ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
原子力潜水艦ノーチラス号の厨房
f0056476_8273579.jpg

ここは海の中。
世界初の原子力潜水艦「ノーチラス号」のキッチン。
シェフは蝋人形です。ちょっと恐いです、顔が。
パンもここで焼いてたようです。
f0056476_8303448.jpg

シェフの後ろ側のオーブンもグリルも非常に充実したすばらしいキッチン。
この潜水艦ができた当時(1954年)、ここで乗船員が食べる食事が、アメリカ海軍の中で一番上等だったそうだ。
海底……、そうよね、食べることだけよね、楽しみは。
いったいどんなものを食べていたのか、メニューを見てみましょう。



f0056476_837305.jpg

世界初の原子力潜水艦ノーチラス号。原子力というのがいいのか悪いのかは私にはわからないが、この潜水艦は氷海を潜航して北極点に到達したことで有名なんだそうだ。

海の中に潜って人が生活するためには、酸素と食べ物が絶対に必要なわけだが、確かにこの2つってーのが潜水艦を造る上で非常に重要であり、問題点でもあったらしい。

艦内は狭い。ペイペイの水兵さん達の寝台ベッドなんていうのはびっくりするほど狭くて低い。一番下なんて横になってやっとの高さで、鼻の先はもう天井。また、艦内はすごく暑かったようだ。みんな上半身裸の写真ばっかだったもんなぁ。模型の人間もやっぱり裸だった。

狭い船内は急なはしご階段と通路が迷路のように入り組んでいた。105人の乗船員達の腹を充たすにはかなりの食糧が持ち込まなくてはいけない。足りないからといってどうこうならないのが潜水艦。なので、かなりのスペースを食糧貯蔵に使っていたようだ。

私が艦内で一番人間らしく感じたのは、食堂だった。そこだけが船員達が唯一リラックスできる場所だったようだ。小さいながらもダイニングテーブルと椅子がセットされ、自然の光が窓から差し込めば、ちょっとしたカフェテラスのようだ。いつでもコーヒーと赤はチェリーかな、緑はメロンかな、清涼飲料水が飲めるようになっていた。厳しい任務の後、ここへ来て、コーヒーの香りにホッとしたんだろうな、みんな。

この食堂と、もう一部屋別に士官級のお偉方が使った特別食堂がある。ここはとても豪華だ。銀食器に揃いのダイニングウェア。ここには私が想像していたよりもあるかに立派な食事がされていた。
f0056476_12202878.jpg

貼り出されていた当時のメニューは御覧の通り。ブレックファースト、ランチ、ディナーの献立が実に丁寧に書かれている。夕食を以下に書き出しながら、いろんなことを考えた。この狭い厨房からこれだけの料理を毎日作っていたんだなぁ。かなり腕のあるシェフじゃなきゃこうはいかなかっただろうなぁ。気がついたことは、パンはちゃーんと焼いてたんだってこと。サラダのドレッシングとポテトの調理の仕方に工夫してたんだなってこと、魚料理が6日間のメニューではどこにも見られず肉中心だったこと。食品冷凍技術がまだ進んでいなかったために長期の魚の保存が難しかったからなのかな。
それにしてもごちそうである。海中でこれだけの食事を作ったってことは、それほどに任務も過酷で、酸素も限られた中で過ごすため病気や不安定な気持ちの人も多かったことだろうから、健康のバランスを考え、また精神安定にも「食事の楽しいひととき」を大切にしていたんじゃないかな。

このノーチラス号、コネチカット州グロトンのアメリカ海軍潜水艦隊博物館 (US Navy Submarine Force Museum)で乗船見学することができます。


★夕食1
フライドチキン
スノーフレークポテトのクリーミーチーズグレイビーがけ
バタードミックスベジタブルのクランベリーソース添え
ガーデンサラダ w/ドレッシング
ホットデニッシュロール
ライス・プディングw/レモンソース

★夕食2
ベイクド・ラザーニア
イタリアンガーリックブレッド
バタード・ブリュッセル・スプラウト
シェフズ・サラダw/ドレッシング
グリルドパルメジャンチーズ
パンプキンパイw/ホイップクリーム

★夕食3
スタッフドベルペッパ−
リヨネ−ズポテトw/トマトソース
バタードカリフラワー
グリーンサラダw/ドレッシング
アイスチェリーケ−キ
コーヒー、ティー、ミルク

★夕食4
ポークチョップ・メキシカーナ
フレンチポテトw/ナチュラルソース
オブリエン・コーン
コールスローサラダ
ホットディナーロール
ココナッツ・カスタードパイ

★夕食5
ベイクドスピナッチ・ミートローフw/クリームドトマトグレ−ビー
ホームフライドポテト
季節のグリーンサラダ
ホットデイナーロール
アイスクリーム

★夕食6
グリルドステーキ(焼き具合はお好みで)
ホテル・ベイクドポテト
ソテード・マッシュルーム&オニオン
バタード・ブロッコリー
グリルド・ビーンズ
ブレッド&バター
ピーチソルベ
by machikogunji | 2008-06-02 13:04 | 行ってきたゾ! | Comments(1)
Commented by おおにし at 2009-03-22 13:49 x
マレーシアで洋食屋をやっています お客さんとの会話の中で 潜水艦の話になり職業柄 どれくらいのキッチンで賄いしていたのかが気になりグルグッていたらHitしてお邪魔しました
キッチンはガスを使ってるんでしょうか 電熱なんでしょか?
見た限りでいいので教えてください 
潜水艦内で火を使ったら酸素もったいないし
すごい疑問なんです
<< 第3の冷麺「延吉冷麺」 105年ものハンバーガーの品格(2) >>