ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
うどん&うどん
f0056476_18304349.jpg

四国・高松にうどん里帰りをしてきたわけではないが、うどんは毎日食べてきた。というか、家でほぼ毎日、お昼か朝に食べるので、食べないわけにはいかないのだ。讃岐うどんが全国的にブームになったようだが、私はすでに高松にはいないので、ちょっとそんなうどんがもてはやされることに困惑した。だってうどんは私にとって、インド人にとってのカレーのような存在ですから。この前、「UDON」という映画をニューヨークで見た時、映画の出来栄は置いといて、「編集長が宇高連絡船の甲板のうどん」について語っていたところには、ちょっとじんわりきた。まさにその通りだったよ、あの語りは。なかなかソウルフルだったわん。地元でなきゃわからんセリフだったよ。

今回、もちろん、うどん買ってきました。うちの旦那さんが結婚後「讃岐うどんファン」になったので、おみやげです。
では、今回私が持ち帰ったうどんは、スーパーで買えるもの。うどん専門店に行かずとも、高松では、どこのスーパーにも生うどんはあるのだぁ。パッケージは凝ってませんが割安、家で食べるには充分だ。何かというと…
f0056476_21415911.jpg

一つは、いつもお決まりの「さぬきうどん本舗・富田屋」の生・包丁切りうどん。最近、通販でも売っているところはあるみたいだが、うちの実家付近では香川県庁の横の生協でしか見かけない「隠れた名うどん」。母のイチ押しだ。麺は細いのと太いのの2種類、私は個人的に細いのが好きです。食べ易い。細いけどコシはかなりあります。昔より茹で時間が短縮されたような気がするんですがねぇ、どうなんでしょ。一緒に付いてくる液体の「うどん出汁」が、かなり甘めなので、ちょちょっとうちの味に直している。
もう一つは、これまた、最近母が気に入っているうどんで、香川県を中心にたくさん店鋪のある「マルヨシセンター」という食品スーパーのオリジナル生うどん。ちょっと値段が高めだが、試してみる価値はおおいにありそうなんで、棚にあるだけ購入。ただでさえ、重いトランクの荷物がうどんのおかげで一段とずっしりしてしまったわい。陶器なんかの割れ物のクッション代わりにうどんを敷き詰めるのが私流の梱包の仕方とは、自慢にならないか。

私のうどんの食べ方は、生醤油がけか、お出汁とネギだけのぶっかけ、またはザルうどん。これが一番うどんの味、コシ、艶がわかる食べ方だと思っている。
by machikogunji | 2007-06-01 18:47 | 行ってきたゾ! | Comments(1)
Commented at 2007-06-03 02:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< おこぜの刺身@寿し竹 ヨシダ家の食卓 >>