ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
水飯(すいはん)
f0056476_8365412.jpg

ずっと前から気になっていた「ご飯の食べ方」。うちでは春夏秋冬、毎日、麦茶を煎じてマグナムサイズのワインボトルに入れて、冷蔵庫で冷やしているのだが、この季節、お昼ごはんに、この冷たいお茶を冷えたごはんにかけて、「冷たいお茶漬け」をすすることがある。これは、私のかなりの大好物なのだが、なんか哀れげな食べ方(冷や飯=壁の中の懲りない面々系、古いよな)なので、あまり人に言うこともなく、独りでこっそりと食べていた。
ところが、ところがである。あるタイレストランに行った時、そこのシェフが「タイには王様の料理に、冷たいジャスミンライスに冷たい水をかけて食べるカオチェーってものがある」と。え〜〜〜っ、なんと今おっしゃいました!?ほんまでっか。それから、私の「「冷たいお茶漬け」は、ジャスミンライスにジャスミンティーと幅が広がった。そして、そしてです、日本にもあったんですね、こういう食べ方。「水飯」と書いて「すいはん」と読むらしい。かなり昔の藤原氏の時代からあったみたいで、源氏物語にも出てくるって本当っすか。気高い歴史の方々も、私と一緒の飯の喰い方してたんですかい。おそれ入谷のおそれ入谷の鬼子母神だよ。ぜんぜん哀れな食べ方じゃなかったのね。

これを今日お昼作っていただきました。しかも、一番うまいという食べ方で、炊きたてのご飯をザルに入れ、冷たい流水でヌメリをとって冷たくし、質の良い水をかけてザザザッと食べる。私は、ちょっとタイ王朝風に冷え冷えのジャスミン・ウーロン茶をかけて食べただよ。たくわんと、秋田のカンジロウさん(ご近所さん加川君のおとっつぁん)が漬けた年代もんの胡瓜の醤油漬けを刻み、金胡麻をふりかけて和えた「けっこう手間のかかったお漬けもん」と一緒に。

これっ、最高っすよ。あえて炊き立てを冷水で洗うなんて、ちょっとカッコよすぎるわん。「冬のあったかお茶漬け」の裏版「夏の水飯」、洒落た食べ物だ。今度はぜひニューヨーク州のサラトガの美味しい水を用意して食べてみたいもんだ。
by machikogunji | 2007-07-28 09:01 | 旬・季節もの | Comments(1)
Commented by えっちゃん at 2007-07-28 10:57 x
こんにちは。。。実は私も夏に冷たいお茶漬けするのが大好物でした。。日本では夏というと必ず、ご飯の上にしゃけとのっけて、冷蔵庫にある麦茶をかけてたべていたのですか、、よく麦茶としゃけって合うよなーなんて思いながら食べておりました。。友達とかにいうと冷たいお茶でお茶漬けるつの?って笑われたので、誰にも言わなかったのですが、Blogを読んでmachikoさんも好きなのだと、とても嬉しくなりコメントさせていただきました。。
これからもまたBlog楽しみに読ませていただきますのでどうぞ宜しくお願いします。
<< ヒラメのフライ・カレーソース 赤梅酢の代わりに(NYで梅干し... >>