ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
炊きたてご飯が主役の日
f0056476_12435994.jpg

うちは、毎晩晩酌組なので、ご飯はどっちかというと最後の仕上げ。おかずをいろいろ食べて、そして…最後にお茶とご飯…がパターンであるが、たまーに、いきなり「ごはんとおかず」という日がある。疲れていて、とっとと寝てしまいたい日がソレ。温かいものはナシかいな、と思われるかもしれないが、この豆腐、チャイタウンのストリート豆腐なんですが、できたてであったかいのよん。中国の豆腐はどうも水に浮かべて冷やすってことしないみたいですね。この豆腐もさらしを敷いた木箱に入っていて、それをひっくり返して、注文の都度、切り分けて売っている。だから濃厚な大豆の味と風味がするのかねぇ。
刺身はこれからますます美味しくなるシーバス。脂がかなり乗ってきている。
「北海珍味」は炊きたてご飯に最高の友。
by machikogunji | 2007-09-30 12:53 | 和食 | Comments(1)
Commented by 力の母さん at 2007-09-30 17:03 x
あ、それ、沖縄の豆腐と一緒。
日本文化よりも中国文化の影響が色濃い沖縄だからさぁ!

でっかい釜で手作りしている豆腐屋を取材したことあんだけど、木枠に入れて、あったかいまんま売りに行くわけ。水には入れません。

沖縄の場合、木枠に入れる前の段階のあつあつふわふわボロボロ状態のものも売り物にしてて、(ゆしどうふ、と言います。) これがまーんず美味。程よい塩加減。あちっあちっと言いながら、豆腐屋の小屋の軒先で食べる「ゆしどうふ」の美味さよーーーー!

まっちゃん、沖縄来たら行こーね。

あ、そういえば、石臼で大豆ひいて、すぐそばのビーチから海の水汲んできて混ぜて豆腐作るってのもやったことあるよー!
楽しいよー!美味いよー!
<< 細ヤンの鮪 レーズンサンド 一考 >>