ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
おとぅちゃんの朝定食
f0056476_22514837.jpg

朝8時。このところ、私としては思いきった「台所の大改装」をしているんだが、料理教室があったり、釣りに行ったりという勝手に忙しい毎日なので、なかなか進まず、もうやり始めて3週間が経つ。昨日、グラスを納める棚作りを旦那の助けを得てやっと形だけできた。ハードウエアショップ、ホームデポ、ペンキ屋、いろいろ1人で回ってみたものの、あぁ、情けない、ちんぷんかんぷんだった。だいぶん勉強にはなり、どこにどういうものが売っているかだけは学んだけど、いっこうに棚が作れないのをずーっと端で見ていた旦那が、ついに動いてくれたのだ。1時間で思った通りの棚ができた。あとは色を塗り、波ガラスをオーダーして戸を付ければいい。ここだけは自分の力でやろうと思っている。

そんなこんなで、昨日は2人で木を買いに行ったり、必要なものを探しに行ったりで、せっかくの旦那の初日の休みを大工仕事で潰してしまったお礼といっちゃなんだが、朝ごはんは彼の食べたいものを作ってあげることにした。うちは2人とも「食べもんを作る」という仕事のため、朝からいろいろ味見が多いため、朝はコーヒーもしくは、軽いものしか食べないようにしている。その方がうちらには合っている。いいことか悪いことかは別として、それがうちの朝のリズムなのだ、今は。なので、たまーっに作るきちんとした朝ごはんは新鮮である。夕飯作りよりも楽しく気合いも入るってもんだ。

今日は定番「湯豆腐」と「納豆」「厚焼き卵」「鮭塩焼き」「ごはん」である。
湯豆腐は昆布出汁で少し味をつけている。豆腐以外は何も入れないストレートなもの。これを湯豆腐用のおチビな卓上コンロに乗せ、あっためながらチビチビと食べるのである。朝から時代劇「梅安」のビデオを見ながらの湯豆腐とくるわけだ。お江戸モードな食卓なのである、朝から。
f0056476_239503.jpg

豆腐以外はお膳に並べる。
鮭は昨晩、塩と日本酒に漬けて臭みを取って寝かせておいたものを、再度塩を振ってパリッと時間を長めに焼いてある。
厚焼き卵は「甘めなんだけど、甘過ぎず、出汁が効いていて、ちょっと塩味も感じる味」というリクエストが出ていたので、その通りの味に焼いた(つもり)。
f0056476_233410100.jpg

旦那にとって朝ごはんで絶対欠かすことのできない「納豆」は、今日は生イカの細切りを加えて「イカ納豆」に。卵の黄身、葱、辛子、醤油、塩をセットする。旦那は自分の混ぜた納豆が一番美味しいと思っているので、私はセットだけして、自分で好きなだけ混ぜてもらうことにしている。卵は黄身のみ、まず納豆に塩を入れて泡が出るまでしっかりと混ぜるというのが鉄則。私の混ぜようは足りないらしい。はい、どうぞ自分の好きなようにお混ぜくださいませな。

