ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
たいらぎ貝のヒモで中華。
f0056476_1850186.jpg

今日の晩ごはん、マニアックな食べ物です。タイラギ貝のヒモっす。
タイラギ貝って2枚貝なんだけど、デカいんですよね、これっ。小さいのでも扇子ぐらいはある。で、どこを食べているかっていうと「貝柱」の部分です。「あとはど〜してるんやろ〜。こんなでかい貝の中身?」って思ってました。貝柱は高級でとっても美味だけど、世に出回ってない「ヒモ部分」は、まずいのかなぁ?」「それとも美味し過ぎて世に出ないで、誰かが食べてるのかなぁ」程度のことは、魚屋で何回も考えた。本日、大型パックでこのヒモ部分を格安で売ってるのを発見。………貝柱に比べてあまりにも安い………どーして?と思ったものの「ミル貝のヒモ」をものすごく愛しているので、こういう「ヒモ系」があると買わずにいられない。買っちゃいました、大盛りで380円!なので今日は刺身なしね。

ささっと自転車飛ばしてうちに帰り、お腹がペコペコだという母に早速「タイラギ貝のヒモ売ってったんで買ってきた」と告げると、「そりゃ珍しいね、美味しいのかい?」………知らん。

塩でぬめりをしっかり取って、ささっと水で流して、水分よく拭き取って、適当な長さに切って下準備OKっす。

今日は「チャイニーズ・ニューイヤー」なので、中華でいきます!
まずヒモを昨日アナゴの頭をかち割って作っておいた甘辛のタレで炒めて……するとかなりの水分が出た時点で…………「あぁ、こんだけあったらおいしいクラムチャウダーができたのに」とハタッと気づいたけど、もう遅いわね。あまりにも水分が出てしまったので、笊で水気を落とし……捨てちゃいかん、この汁を。煮詰めます。ヒモ入れたまま煮詰めると、ヒモが固くなっちゃうもんね。味も飛んじゃうし。で、別にして青梗菜をジャッと炒めて、そこにさっきの適度に煮詰めた汁を加えて、最後にヒモを入れて一緒に炒めてできあがり。アナゴのタレがちょっと甘め過ぎたので、醤油とオイスターソースで調整してます。ってな感じの炒め物、できやしたぁ。
by machikogunji | 2016-02-08 19:51 | 中華 | Comments(1)
Commented by mariarica at 2016-02-09 17:50
新年好!町子さん
今年もよろしくお願いします。
<< ニトリで、ぜんぜんええやん。 ウズベキスタン小皿でパッと。 >>