ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
KARIYAZAKI ワールド @ 徳島「藍商佐直 吉田家住宅」
f0056476_11314128.jpg

塩江温泉に、椎茸と牛蒡を買いに行って、谷岡食堂でラーメン食べて帰るはずだったのだが、野菜を買った後、駐車場のポスターを見ると、ここから30分ぐらい車で走った、徳島県美馬市の「うだつの町」脇町で、華道家の假屋崎氏の作品展を藍の庄屋であった古民家でやってるってーので、行く事にした。母が毎週楽しみにして見ているテレビ番組『プレバト!!』、「あれに出てる金髪の髪の長いお花の先生の展覧会を脇町でやってるけど行きたい?」と母に言ったら飛びついた、「見た〜い!!」と。で、温泉入るの中止。

脇町はすてきなところだ。「うだつ」ってご存知?
ウィキペディると「日本家屋の屋根に取り付けられる小柱、防火壁、装飾」と書いてあるけど、ピンとこないでしょ。簡単に私なり言わせてもらうと、江戸時代の商売してるお店の表のディスプレーだ。元々は火事になった時に燃え移らないように防火壁として作られたものだが、そのうち各家で「裕福さ」を装飾で競うようになったわけね。「うだつが上がらない」って言葉があるよね。ここから来てるんだね。

で、まぁそういううだつのある素晴らしい江戸時代の家が並ぶ通りが、この町にはある。町をあげて、きちんと保存している。四国の山間、吉野川が流れる畔の情緒溢れる処です。

そこで、ダイナミックでアーティスティックに植物を生ける假屋崎省吾さん、もう9年もここでこういう風な作品展を町ぐるみで開いてるのね。知らなかったぁ。
假屋崎氏は、十数年に渡って、東京都のランドマークである目黒雅叙園「百段階段」に花を生けるプロジェクトに取り組んでらっしゃる。あの建物はすごいね。むか〜し、なんだか、伯父さんと伯母さんに連れられて、あの廊下と階段を延々と歩き、ある一室でごはん食べた事を思い出した。怪しく光る装飾と数々の絵……なんか子供心にここは地獄か天国かとビビったのを思い出した。子供にとっては重過ぎるムードだったんですが、この歳になったらあの良さがわかるなぁ。またあそこに行ってみたいとずっと海外にいる時に思ってみたりしてたんですが、もうあそこは特別なイベントがない限り一般公開されてないとか。その迫力のある存在感ガンガンの空間に「生け花」で毎年臨む彼に凄さを感じる。そんじょそこらのアーティストでは無理ね、あそこは。センスと力量とチャレンジ精神のよっぽどある人じゃないと。

f0056476_14455685.jpg

で、雅叙園でやってるように、ここ脇町でも、そういうさくひんてんをやってるわけです、ランドマークと花とのコラボ。年に一度、もう9年目なんだそうだ。

はっきり言って、感動しました。温泉とばして、こっちに来てよかった。
なんかものすごいエネルギーというか、生け花に対してのモノの見方が変わってしまった。
習い事で生け花やって、その展覧会にぜひ来てねと言われることに、とても辛いものを感じていた私、フラワーアレンジメントなんてーのはなんか見栄っぱりっぽい花の生け方だわと密かに思っていた私であるが、これが違った。感性のある人が、こういうプロジェクトで大きく動くと、ものすごい衝撃的なものが伝わってきた。
テレビじゃ面白いことばっかり言ってるように映るが、画面を通してチラリと感じる「鋭さ」と「ぱっと見、華やかそうであって、それでいて毒がありそな感じ」、あれは一体なんなんだろうと思ってたが、今回の生け花を見て、「この人、本物やな。アーティストやな。植物に対しての美的感覚、真摯に向かい合う姿勢が誠にソウルフル」と。いい意味での「狂気」とかさえ感じた。「甘美」と「毒」、そのバランスがすごく良かった。計算されたバランスじゃなくて、ああいうのは感覚なんだろうな、アーティスティックな触手が動いちゃうんだろうなって。
まぁそんなこんなで以下にいくつか写真を載せて記録しとく。この生け花は、すべて徳島の素材を使っているそうだ。じゃなきゃここでやる意味が薄れるよな。ボランティアの人達によって集められてきた樫の枝など、ここじゃなきゃないような植物、徳島名産のスダチ、そしてここから少し行ったところで育てているランの花の数々等、「ここって假屋崎さんにとっては宝の場所なんだろうな」って思われる草花が溢れんばかりに生け込まれていた。花器も徳島の大谷焼ってのがいいよな。大谷焼の大甕は藍染めに欠かせない道具である。

f0056476_14452314.jpg

f0056476_1447449.jpg

f0056476_14475348.jpg

f0056476_14483041.jpg





f0056476_14493963.jpg

f0056476_1450091.jpg

f0056476_1451722.jpg

f0056476_14513956.jpg

f0056476_14514963.jpg

f0056476_14535251.jpg

f0056476_1612481.jpg

f0056476_1453433.jpg

あー、楽しかったっすぅ。
by machikogunji | 2016-02-07 16:09 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
<< ウズベキスタン小皿でパッと。 モーニングうどんと蕎麦ランチ。 >>