ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
お気に入りブログ
鮎小屋・再々訪。今日は旦那も。
f0056476_14142137.jpg

今年はこれで閉幕となるか、「鮎小屋」へ3回目のセルフ鮎焼きごはんに。
電話で「今日は予約いっぱいですかい?」の問いに、おっちゃん「ぜんぜん大丈夫。だれっちゃおらんでぇ」と。もう時期ぎりぎりだからなぁ。こちらにとっちゃ、家族4人だけの独占鮎小屋!

f0056476_14141413.jpg

左のここのおっちゃんの焼き方に対抗して、初めて訪問の旦那が何やら「自分流」で鮎を12匹焼いてました。1人3匹ペロリと食べちゃいますから、うちら。
炭を200円で買って、鮎も養殖場で買います。養殖場の生け簀から鮎をおっちゃんがすくって、氷入りのバケツに入れて、チャリンコで100メートルぐらい離れた「小屋」に持って来てくれます。
自分で火をおこし、網で焼いて、食べる、というシステム。

f0056476_14161192.jpg

おっちゃんは活きた鮎を網で炙るため、仰け反るので上下の網に挟んで焼くんだが、旦那はなんかめちゃ丁寧に遠火で弱い火の上で網もせずに、じっくり時間をかけて焼いてましたねぇ。
写真は焼き始め。しっかり塩をしといて、あんまりいじらないで焼いていく。すると内蔵までちゃんと火が通り、皮もパリッと、身も甘味を感じる焼き方になるねぇ。

f0056476_14164749.jpg

焼けました焼けましたっ! スダチをかけてかぶりつく。うんま〜〜〜い。こういうの食べると、なんか料理屋でチマチマ焼いたの食べれなくなってしまう感、大あり。

f0056476_14173968.jpg

鮎以外は全て持ち込み。いや、持ち込まないと「鮎」しかないからココ。で、ここに来る前に近くのJA
で買った、母が一番好きなブランドの「しょうゆ豆」をノンアルコールビールのつまみに。

f0056476_14173368.jpg

昨日の「糸こんにゃく大量の肉ちょっとの、なんちゃってすき焼き」の残りも持って来たぞ。こういう処で食べると、家で食べるのと違って、美味しく感じますよね。だからあるもの何でも持ってきた。あと、白菜の浅漬けとか、茗荷とかも。

f0056476_14172696.jpg

あっ、これはJAで、こんな珍しいの売ってたんで買ってきた。「あなごの刺身」。

今年はここでたくさん鮎を食べたなぁ。また来年。そしてもう少しで、今度は海っぷちで「牡蠣小屋」が始まる。こちらも楽しみ。
by machikogunji | 2015-09-12 14:39 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
<< あなご白焼とか。 瀬戸内グリーク。 >>