ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
高松港探検・イーストベイ。
f0056476_8252083.jpg

マりコさん、会社勤めのため、旅行は「正月」か「盆」。なので……いつでも……どこでも……店とか閉まってます。………今年も……やっぱり……。でも、近年このパターンに慣れて来たので、事前に計画を立て、空いてるところをチェックするようになった。まっ、日本は楽です。お寺とかあるしね。絶対開いてるもんね年末年始。で、今回は、私の地元なので、他の土地よりはコアなところは知っているので、去年の正月に引き続き、海辺の「面白ろスポット」へ、チャリでGO!

昨年、高松のベイエリア(かっこいいじゃん、そう呼ぶと)、ウエストベイ(めっちゃかっこいいわこの言い方)「西浜」辺りをうろちょろして、「これ瀬戸内芸術祭よりアートしてる」と絶賛されたので、じゃ今年は、イーストベイ「東浜」、ノースベイ「北浜」へ行く事にした。

f0056476_8353181.jpg

まずは東浜。ここは、私の祖父の家があった処で、3歳ぐらいまで、大家族でそこに棲んでおり、その後もずっと行き来があった場所。今年で56歳になるから、言わせてもらうが、「昔は、情緒があって、いい処だった」と申し上げたい。まぁ、その時の話はおいおいしたいと思うので今日は省略。
で、そんな懐かしの話なんかしたって、アートなマリコは喜ばないので、ちょっと面白いシチュエーションのところに連れてった。

向こう岸の埋め立て地「朝日町」にある、造船所「四国ドック」で建設中の外国船タンカーが、めちゃくちゃよーく眺められる場所が、東浜にはあるんです。
こちらが四国ドックのサイトなんですが、こういうお船を作ってるのが眺められます。対岸の朝日町にはいつもモーニングうどんをいただく「たも屋本店」があるんで、造船所の横を通るのですが、いまいち眺めは近過ぎて全体像がつかめない。迫力はこちらの方があるんだけどね。全体像的にならば、この東浜(現在の町名は城東町です)の方がいい。何よりも広々としてます。

しかし……………

そんないい風景だけだと面白くないのよね。この写真を撮った場所は、高松屈指の「ソープランド街」からなんです!右に造船所、左はソープランド、このコントラストをマリコにお楽しみいただきたく!マリコはソープランド街ってのは初めて訪問する場所だということ。まぁ普通はそうですよね。私は、この辺がまだ「材木置き場」だった頃、判りやすく言えば東京の「木場」と同じ風景だったころ、「いつかあの水に浮かんだ木の上を走り回ってやる」という野心があり、チャリで1人岸から眺めてました。そして、ある日突然、母や祖母が「あそこへはもう行ってはいけない」というじゃありませんか。その頃にこの一画に、まだソープランドって言わない頃で、「トルコ風呂街」ができたのです。もちろん、親の制止を聞かず、自転車で怖いもの見たさに、トルコ風呂街を1人走っていた自分。なのでとっても親近感はある。高松は昔から「港町」として栄えてきました。瀬戸大橋ができる前までの高松のにぎわいはすごいもんがありました。商店街なんて人が溢れて歩けなかったもんです。大手の金融会社や保険会社などの四国支店は、ほぼ高松に集まってました。宇高連絡船はいつも満員で、走って席を取らないと座れない状況でした。楽団が出て、紙テープが舞い、「本州へ行く」ということが「人生の別れ」みたいに思ってました。まぁ、自分が東京を皮切りに人生をアメリカやロシアで過ごすなんて思ってもなかった。まぁ、そういう港町だったので、港町につきものの「赤線地帯」はあったわけです。それがこの東浜にはあったんです。
しかし、ソープランド街、廃れてましたねぇ。もうそういうのは流行らない時代になったようです。
大きな看板に「金瓶梅」ってのがあり、その横から造船所の風景がよく見えます。
マリコが面白いことを2つ言った。
その1:「金瓶梅って四谷に一緒の看板があるよね」………、こらこらっ、それって昆布の佃煮で有名な「錦松梅」だろ!
その2:「トルコ風呂って言ってたのを、ソープランドという言い方に変えたのは、東京都知事の小池百合子さんらしいよ。トルコに失礼だって」………「あっ、そうなの。そうよね、トルコに失礼よね」。調べてみると、トルコ風呂はねーだろと熱心に訴えていた東京大学のトルコ人留学生を支援して、自ら厚生省に乗り込んで直談判して名称を変えさせたんだそうだ。(ウイキペディアより)へ〜〜。

それとここに来て最後に一言「波の音のしない海を初めて見た気がする」って。マリコの瀬戸内海のイメージね。

興味のある方はぜひ一度訪れてください。「造船所」「風俗」のコラボレーション、そして帰りに「おいしいうどん(朝7時開店)」をお楽しみください。歩くと遠いよ。チャリがいいよ。
by machikogunji | 2017-01-17 09:27 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
<< 高松港探検・ノースベイ「あらっ... ワインとチーズとカレー。 >>