ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
★日本でやっとやる気になった
「DE_DE」もよろしく!



◆釣り日記
★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
30年前に「おにぎり」を教えてくれた人
f0056476_23512422.jpg

うちでは、よく「おにぎり」を夕飯の最後に握ります。うちは、お酒を呑むので、最後に「ごはん」のパターンなんで、「おにぎり」で締めるってのが多いんです。
この「おにぎり」。料理の上手な人も、そうでない人も「おにぎり」だけは、心配しなくとも必ずやおばさんになるに連れ「いい味」が出るもんです。「おばさんの料理の王道」ですな。

昔は、「おにぎり屋」ってのがありましたよね。子供が食べるおにぎりではなく、お酒を呑んだ後の「ラーメン屋」的存在の、大人の行く店がありました。今でもあるのかなぁ。うちの田舎である香川県の高松には、「柿のたね」っていうおにぎり屋があって、従業員はみんなおばさん達。いろんな具の入った一口サイズのおにぎりをおばちゃんがにぎってくれてました。呑んだ後の深夜に食べるおにぎりは格別のおいしさだったなぁ。

中学校の頃、夏になると「キャンプ」があって、そこでみんなでおにぎりをにぎってご飯にしたことがありました。中学生の握るおにぎりですから、いろいろ。でかいのから、丸いのからいろいろです。その中で、すばらしいおにぎりがあったのを今でも覚えています。きれいな三角のやや小さめなおにぎりを握る友人がいて、私はものすごく感動しました。だんとつにこのお握りがおいしいんです。塩の具合もばっちり、堅さもばっちり。まるで大人のおにぎり名人が握るおにぎりのようでした。私はこのお握りを見て、食べて「おにぎり」に目覚めたんですね。うちに帰っておにぎり作りの大先輩・母からしっかり作り方を教わりました。このダントツにうまいおにぎりを握ったのは「松村典子」さんです。バスケット部にいた彼女は、とっても明朗活発な女の子でした。今、シドニーで暮していて、どこでどうなったのか、私のブログを見つけ、はるばるシドニーから応援してくれてるんです。彼女とは、もう30年会ってないのですが、このブログがきっかけとなって、お互い海外で生きているという同じシチュエーションでメイルのやり取りをたまにするようになりました。ブログの偉大さに感謝してます。
まさか私がおにぎりを握る度に松村さんのあの時のおにぎりを思い出しながら「ああいう風ににぎらなきゃ」と30年間思い続けてたことは知らないだろうな。どうですか、松村さん、上手におにぎり握れるようになったでしょ。
by machikogunji | 2006-07-10 00:17 | 和食 | Comments(2)
Commented by まっちゃん at 2006-07-10 12:11 x
そんな顔から火がでるほどはずかしくなることをおっしゃっちゃって。。。小腹がすくなぁってランチ直後に思わせる町子ちゃんのおにぎりをはじめあれこれの料理の数々いやぁ参考になります。。。。というわけで今週末はきっとスペアリブだな。
Commented by machikogunji at 2006-07-10 22:47
まっちゃんの顔から火が出ているのを想像してmす。はっはっはっ。読んでくれたのね。
<< 韓国夏の麺「コングクス」とおか... ヒラメの中華蒸し >>