ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
山から採ってきてくれた椎茸とか。
f0056476_2354269.jpg

高松市の風景ってのは、讃岐平野に小山がポコポコあって、ため池もポコポコあるっていう、朝靄がかっかた日には、ちょっとミニ中国の墨絵っぽい感じなんですが、それをどんどん西に向かって行くと、四国山地がどんどん迫ってきて「おぉ、山じゃないですかちゃんとした!」とちょっと感動したりもする。去年の暮れあたりに、そちらを訪問することがあって、その山々をじーっと見てて思った事は、「この山には絶対おいしい茸があるにちがいない」「山葵とかもあるだろうな」。
で、茸情報としては、「松茸あるらしい」ってのと「椎茸めちゃくちゃ美味しいのがあるらしい」ってことが判った。食べてみたい!……そう思って数ヶ月。
願いは叶うもんだ。「採りたての椎茸ってのが一度食べてみたい」という願いだったんですが。

これがその椎茸です!

茸に関しては、アメリカにいた時に、廻りにキノコマニアのアメリカ人が数人いたので、「どういう処にキノコがあるか」「あった時の特別の感動」「食べた時の特別の美味しさ」ってのを話してもらったことがあった。どっちかっていうと私は「魚派」なので、でも、魚でも同じこと、「どういう処に魚がいるか」「釣った時の特別の感動」「その魚を自分で捌いて料理した時の特別の美味しさ」……これ同じことね。

まずは、人が採ってきたものでもいいので、「美味しいキノコが食べてみたい」という思いを今晩叶えられたことに感謝。

キノコと言ってもいろいろあるよね。代表はマツタケみたいに世間は言うけど、私はどっちかっていうと「シイタケ」派だ。マツタケは一度、これもアメリカでだけど、シアトルのキノコ採り名人の元に、出張でシアトルに行くという後輩にわざわざ時間を取らせて、「秘密のマツタケの場所」に同行させて、飛行機でわんさかそのマツタケを持って帰らせ、しかも機内持ち込み(飛行機の中がものすごい匂いになったらしい)でニューヨークの私の家まで持って来させ、連日「マツタケ大宴会」ってのをやったので、気が済んでるんです。あの幻のマツタケ宴会以降、すっかりマツタケというものが遠い存在ではなくなり、あまりにもマツタケ食べ過ぎて、たぶん人生でマツタケ食べる量が決まっているなら、とっくにその量をオーバーしただろうと確信しちゃったので、もういいのマツタケは。

アメリカでは他に「トランペッット」「オイスター」等を始め、世界三大きのこと言われる「ポルチーニ」「モリーユ」、そして「シャントレル」に限っては、キノコ名人が採ってきたのを食べちゃったし。あっ、トリュフも白も黒も喰ったしなぁ。でもトリュフの味は結局馴染めなかったってのがあったなぁ。どう考えても極上のカツオ節の方が上だと変な確信をいだいてしまったし。

こんだけいろいろ食べても、私の心の中には、「日本に帰った暁には、ぜひ立派な採りたての椎茸をただ焼いただけで食べてみたい」という思いがあったのでございます。

f0056476_22545472.jpg

今日、食べた椎茸は、弟の知り合いの方が、趣味で作っている椎茸です。この前、ある人とお酒を飲んで、最近食べた美味しいもんは何?っていう話題になった時に、その人が目をウルウルさせて「あんな美味しい椎茸食べた事なかった」と語ってくれたのがこの椎茸なんです。喋るのがとっても上手な方で、もうそれはそれは横で聞いてて、刺身が椎茸の味に感じるほど、この椎茸のことを語ってくれました。うっとりと聞いてました横で。それを見てた弟が、この椎茸栽培やってる方に会う機会があって、その時に「実はこれこれこうで、うちの姉が死ぬまで一度、機会があれば、そちらの椎茸を食べたいと申しておるのですが」と話したら、「いや、そんな」とおっしゃいつつ、「では」ってことになって、車で秘密の椎茸場所に行って、何個かちぎって「私のために!」採ってきてくれたっ!(涙!涙!涙!」。

そして、本日の晩ご飯、そっちのけで、椎茸を丁寧に丁寧に炙り焼きにして、めでたく私の胃の中に納めさせていただいた次第。あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、うめ〜〜っ、し〜〜〜〜たけ〜〜〜。
旦那さんにも、ちょっとお裾分けしてあげたくないけど、やっぱりあげるべきかなと、本日最大限の優しい気持ちを出して、焼いてあげたら「ウメ〜〜〜〜〜〜〜ッ、なんじゃこのし〜〜〜けっ〜〜〜!」ということに。真夜中に奇声をあげて椎茸食べてました。あ〜〜〜おいしかった。ごちそうさまでした。

f0056476_23194168.jpg

弟が椎茸と一緒に持って帰ってくれた「蛸めし」。これがまた旨いっ!
この蛸飯については、また長々のストーリーがあるので、次回食べる時にまた語らせていただきます。

本日の夕飯、途中で作るのやめて、焼き椎茸と蛸飯となったのでした。
by machikogunji | 2016-01-30 11:45 | 和食 | Comments(0)
<< サザエさんな3日間。 濃いめな感じの甘酢鶏団子とか。 >>