ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
鯛ラバの道(その1)@瀬戸大橋
f0056476_15595289.jpg

ここで一回やってみたかった〜〜〜〜〜。実現、めっちゃ嬉しい。釣れなくてもいいわ、瀬戸大橋の下に来れただけでも……と、最初は謙虚な気持ちで、鯛ラバスタート。
f0056476_162818.jpg

この日の船長「てっちゃん」は、この橋の下の主みたいな青年。底がどんなになってるか、どの時期にどこに魚がいるか全部お見通し。なんで釣り船業をやらないのかわからない。まぁ、こうしてプライベートで乗せてもらうのが友達としてはいいんですがね。
橋の下、けっこううるさい。四国・本州を結ぶJRのマリンライナーが30分毎に橋を渡るんです。ものすごい音。車も結構な量で走ってるし。
f0056476_161327.jpg

鯛が散る〜〜〜〜〜〜〜〜っ。って、思うのは私だけかしらん。
初めての鯛ラバ釣り。いろいろ教えてもらう。………ようわからん、底に錘を落としてすぐ揚げるタイミング。一定の早さで巻き上げるテクニック。魚が来ても決してあせらず同じ速度で糸を巻き上げる……なんて、激情型で喜怒哀楽の激しい私としては………難し過ぎ。アメリカで釣ってた鯛は二通りあって、マイアミ辺りにいたレッドスナッパーなんかは、ずーっと底に落としといて、あたりが来たらガンッと合わせて釣り上げるってーのと、ニューヨーク辺りのポーギーと呼ばれる鯛は、当たったか当たらないかの瞬時に合わせるという釣り方、どちらも「合わせる」わけです。そういう釣り方を二十数年していた私にとって、鯛ラバの釣り方は…………おもろない………の一言かも。
鯛ラバはハマる人と嫌いという人にきれいに分かれるらしい。しかし、今日一回目では、まぁどちらとも判断できる段階でないのはわかっている。途中で自分の好きな釣り方に変えてヘラヘラしていた時間もあったけど、今日はまずその「鯛ラバの面白さを知る」ために来たので、下手ながらその釣り方を繰り返してみた。
「釣れたら判るよその面白さが」と言われてみるものの、私以外の3人は釣るよね〜〜どんどん。………楽しそうよね〜〜やつら。………私には来ない。巻き上げのテンポが一定じゃないと指摘を受ける。
むかつく(笑い)………なるほど、もっとリラックスしてやるとテンポがよくなるかなぁ。ロッドの持ち方も変えてみよう。…………もう午後になっちゃったよ。みんな釣れてるのに。あたりすら来ないじゃないか。
私が釣れないので、みんな心配してくれてるし。海老ラバに変更。活きた海老つけて仕切り直し。……愚痴るぞ、このやろう………と、その時、
f0056476_1618464.jpg

ギャハ〜〜〜〜〜〜ッ、あたり来ました〜〜〜〜っ、やっと。気持ち落ち着かせてあせらないあせらない、一定の早さでラインを巻き上げる。おっ、おっ、鯛の動きじゃぁ〜〜〜、久しぶり〜〜〜。
この写真、ラインを巻き上げているところ。この下に鯛、くっついてますけん。

f0056476_1622784.jpg

まぁまぁのサイズ。鯛釣りの方には「ふん」と鼻で笑われるサイズで失礼します。30センチぐらい。
あたしにとっちゃ、初めての瀬戸内海の鯛じゃ、これで良し。うれし。
その後、もう一匹、これより小さいサイズが釣れて、本日私は2匹だけ。

f0056476_16252817.jpg

キャプテンのてっちゃん、落とすと釣れるってど〜〜ゆ〜〜〜こと〜〜〜。うまいっ、実にここの海を知り尽くしてる。釣り船の船長がてっちゃんに「どこが釣れる」か聞くぐらいの腕前。今日も釣り船のぜんぜんいない場所で悠々と船流してポンポン釣ってたもんなぁ。

f0056476_16274668.jpg

手前が、私を釣りに誘ってくれるマトピー。彼は一番「鯛釣り」が好きというだけあって、今日は釣ったよねたくさん。めっちゃご機嫌。そりゃあんだけ釣れたらご機嫌にもなるだろう。

f0056476_16302421.jpg

3時に竿納。うわ〜〜〜、鯛、鯛、めでたい。この中の2匹に私が釣ったのもいると思ったら、それなりに満足度2ぐらい。

f0056476_1632245.jpg

鯛の他に釣れたお魚、こんな感じ。ええ型のアコウ、てっちゃんとマトピーがゲット。その他、カサゴ、グチ、アジ、ニベ。

手頃な値段の鯛ラバ用の竿とリール買おうっと。醍醐味が判るまで続けて練習するつもり。
覚えるよ、鯛ラバ釣り。
by machikogunji | 2017-07-04 16:39 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
<< 鯛ラバの道(その2)@豊島・小豆島沖 調子が戻ったぞ。 >>