ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
どっちやねん?サーモントラウトの謎。
f0056476_140837.jpg

ここ2週間「鱒(マス)」について調べていたら、「サーモントラウト」って名の魚が日本で出回っているということを知った。ヘンテコな名前である。直訳すると「サケマス」。実はこの魚「ニジマス」の一種なんだそうだ。ニジマスは普通淡水の魚。これを品種改良して海で養殖(海面養殖というやり方)しているのが、このサーモントラウト。なので、「サケマス」と言うよりか、「サケのようなマス」と言った方が適切なんだろうな。
先日、日系スーパーの冷凍庫に、この「サーモントラウト」のかす漬というのが並んでいたので、味の方はどんなもんかと初めて買ってみた。かす漬自体の味がどうこういうのは置いといて、魚の身の味は、確かに「マス」だった。

この「サーモントラウトのかす漬け」と一緒に、友人が秋田から持って帰ってくれた「姫筍(自家製缶詰めにしたもの)」も網で焼いた。山で採ってきたものを、すぐに掃除して軽く水煮にして缶に詰めてるので、シャキシャキ感は抜群だった。

f0056476_14401152.jpg

このお刺身は、先程の「サーモントラウト」に対抗して「アトランティック・サーモン」。こちらは、とっても脂ノリノリでコッテリしている。
さぁ、どっちが美味しいかって? 私はアトランティック・サーモンかしらん。
f0056476_14431321.jpg

サーモンのお刺身の横には、マグロの中とろ。うれしいことに自然の赤さ。この前「冷凍マグロの赤色が嘘っぽい」と書いた際、ある方からコメントをいただいた。あれは、冷凍にしても鮮度を保つために一酸化炭素処理をしているからだそうだ。裏を返せば時間が経っても発色が良く、新鮮そうに見えるってことだ。日本ではこの処理は禁止されているそうだが、アメリカでは法律にひっかからないらしい。

うーん、魚は人間の口に入るまで、いろいろと手が加えられているんだなと、なんかお勉強になったわん。
by machikogunji | 2008-07-19 14:55 | 和食 | Comments(0)
<< バターフィッシュの南蛮漬け 海鮮丼で、また逢う日まで。 >>