ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
牛肉の目利き・初ユッケ
f0056476_13115959.jpg

すごい肉屋を紹介してもらった。あるんだね、こういうの、フラッシングには。奥が深過ぎる、この街。マンハッタンじゃ難しいだろうね。やはり、生肉を食べる人達の多いエリアじゃなきゃ、こういう店はないと思う。老舗だが、知名度は高くないらしい。しかし、素晴らしい肉屋であった。どの肉を見ても恐ろしくきちんと処理がされていた。隙がない。品数は多くないが、確実な肉だけを売っている。この感じならたぶんあるんじゃないかと、「ユッケにできる肉はあるか」と店頭には並んでいないユッケ肉のことを尋ねたら、「ありますよ。今切っている最中ですよ。」と丁寧なご主人が持って来てくれた。やっぱりあったよ、ここには。あぁ、なんてきれいな肉なんだろう。この肉は、切った後にすぐレストランに納めるユッケ用だと言う。さっそく分けてもらう。安い。これだけの品質でこの値段は高くない。自らの目利きで、初めていっさい生で食べる牛肉を買った。

うちの旦那さんは牛肉に関してはプロである。この前作った「牛刺し」も、普通のマーケットで売っているステーキ肉を見て「このサシの部分は刺身でいける」と判断して買って来て作ってくれた次第。お薦めの店は「フェアウェイ・ハーレム店の肉売り場のフィレミニヨン丸ごと」だ。値段と品質のバランスがいいらしい。「どういいの」という質問に、一度丸ごと買っておろして説明してくれたことがある。その時の印象は、「あーんなでっかい牛で牛刺しにできる部分ってこれっぽっちなんだ」ということだった。もちろん全部ぺろりと食べたよ。本当にちょっとしかないのよね。フィレの中のシャトーブリアンって部分は。

今日ほど旦那さんのお帰りを待ちわびた事はなかったなぁ。帰ってきたら、さっそく今日買った肉(フランク/内股の部分)を「どうよ、コレ」と見せてみた。「おぅ、きれいじゃん。でも食べてみなきゃよくわからん」と言うので、「ではユッケで食べてもらいます」と私。何も返事がないってことは、「ユッケでこの肉は食べられるよ」ということ。それがうちのツーとカーです。よく切れる包丁で生肉を細かくし、けっこうな量の胡麻油と塩を入れて混ぜ、醤油ちょっととコチジャンも加えてもう一度混ぜ込む。皿に梨の千切りを敷いて、肉を盛りつけ、生卵の黄身をポトンと落とし、さぁ食べましょ。
f0056476_13401580.jpg

うめぇ〜〜。お肉のおかげです。旦那さん「これは旨くていい肉だよ」とのお言葉。家でユッケが食べられるとは思ってなかっただけに、感慨ひとしお。早く肉の目利きも魚同様にできるようになりたいもんだ。一歩前進。
by machikogunji | 2007-01-15 13:44 | アジア | Comments(3)
Commented by すっとこ猫 at 2007-01-15 23:30 x
ななななんと今度はユッケですか~。目はぐるぐる廻りおなかはぎゅるぎゅる鳴ってきとります。罪なサイトです!責任とって欲しい!責任者出てこい!ぎゅるるぐぅぅぅ。
Commented by めめめ at 2007-01-16 09:16 x
ユッケなんて日本で食べて以来です…! 懐かしい…
こっちの韓国焼肉でもあるんですか?
あってもちょっと衛生面が心配な気もするけれど…
今度おうちに食べに行きます^^(笑)
Commented by machikogunji at 2007-01-16 13:56
めめめちゃん、今度めめめのおとうちゃんにこの肉渡しときますんで、食べてみてね。目からウロコでっせ。
<< まだまだわかっていない牛肉 NY冬編・自分流麻辣醤で海鮮火鍋 >>