ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
高松港探検・ノースベイ「ルーウィン」編。
f0056476_1450136.jpg

高松市北浜町 1-1。宇高国道フェリー乗船埠頭。瀬戸大橋ができて、廃れてしまった航路である。
51年間続いた航路。2012年の秋、運休となった。一応お休みってこと?いや、もうないだろうな。運休の期間はもう3年を過ぎてしまったもんな。
フェリー乗り場はそのまま残っている。廃墟化しつつある。
まぁいろいろ思い出はあります。JRの宇高連絡船(うこうれんらくせん)が泥臭かったのに比べ、この宇高国道フェリー(こちらはウコウじゃなくウタカコクドウフェリーと読みます)はお洒落だったよな。お洒落というより「近未来」って感じで輝いてました。
f0056476_15173519.jpg

f0056476_15174220.jpg

フェリー、英語ですから。しかし、日本語表記は「フェリー」ではなく「フエリー」で「エ」は大きいんです。もちろん高松の人はいまだにフェリーとは言いません。表記に正しく「フエリ」と言います。「フェリー」と呼ぶのは最近の人、年寄りは「フエリ」です。高松弁です!
この力強い書体がと赤いアルファベットがまさにアメリカって感じが今ながらします。バシッとFERRYですけん。近所に美味しいハンバーガーの店もあるし。店が狭くいつも混んでいるので、一層のこと、ここに移ったらどうかしらん。
f0056476_15281964.jpg

こんなミッドセンチュリーっぽい街灯もそのまま残ってるし。
f0056476_15285729.jpg

それとも、瀬戸内芸術祭に丸ごと使えばどうよ。
f0056476_15333867.jpg

このロゴマークもよくできてるよねぇ。
マリコと2人、1時間ぐらい、写真撮りまくり。レトロ感最高。
北浜の何がお洒落って、やっぱりここよっ!
「お金があったら、丸ごと買っちゃうよね」「………うん、2人で素敵なレストランできるよね」。
もし、これを壊してなんか建てるのなら、高松市はバカです。と大口たたいてみましたっ、正月から。
北川フラムさん、何とかここを!もしくは、大竹伸朗さん、何とかここを!

ちなみにこのフェリーが運行していた頃の名物「五色おにぎり」は、ここの近くの玉藻商事ってところで今も作ってます。前日に予約したら1個でも作ってくれるって、電話したら言ってた。いつか、この廃墟となりつつ乗り場の前に座ってマリコと一緒に食べようかと思っている。

f0056476_1544437.jpg


もういっちょ、JR高松駅には、宇高連絡船のデッキにあった「連絡船うどん」が食べれます。この店で「うどんのコシ」とか「イリコ出汁の善し悪し」を語る人は、本当の連絡船うどんを知らない人達だと思います。美味しいうどんを求めるならいくらでも他の店があります。しかし、地元の人間でうどんにうるさい人でも、連絡船うどんは別。思い出がてんこ盛りで、懐かしさが先に立つわけです。楽しかった思い出、辛かった思い出を連絡船のうどんで噛み締めていたわけです、地元人は。そういううどんです。連絡船に思い出のない方が食べてもダメかも。マリコは美味しいと食べてましたが。
by machikogunji | 2017-01-17 15:43 | 行ってきたゾ! | Comments(1)
Commented by まぁ at 2017-01-18 23:45 x
懐かしや。
<< リングリングサーカスの思い出。 高松港探検・ノースベイ「あらっ... >>