ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
浪花喰いしぐれ
f0056476_1683927.jpg

ここの名物である肉うどんのうどん抜き「肉吸い」は偉大なるお笑い芸人・花紀京(エンタツ&アチャコのエンタツさんの次男で、私は熱烈なファンです)さんが二日酔いの時に考案したメニューということ。肉吸い豆腐入りというのは、花紀京さんと一時漫才コンビを組んでいたこともある、あの奥目の八ちゃんこと、故・岡八朗さん(「くっさー」「えげつなー」「隙があったらかかってこんかい!」というギャグ言葉の生みの親)が考案したんだって。吉本新喜劇では、この「肉吸い」を全国区の食べもんに普及させるごとくがんばっていると、千日前の道具屋筋にある相互商会の御主人さんが話してくれたよ。肉うどん、ええダシ出てました。
ちなみに東京の蕎麦屋では、天麩羅蕎麦の蕎麦抜きを「天抜き」って言う。かなりの蕎麦通の食べ方がある。東京の「粋」、大阪の「二日酔い」。
f0056476_1692998.jpg

しゅうまい、も一度食べたい。ここのは小麦粉の皮の代わりに卵焼きで包んである。明治軒は創業80年の老舗洋食屋。ここのオムライスと「北極星」という店のオムライスっで大阪人は二分されるらしい。大阪がオムライス発祥の地だということを今頃知ったよ。
f0056476_16123898.jpg

今回の案内人・桜井さんこと「すんみょさん」が子供の頃、休みの日に父上に連れられてデパートに行った後、必ず寄ったというフランス料理屋さん。まるで迷路のような路地にあった。当時、父上はいつもちっちゃい娘に「ここのデミグラスソースは帝国ホテルとここにしかない一流の石炭ストーブで作るんやで」と自慢気に言いながらご飯を食べていたそうです。そのストーブは60年間、今も使われているそうです。そんな彼女の思い出の詰まったマルヨシを覗きに行った。感慨深気に店の前に立つ桜井さんであった。
f0056476_16135124.jpg

1泊と1日半だけの今回の大阪の旅、さすがに食いしん坊でも食べれる・飲める量は知れている。たこ焼き・お好み焼きは次回に回し、今回は「餃子」で勝負をかけてみた。マルヨシを覗いた後(その前に、通天閣、ジャンジャン横丁、飛田新地を廻る)は、またまた別の路地に侵入し、餃子の「ミンミン」へ。何軒か支店があるそうだが、この場所のミンミンが一番ディープなノリを醸し出しているということで、あえて選んだロケーション。うわっ、濃いわ、この路地。生ビール&餃子の黄金のコンビで。おぉ、旨い。ペロリだった。正体不明のおばはん2人が、あっと言う間にジョッキ片手に餃子をたいらげる光景は、さぞ無気味であっただろうよ。桜井さんが、「ミンミンの餃子食べたら、大阪・王将の餃子も食べなアカンで」ということで、その後、心斎橋の王将に生ビール・餃子のはしご。学生時代、東京で「王将」には世話になったが、あれは「京都・王将」だそうで、「大阪・王将」とは別だそうだ。知らなんだ。王将へのこだわり、感じましたん。私はミンミンの方が好きだったかな。その後、「百均」でお買い物。客層のインターナショナルさに、ちょっとホッとしたのは海外生活が長くなってしまった副産物。そして、深夜、大型インターネットカフェ「アップル」を社会見学。ここで寝泊まりしている若者がたくさんいることに驚いた。飲み物タダ、シャワー有り、インスタント食品あり、もちろんコンピュータあり、個室あり。そんなカフェに、夜中に洗濯ものをかかえて洗濯しに来たおばさんがいたのには、もっと度胆を抜かれた。いやぁ、よく食べた、よく歩いた。
桜井さん、素敵なコテコテ大阪食べもんツアーをありがとう。
by machikogunji | 2007-06-04 16:15 | 行ってきたゾ! | Comments(5)
Commented by なおと at 2007-06-04 19:34 x
時差ぼけ継続中ですかぁ?お疲れ様でした。おみや、有難う御座いました。アドレス、いれときますね。飲みすぎ注意!
Commented at 2007-06-04 19:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by martiniflats at 2007-06-04 22:22 x
千とせ、私もここのファンです! 特に大阪、難波の雰囲気がいい。
ところでまっちゃん、時差ぼけですか? 肉うどんから肉抜いたら素うどんになってしまいますがな…。すんません、変なとこつついて…。
Commented by KIKI at 2007-06-05 05:36 x
まちこさん!
ありゃー、先回りされたー!てな感じの浪花喰いしぐれコースです。笑
私も来月辿って回ります。
Commented at 2007-06-05 22:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< おいしい玉葱で。 うどんプレリュード/キュウリの... >>