これらを肴に、二合徳利のお酒を呑んで、最後にごはん、そしてお茶。まぁ、ざっと2時間は食べてます。私はその間、こうやってブログを書いたり読書をしたりしながら静かに「お手拭き持って来て」とか「醤油が足りない」とかいうヤボ用を承るために控えています。このように、旦那の休みの日は、私の自由時間は潰れていくのであります。うちはまるまる休みが週に1回なので、まっ、このようなサービスはたまにだからできますが、これが連続休暇となると、初日はなんとかいきますが、その後はもちろんぶち切れます。そして、旦那にごはんを作っていただいてます。洗い物も。
by machikogunji | 2007-11-08 23:21 | 和食 | Comments(8)
Commented by Moko at 2007-11-09 00:29 x
まるで旅館でのお食事みたいですね!
今度はお泊りセットを持参でお伺いしたいです。
鮭塩焼、、美味しそう・・・。あ、もちろん、先日の牡蠣フライもっ♪
Commented by hitomi at 2007-11-09 03:27 x
いつもながら美味しそう!! 朝ごはんってのが余計に痺れます。(笑)
しかし、やっぱマチコさんでも連休2日目から持て余すって知ってホッとしましたよ。  と言っても、私はマチコサンみたいな素晴らしい持て成しもしてあげてないけど。。。  ん? じゃあ何で切れるんだ??? 墓穴掘りましたね。(笑)
Commented by amy at 2007-11-09 16:41 x
マチコさん初めまして◎いつも勉強させてもらってますっ!
アメリカで生卵食べれるの知りませんでした↓↓この意味がちょっと分からないのでもう一度教えて頂けますか??
(卵はアメリカではAAと表示されたのが生でもOKってやつなので、生で食べる時はISE卵ってのを使っている)
AAと表示されたISE卵を買えばいいってことですかね??
Commented by machikogunji at 2007-11-10 08:52
amyさん&OBASANさん、
私の書き方が悪かった。生でOKっていう卵についての保証はAAでもありません。アメリカの規定では生で食べるということはありえないのでそれに相当する基準はないようです。私の回りでは、自家製マヨネーズを作っているアメリカ人もいるので、あれも生を使いますよね。今度聞いておきますね。サルモネラ菌のこともありますから、あえて生で食べて絶対OKということはないです。また生だからサルモネラ菌がいるということでもないようです。AAの表示は半熟ぐらいでも食べられるというものです。イセ卵では生産日の表示がされてあるので、新しいか古いかの判断ができます。それを生で食べるかどうかの判断は各個人ということになります。御自分です。リスクを背負ってまで生卵を食べる必要はないと思います。詳しくは、http://myfreshegg.com/に書いてあります。うちで料理教室をやっていますが、卵を火を通さずに使う場合は、食べるか食べないか、使うか使わないかは、各自の判断に任せており、その場合の卵も各自持参してもらってます。ちなみにうちは納豆も食べるし、すき焼きもするので、生卵は、生産日を確認した上で、自分達の判断で食べています。
Commented by obasan at 2007-11-10 11:28 x
先ほどはいきなりコメントをして失礼いたしました。 アメリカに何十年もいる者ですが、まちこさんとは10才以上年をとったオバサンです。 生卵を食することはご紹介のサイトにもありましたように、「ぜいったいに健康のリスク」だと知っていましたので申し上げました。 マヨネーズとかシーザーサラダなどを作るときはPasteurized eggs(殺菌卵)を使用するのです。 それとは別に、まちこさんのブログは写真もプロなみで、お料理はそれぞれとても美味しそうですね。 大変お勉強になります。またお邪魔させてくださいね。
Commented by machikogunji at 2007-11-10 13:28
obasan さん、大変勉強になりました。大先輩、まだまだアメリカのことを知らない私ですが、いろいろ試しておいしいもんを作っていきますので今後もいろいろ教えてください。Pasteurized eggをさっそく買って味見したいと思います。
Commented by トモコ at 2007-11-11 03:27 x
マチコさま
夢の朝定食!厚焼き卵とイカ納豆のあたり、クラクラきてしまいました。もう、ノック・アウトです。今朝旦那がもぐって大きなタトウグをとってきて、今晩はフィッシュ・タコだそーです。裏庭のストライパーの頭は風化して木の一部分みたくなっています。イガイガはガビガビになってしまいましたー。それをみた旦那の母が、「別れたオットがよく拾ってはローストしてたべてたわー」だそうです。ナラガンセット入り口のロータリーにある公園にもいくつか栗の木があるそうなので、いつか秋の日にポイント・ジュディスにでも行かれるきかいがあれば、イガイガ達とであえるかもしれませんね。
Commented by machikogunji at 2007-11-12 12:43
トモコさん、まいどっ。栗のイガ、すぼんでしまいましたか。すいませんね、取っておいていただいたのに。ブラックのフィッシュ.タコってのおいしそうですね。ぜひブログにのっけてください。それとストライパーの頭ににはぜひクリスマスのイルミネーションちかちか付けてくださいね。ナラガンセット行きてー。ポイント・ジュディス行きてぇー。栗の場所ありがとうございました。来年こそ、クランベリーの収穫風景と栗拾い、実現させます。けっこうずっと思ってる夢なんです、このセット。
<< イーストブロードウェー界隈(3) イカゲソでちょっと。 >>