ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
カトルフィッシュ
f0056476_11184225.jpg

イカの種類は世界で400種類以上いると言われている。それら分けると3つのグループに分けられる。食べられるイカはそのうちの10%ぐらいらしい。いつも私が食べたり、釣ったりしているのはヤリイカ科のヤリイカと検ケンサキイカ。一般的にスクイード(squid)と呼んでいるもの。今日料理に使ったのはコウイカ科のもので、日本では甲イカ、アメリカではカトルフィッシュcuttIe fish)と呼ぶ。どこが違うかっていうと、カトルフィッシュには、カトルボーン(cuttlebone)と呼ばれる固い白い大きめの甲が体の中にある。スクイードには、透明の柔らかいプラスチックのような骨がある。その違いだ。上の写真は、ほらっ、いつもと違うでしょ。カトルフィッシュです。

今日魚屋で買う時、魚屋の娘サンディーちゃんとまた一問答あった。「このイカはスクイードなの」と聞くと「違う」という。「じゃあ何?」と聞くと「魚だ。フィッシュだ」と言う。「違うだろ、こりゃどうみてもスクイードの仲間だろ」、「いや違う。だって名前がカトルフィッシュって言うんだもん。フィッシュだよ」と本気で言っている。「じゃぁ、足の数数えてごらんよ。魚とは違うでしょーが。ほら10本あるじゃんか」。しかし彼女はあくまでも「カトルフィッシュはフィッシュだ」と言い張る。日本じゃイカはイカ。でもこの国では甲イカは「カトルフィッシュ」。そして普通のイカは「スクイード」。言い方がまったく違うのよね。どっちもどっちで引き分けだな。

ギリシャ人はこのイカが好きなようで、みんなよく買っている。私はヤリイカに比べて2倍はするし、冷凍で入ってきているので、なんだか皮が気味が悪いのであんまり買わない。味は悪くないんだけどね。

今日は、中華風のイカの前菜を筋目を包丁で入れて作ろうと思っていたので、身の厚いカトルフィッシュをあえた買った。うーん、甲が入っていて食べれるところが少ないなぁ。しかも。掃除がしにくいなぁ。でも皮を剥いたら、真っ白な身がでてきた。真っ白だ。ヤリイカのように時間が経ってもあんまり赤くならないのねぇ、こいつは。
f0056476_11284912.jpg

さっと茹でて中華風タレをかけて食べると、うーんふんわりしていて味もいい。料理の用途によっちゃぁ、こっちもいいかもなぁ。
by machikogunji | 2007-09-05 11:30 | 中華 | Comments(4)
Commented by takumy at 2007-09-05 17:46 x
珍しくコウイカのお写真ですね。
今年も僕の釣り場ではシリヤケイカというコウイカの一種が良く釣れましたが食べ方にちょっと困りました。ケンサキのようにお刺身で美味しいわけでもなかったんです。
でもcuttIe fishがコウイカなのは知ってましたが甲はcuttleboneなんですね、しりませんでした。
魚屋さんはfishがつくかつかないかで魚かどうか分けてるならクラゲもお魚か。日本人なら硬骨魚類を一般的にお魚と呼ぶでしょうからちょっと違和感あります。
Commented by Y.S. at 2007-09-05 21:26 x
ご無沙汰しています。いつも読ませて戴いているんですが、くちばしを挟むところが無いので沈黙していました。
「Fish」と言えば魚、ということはアメリカでは通用しないように思います。
「ざりがに」を「Crayfish」とか、「Crawfish」とか呼びますが、あれは何処をどう見ても魚類ではありません。要するに知識のや馴染みの無い連中が、「水に棲息していれば魚」と勝手につけた名前だと思います。アメリカに限らず中国でもスッポンを「水魚」と呼びます。世界的に見ると、厳密に名前をつけている日本の方が少数派のようですね。

Commented by machikogunji at 2007-09-07 12:59 x
常磐の烏賊のtakumy さん、Y.S.さん、フィッシュ、そうですよね。ジェリーフィッシュにクロウフィッシュ、ありますよね。では、NYのブルックリンやブロンクス育ちの釣り野郎がNYらしいブラックジョークで教えてくれた、この類いのフィッシュがもう一つあります。ブルックリン(もしくはブロンクス)・ホワイト・フィッシュって奴です。夏によくビーチの近くで釣れるそうです。品のいい人はこの魚のことは知らないと思います。これを知っていればあなたもニューヨーカーの下町釣り師の仲間入りです。
です。
Commented by machikogunji at 2007-09-07 13:35 x
Y.S.さん、ぜひこれを機会にクチバシでつついてください。アメリカの魚の話をいろいろ皆様と展開していきとーございます。面白い話があったら教えてください。
<< 肉じゃが 晩夏のジャム子さんジャム >>