ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
カマキリな海老「蝦蛄(しゃこ)」
f0056476_1331713.jpg

今日はまたしてフラッシングに。目的は「韓国の手打ちうどん」と「サムゲタン」しか置いてない渋い食堂へ昼ごはんを食べにです。とってもおいしかったんですが、あまりにも慌てて家を出たためカメラを忘れてしまった。なので、また次の機会に紹介します。とりあえず場所はノーザンブルバード沿いの警察署の横にある「アリラン」です。超家庭的で旨いっす。
さて、その帰り、夕飯の買い物をと、久々に香港マーケットに行ってみました。見るのは魚売り場。とりあえずよくうちの食卓に登場するオイスターの瓶詰を買おうと覗いていたら、あらっ、珍しい、こんな甲殻類が売ってました。ご存知? これ見て一発でわかる人は少ないかも。
f0056476_1333347.jpg

これが彼らの生の顔です。カマキリです。いや違います、アメリカでは海のカマキリと呼ばれている蝦蛄(しゃこ)です。そう、江戸前のネタには外すことのできないシャコです。
マンティス・シュリンプ (Mantis Shrimp) 、日本語に直訳するとカマキリエビちゃんでございます。中国人もこれ食べるんですね。たぶん唐揚げでしょう。イタリア人も食べるらしいです。でも世界的規模で見てもあんまり食べる国は少ないみたいですね。
言わせてもらいます。このシャコ、私の子供の頃の「おやつ」だったんです。他の家で子供達がプリンやケーキを食べている時、うちはシャコだったんです。週末ともなると祖父の家に親戚一同が集まり、15人ぐらいで夕飯を食べてたんですが、その夕飯前にこのシャコがデーンとおやつ替わりに出てきてました。すごい数だったのを覚えています。ばあさんが釜で茹でたシャコを女衆が全員シャコ用のはさみを持ち、殻をチョキチョキ切って身を出していってました。おばさんや母に混じって私もチョキチョキ。両側の殻をはさみで切ったら今度は表と裏の殻をベロンと上手に剥きます。それをどんどんお皿に放り込んでいきます。そして山盛りのシャコの殻取りが終えた後、食卓に運び、おじさんや父と一緒に大人はビール、子供はサイダーでこのシャコを酢醤油で食べるんです。その光景は40年経った今でもしっかり覚えてるのよね。「時をかける少女」ならぬ、「シャコを剥く少女」だったのよね、私。
そんな少女時代を過ごしたため、どこかでシャコを見かけたからにゃぁ、殻を剥きたい衝動にかられる私、もちろん出会うと必ず買って茹でて食べます、ニューヨークだろうがどこであろうが。本日もパウンド6.99ドルもするのに思わず衝動買い、でも少ししかなかったので4ドルで済みましたが。家に着くなり塩茹で開始。
f0056476_1335536.jpg

ほれ、湯だっていい色になったシャコ写真です。昔と同じようにはさみで頭としっぽを落とし、殻の両側を切り取り、剥く。ちょっと締まりのないシャコだったのでへたくそな剥き方になってしまったけど、懐かしい味がしたわん。旦那には前菜用に取っといて、あとは立ったまま茹でたて剥き立てをつまみ食い。うーんうめぇ。
f0056476_134153.jpg

