ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
青ホウボウのみそ漬け
f0056476_9271685.jpg

先週、釣りに行った時に、珍しい魚がポコポコ釣れました。かなり小さい魚なんですが、師匠が「僕が全部持って帰るんで、捨てないで全部キープしといてちょーだい」という。「森さん、どーすんのよ、こんな小さなシーロビン」、「何年釣りやってんのよ。このシーロビン、青いでしょ。いつもゲコゲコ釣ってるのは赤いでしょうーが。赤いのは海に戻していいよ。この青いのがおいしーのよ、知らないのぉ。」といつものお返事。「じゃぁ、食べさせてよ。どー、おいしいか。」なんて言ってたら、昨晩、電話がかかってきた。「できたよ、味噌漬。」いただいてまいりました。

さて、この魚、アメリカでは「シーロビン」もしくは「B-29」と呼ばれてます。「B-29」ってのは、戦闘機で第二次世界対戦の際に活躍したやつで、この魚には頭の横に大きな翼のようなヒレが付いてるんで、お年寄りがこう言うのです。あと、この魚、「グゥワッ、グゥワッ」と鳴くんです。「魚が鳴くなんて」と思われるかもしれませんが、本当に鳴きます。「グゥワッ、グゥワッ」です。細ヤンは、この魚の顔が私に似ていると言って、釣れる度に「マチコが釣れた、釣れた」としつこく私に言います。ありがとー。

この魚は、赤いのと青いのがいます。普段、釣れるのは「赤い」のです。頭ばっかり大きく身が少ないので、あんまりみんな持って帰らない人気のない魚なんですが、ちゃんと血抜きをしといて、お刺身にして食べたら、おいしいんですがね。揚げ煮なんかでもおいしくいただけます。

アメリカじゃぁ、安い魚「シーロビン」でありますが、実は日本では高級魚扱いされており「ほうぼう(竹麦魚)」と呼ばれてます。フランスではブイヤベースを作る時にはずせない魚として重宝がられています。今回、森師匠がこだわったのは、この「ほうぼう」の「青い」やつです。

いただいたのは、この青ほうぼうの堅いウロコをきれいに取り、頭を落として皮付きのまま味噌漬にしたもの。うちの旦那さんのお母さんは北海道出身なんで、旦那さんも北の魚は食べ慣れてます。森さん曰く「この魚を味噌漬にすると、ホッケと良く似た身、味になるんだよ。ぜひ、旦那さんに食べてもらいたい」といただいたので、さっそく焼いて食卓へ。旦那、一口食べて「旨い!こりゃー、本当にホッケみたいだわ」と大喜び。「特に皮と身の間にゼラチン質があって、それが旨い」と、まったく森さんと同じことを言ったのには驚いた。味噌の具合もちょうどよく、こんな御馳走になる魚をコケにしていた私は、まだまだ修行が足りませんね。
by machikogunji | 2006-07-05 09:52 | 和食 | Comments(1)
Commented at 2006-07-05 17:49
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ニッポンのカレーライス ヒラメのイタリアン・ドレッシン... >>