、程よい頃に焼そばに付いている粉末ソースを全体に振り、ウースターソースと塩で味加減して、ハイ、できあがり。ものの5分でできちゃいますよ。酒のつまみに合い過ぎて困ってしまう焼そばだよん。
by machikogunji | 2006-02-15 14:19 | 中華 | Comments(1)
とってもいい子の「たけのこ白菜」
f0056476_17474099.jpg

1月29日、チャイニーズ・ニュー・イヤー。
1週間前ぐらいから、ニューヨークの中華街も正月準備のチャイニーズ達のお買い物で、普段の夕方でもすごく混んでいるのに、それにも増して、湧いてくるような人の数。私は正月よりも、この正月前の盛り上がり、はっきり言って大好きです。モット・ストリートの八百屋には上野のアメ横に負けない、素晴らしく通るダミ声のバカぼんのお父さんに良く似たおやじが2名おり、「ネエチャン,安いで安いで」のノリで客引きをしてくれるので、ついついその美声にツラれて余分な野菜を買ってしまい、帰りに大変なことになるのだ。

さて、この冬のシーズン美味しいくて安いのは、「白菜」だ。日本と同じ丸い白菜はだいたい年中売っているけど、「津菜(ちんちょい)」、「津白(ちんぱい)」と呼ばれるとっても細長ーい、白い部分の多い白菜はこの季節に出回る。日本では「たけのこ白菜」と言うらしいな。普通の白菜よりも葉がしまっていて、鍋にしても煮くずれないのがいいところ。そして何が一番いいかっていうと、買い物袋にスッと縦に納まってくれること。中華街に買い物に来た時は、恐るべき荷物の量になるので、ゴロゴロしたものは始末が悪いのだ。その点、こいつぁー、とってもいい奴です。先の青い葉っぱの部分がカーリーヘアのように広がらず、まるでストレートパーマをかけたように、しかも、スレンダーな体はまっすぐに背筋を伸ばして「すいません。ちょっと詰めていただけますウ。みなさんの御迷惑にならないように、私は隅っこの席でけっこうですから」と言ってるみたいに買い物袋に納まってくれるのだ。冷蔵庫に入れても同じこと、ナイスな子はうちに帰ってもナイスなのよね。

こんな素敵な彼女にクルクルッと巻かれるのは、これまたお行儀のいい「くくり糸こんにゃく君」とほどよい粘りでみんなをプルンと包み込む「フィッシュ・ペースト(魚のすり身)君」。3人揃ったところでお料理開始。

●包丁を使わないでできる「たけのこ白菜鍋」
f0056476_1750038.jpg
 
材料の購入先は、この前お話したチャイナタウンはモット・ストリートの「徳昌スーパー」と向かい側にある八百屋です。八百屋では「たけのこ白菜」を買う。季節的なものなので、注意して見てればこの白菜けっこう売ってるよ。

f0056476_17545598.jpgf0056476_17583558.jpg徳昌スーパーでは、写真の「フィッシュペースト(肉と魚売り場の間で量り売りで売ってますよー。私はいつもパウンド2.99ドルのものを小さなパックに入れてもらいます。)」と、「くくり糸こんにゃく(すでにくくったもの12個くらいが1パックになって、野菜売り場の一番奥の豆腐コーナーに置いてます)」を買ってくださいーい。作り方は「こんなのでいいの」っていうくらい簡単。まず、白菜を1枚ずつばらしてお湯でさっと茹でて水切りし、葉っぱの部分の方から、フィッシュペースト(あらかじめ3分ぐらいグイグイ混ぜておくと仕上がりがふんわりするよ)とくくり糸こんにゃくを入れて縦にくるくる巻く。2枚目の葉っぱを用意して、今度は横に巻く。糸こんがすでにくくってあるから、ほーら横からはみださないでしょ。しかも、白菜の白い部分が多いからピシッと巻けるでしょ。最後の留めは、爪楊枝を使わず、乾麺のスパゲティーを使って刺して留めると便利だよーん。ちょっとくらい折れてもだいじょーぶ。煮た時ふやけてこれがはずれないのだ。巻いたら、鍋に並べて水をヒタヒタに入れ、中火で煮てできあがり。このフィッシュペーストは、かなりしょっぱいので、塩で味付けしないで巻いた方がいいですよ。かなりしょっぱいよ。煮ることによって、その塩分がほどよく汁に出てきてちょうどいい感じになります。

f0056476_18623.jpgこれをポン酢で食べるのもいいけど、ちょっと中華海鮮鍋っぽくしたい人は、もうひとっ走り、キャナルストリートを越えて、モット・ストリートを南下してってください。ハーゲンダッツのあるコーナーに来たら、西に曲がると(Bayard Street)すぐ、「潮州」って看板が見えるので(店名は「NEW BO KY」、そこに入ってレジで、「おたくのラー油(ホット・オイルで通じます)くださーい」と、カウンターの座敷き猫のような女主人に言ってみてね。石垣島のラ−油に決して負けない、この店オリジナルのものを分けてくれます。よそでは買えません。たしか4ドルぐらいだったと思う。いつもラーメン食べた後で一緒に買うのでちょっと正確な金額忘れちまいました。このラー油に生卵を混ぜて、ねぎのみじん切りをたっぷり入れたタレで「すき焼き風」に食べると、これまたイケます。冬のチャイナタウンならではの家庭の鍋でした。
by machikogunji | 2006-01-30 18:00 | 中華 | Comments(0)