旦那さん帰宅後、「ちょっと今日は珍しいもんがあるよ」とじらして刺身皿を見せたらびっくりしてました。魚通の旦那さんですが、生のシャコの茹でたては食べた事無かったらしく、感激して食べてましたねぇ。そっかー、東京育ちと瀬戸内育ちの違い、こういう時に出るんですよねぇ。もっとたくさん売ってたら、もっと豪快に茹でたんだけどなぁ。また生シャコに出会える日を楽しみにしてます。
by machikogunji | 2006-11-20 13:33 | 旬・季節もの | Comments(10)
Commented by martiniflats at 2006-11-20 15:41 x
カマキリエビって、すごいネーミング。いいな〜。
昔、瀬戸内海に行くと蝦蛄、食べてましたよ、私も。おやつにするほど食ったことはありませんが。
イタリア、ベニスでは(11月頃)市場だけでなくバーカロと呼ばれる立ち飲み屋のカウンターにはどこもシャコの塩ゆでいっぱいありましたよ。
そのまんま、殻剥いて食べてましたよ。何もソースなんてなかったような…。
パリのマルシェにも並んでました。どこでもね、塩ゆでが一番。でもね、パリのエビの塩ゆでって、塩がきついっていうのか…で、おいしいんですよ。これって海の塩分違うの?
でも、NYにもあるんだ、シャコ。うれしいな。いつか食べたいな。
Commented by takumy at 2006-11-20 18:11 x
こんにちは。シャコの殻って身にくいこんでてムキずらいですよね。
僕は今年シャコを1匹も釣ってないです。いつもなら穴子を狙ってるとオマケとして必ず釣れるのに今年はゼロ。東京湾では激減してるニュースを見たような見ないような…
Commented by Hanna at 2006-11-20 23:25 x
こんにちは。いつも楽しみに拝見しています。
私の母は広島は福山出身で、私も福山で生まれました。小さい時に祖父と鞆の浦へ海水浴に行った帰りに、港のお店で生や茹で立てのシャコを買ったことを思い出しました。殻をむくときに指先を痛めて、もう剥きたくないけどシャコは食べたい!といつも思いました。

NYでシャコが食べられるなんてかなり驚きました。日本人でもおすし屋さんのネタに並んでいるあのシャコが、殻付だとこういう形をしているって知らない方がいらっしゃるのでは?

うーん。思いっきり瀬戸内モードになってきました。
雑魚テンとかギザミとか・・・

Commented by れい at 2006-11-21 10:36 x
シャコ 美味しいですよね^^ ざる一杯茹でたものを必死で殻を剥いてマヨネーズで食べてました。 
Commented by Sora at 2006-11-22 00:34 x
アメリカでお寿司のねた以外にしゃこが買えるなんて感激です! 私もしゃこで育ったったといっても過言ではないほどのしゃこ好きで、ベニスの市場で発見した時は狂気してしまいました。 カノ-チェと呼ばれていると聞いて、それからはレストランに行く度にかノーチェありますか?と聞いてました(笑)。 ところで、ここのコメントからすると、しゃこって瀬戸内海のものなのですかね? 私も広島出身なので。 うちの母は切干大根と一緒にちょっとおしょうゆとみりんで味付けして茹でていたのですが、塩味もいいですね! 
Commented by machi gunji at 2006-11-23 11:36 x
Soraさん、しゃこはたまーに魚屋に出たのは見た事あったんですが、今回のは全く日本のシャコのサイズだったんで買ってみました。瀬戸内にたくさんいるみたいです。瀬戸内の子はみんなシャコ食べて大きくなったのね。
Commented by machi gunji at 2006-11-23 11:41 x
Hannaさん、シャコに反応して瀬戸内出身者が集まってきてうれしいです。雑魚テンってーのはどんなお魚なんだろう。ギザミはうちの方ではガザミと言ってました。渡り蟹(ブルークロウ・クラブ)のことだよね。
Commented by machi gunji at 2006-11-23 11:44 x
martiniflats さん、イタリアのバルでシャコなんておっしゃれーですぅ。あぁ山盛り食べたくなってきた。明日はうちは「たらば蟹大会」です。今度2人でバナナのように皮剥きながら50センチくらいある足の丸かじりしましょう。
Commented by machi gunji at 2006-11-23 11:47 x
takumyさん、なんか日本のニュースで大量のさんまが北海道かどっかの海岸に打ち上げられてる映像を見ましたが、takumyさんが釣ったのもその影響なんですか。津波とかには気をつけて夜遊びしてくださいね。
Commented by martiniflats at 2006-11-23 13:00 x
まちこさん、ベニスのバーカロはバルというおしゃれな感じではなく、ほんまの薄汚れた感じの(でもマジで年季はいってる)立ち飲みやなんです。おしゃれとはいえないあの感じ、私の一番の好みです。まちこさんがまじに居酒屋する前に、ぜひとも体験していただきたい、と思ってます。
タラバ蟹、あ〜ごいっしょしたい〜。ぜひぜひ。
<< 海のオイスターと山のオイスター... ブタ生姜焼は大根おろしと共に。 >>