ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
★日本でやっとやる気になった
「DE_DE」もよろしく!



◆釣り日記
★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
お気に入りブログ
主役は高松直送「讃岐うどん」
f0056476_11255337.jpg

四国は高松の中学、高校の同級生「シノチ」とニューヨークで28年ぶりに再会。変わっちょらん。太っとらん。しのちの旦那さんを差し置いて、もう若かれし頃の話に花が咲きまくりもくり。久々にレアな高松弁「メンメハ、メンメデ、ショールンヤ」を聞いた。これ判る人何人いるでしょう。「自分のことは自分でやっている」の意味です。英語よりはるかに難しいでしょう。
そのシノチが、グンジ家が贔屓にしている「うどん」と「鎌田のだし醤油」をわざわざ重いのに持ってきてくれた。この「うどん」、高松でもかなりマイナーなうどんメーカーなんですが、太すぎずコシがすごくあってまちがいなく旨いんです。富田屋ってところのうどんなんですが、「うどんブーム」で取り沙汰されてるコストパフォーマンス的なものとはちょっと違い、本場高松でも「生協」でしか売っていない隠れた逸品です。このうどんのパッケージの中に入っている「液体出汁」はちょっと甘過ぎるので、もらった鎌田のだし醤油(日本で主婦のお取り寄せグルメでいつもトップクラスをいく名品。)をベースに、ちょっと本格的なだし(いりこ入り)を作った。お昼は、冷しで、夜はネギと天かすだけのあったかい素うどんで食べたけど、あぁ、やっぱり本場もんはおいしいねぇ。カトキチの冷凍うどんも捨てがたいと思ってたけど、本物食べるとやっぱり違ったな。シノチ、ありがとうよ。

f0056476_11431913.jpg

主役がうどんなんで、脇役は巻き寿司にしてみた。実はバッテラも作ってるんだけど、明日食べます。しいたけ炊いて、卵焼き作って、箱庭のミツバ茹でて、ほうれん草も茹でて、クルッと巻きました。切り方が薄すぎたなぁ。残りのしいたけで細巻きもプラス。

f0056476_11591096.jpg

うどんと巻き寿司だけじゃぁ、昼ごはんっぽいので、高松風焼き鳥もこしらえた。どこが高松風かと言ったら、蒼ネギ使わないで玉ねぎ使うところ。高松どこでもってんじゃないけど、うちの贔屓にしていた商店街の老舗焼き鳥屋「半助」ってところは、玉葱なんだよね。今日は、塩味にしたんだけど、私はこの店のタレが大好きで、高松に帰る毎に、そこの店のタレを分けてもらってニューヨークまで持って帰っています。そして、その秘蔵のタレを使うごとに新しい自分で作ったタレを足していく。「半助」の味がニューヨークでも生きてるわけです。
by machikogunji | 2006-08-17 11:54 | 和食 | Comments(4)
Commented by martiniflats at 2006-08-17 12:53 x
やっぱりぐんじ家も「鎌田のだし醤油」だったんですね。もちろん地元高松ですもんね。うちもNYにいながら10年来の愛用品です。これがないと、大変困る働く主婦。最近アメリカから取り寄せしてます、私。
Commented by martiniflats at 2006-08-17 12:57 x
あ〜、讃岐うどん、おいしそ〜。これを書き込むのを忘れてました。
Commented by シノチ at 2006-08-20 23:40 x
まっちゃん、楽しかった。ホンマありがとう。
ほんの少しの時間だったけど濃ぉーい時間が過ごせました。
昔とちっとも変わらない元気印のまっちゃんで、なんだかホッとしたよ。
高松に帰ってきてすぐこのさぬきうどんの、しかも素うどんを
見せられた日にゃアナタ!速攻うどん屋へ走りましたよ。
うどん食べてこれまたホッとしたしだいです。
次回逢う時はぜひ高松でネ!
あ、それからウチの旦那もすごく楽しかったって。
Commented by machikogunji at 2006-08-23 00:32 x
シノチ、もう本当に楽しかったよ、再会 with 旦那さん。うどん、あと1パック。いつ食べようかと夫婦で悩んでます。釣った魚料理に鎌田の醤油も大活躍です。やっぱ、違うよね。うどんに関しては御涙もんです。
ユースケ・サンタマリア主演、監督は「踊る大走査線」の本広監督の最新作映画「UDON」が、8月26日(土)より全国ロードショーらしいけど期待してます。高松とNYの接点がうどんの映画なのね。ぜひ見たいです。
<< プリンができたよ。 イカ丸焼きサラダ付 >>