ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
韓国冷麺専門店@フラッシング
f0056476_541678.jpg

3年前の今頃、ひと夏お昼ご飯に冷麺を食べて過ごしたことがる。あの味にハマり、ありとあらゆる冷麺関係の品々を韓国系マーケットで買い求め、卵を茹で、きゅうりと梨を刻み、とっかえひっかえ麺とスープを変えて毎日食べた。気が済むまで食べまくったことがある。一応、どれがおいしいか、自分はどういう味が好きかは見極めたつもりだ。それから、ちょっと遠ざかっていたのだが、この前この店に行った際、お隣に韓国冷麺の専門店があることを発見。しかも行列をなしていた。見逃せない、やっぱり。

今日、私と同じくこの店をどうしても見逃すことのできなかったこの人(店の詳細やお味の詳しい分析はこの人のサイトで近いうち紹介してくれるはず)と炎天下の中、暑さを横切りながらお味を確かめに行った。ただ、おいしいだけじゃ、さすが真っ昼間、フラッシングまで電車に揺られて行く気はしない。しかし、その店にはオチがあるのだ。



そのオチとは、食後にヤクルトをくれるのだ。厳密に言うと韓国系の疑似ヤクルトなんだけど、形も味もそっくり。この店は、一般の韓国レストランのデザート「オレンジ」もしくは「シッケ」もしくは「伝票とガム」というお約束を度返しし、「ヤクルト」を出すという噂を聞き付けていたのだ。冷麺の後のヤクルト、この絶妙の組み合わせをぜひ試してみたくって、行ってきた。
f0056476_5402718.jpg

ロングアイランド鉄道のフラッシングの次の駅「Murray Hill 駅前」にあるこのお店、なんて読むのかはわからないが、どうも韓国に本店があるらしい。メニューには30種類を超える冷麺が、麺の種類によってズズズズーッと羅列されている。あと、うどん「カルグクス」と大豆をすりつぶした豆乳に麺を入れた「コングクス」もあるわん。すごい、すごい。とりあえず、一番人気だという葛粉を混ぜた麺のビビンネンミョン(汁なし冷麺)、緑色(たぶん緑豆かヨモギか)の少し太めでコシがあってツルッとなめらかな咽ごしのムルネンミョン(汁冷麺)を頼んでみた。
さすが、冷麺専門店だ。焼肉屋で仕方なく付いてくる冷麺とは気合いが違う。とてもツボを押さえているなぁ。きちんと丁寧に作っている。おいしかったです。

そして、食べ終わり、ヤクルトを待っていたのだが、あれっ、なかなか出てこない。勘定済んでるのに出て行かずキョロキョロする私達を、ウエイトレスのおばさんが「どったの」という顔をして見ている。「あのぉ、ヤクルト……」と言うと、「あらっ、はいはいヤクルトね。今隣のフロアを工事していてバタバタしてるんで、落ち着くまで出してないのよね。」エェェェエエ〜〜〜〜、という物凄い驚き方をうちらがしたので、おばさんアセって、「ちょ、ちょっと待って。い、今持ってくるからぁ」。あるなら出せよ。とは言わないが、そのくらい楽しみにしていたので、その気迫が伝わり、無事ヤクルトを飲んで満足して店を後にした。

もう一つ、この店の特筆すべきことは、「スッカラがない」ということ。普通、ニューヨークの韓国系レストランに行くと、お箸と一緒に必ずついてくる銀色の柄の長いスプーン、あれがスッカラなのだが、どこの座席にもないんです。韓国は、ごはんもこのスッカラで、スープもこのスッカラですくって食べるし、レストランでも、このスッカラで汁をすくいながら食べているのが普通。ないってことは、日本でラーメンを食べる時みたいに直接容器に口をつけてずずずずーっといくしかない。「すんません。ここでは冷麺のスープどうやって飲むの?」と尋ねたら、ウエイトレスのおばさん、ドンブリをかかえて口に当て、ググーッと体をのけぞらせて「直接、器に口つけてこうやって飲むのよ」とゼスチャーをしてくれた。あぁ、いいんだ、そうやって。なんだ、なんだ。
この汁の飲み方、ニューヨークの日本レストラン以外ではめったに見ないし、やらない光景なんで、なんかものすごくほっとした。
by machikogunji | 2007-08-01 06:28 | 外ごはん | Comments(2)
Commented by at 2007-09-21 21:21 x
はじめまして。フラッシングの韓国冷麺専門店に是非行きたいと思ってますが名前とか住所を教えていただけませんか?僕もいろんな冷麺を買ってトライしました。全部ハングルで読めなかったので最初は煮すぎたりしてとても食べれないなんて事もありました。ここには是非行きたいです。教えて下さい。よろしくお願い致します。
Commented by machikogunji at 2007-09-22 07:55
貴さん、この店の名前、ハングルだけなので私も読めません。まず、ロングアイランド鉄道のMurray Hill 駅を探してください。住所は「149St. & Roosevelt Ave.角」にレトロな韓国居酒屋があります(名前ハングルで不明)。その並びです。行けばわかります。入り口に冷麺がおいしいという表彰状が貼ってあります。この界隈には冷麺を置く店が夢のごとくたくさんあります。フラッシングでも一番のレアな韓国レストランエリアです。ノーザンブルバードを走るバスで行けます。地下鉄フラッシング駅から歩くとちょっと遠いよ。
<< 鰻の笹めし/きんぴら牛蒡 タコ問答 >>