ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
こりゃめちゃレア「鮎小屋」。
f0056476_9263841.jpg

この夏、絶対に行きたかった場所、今日2つクリア。
1つは午前中に訪れた「豊稔池ダムのユルヌキ」、そしてここざんすよ!
あ〜〜〜〜ゆ〜〜〜〜〜〜ご〜〜〜〜〜〜〜や〜〜〜〜〜〜。

塩江の奥にめちゃ好きなお食事処「あまご三昧」に続く、第2弾「超レアレア川魚のおいしいスポット」はここじゃ〜〜。

看板「鮎」、そんんだけ〜〜。でもめちゃくちゃ目立ちます。だって周りたんぼと森と川だけですけん。そこに白地に赤で1文字「鮎」ですけん。こんなに看板効果炸裂のところないですけん。これなきゃ困るわけです。探せません。
「鮎」に惹き付けられてここまで行きます。

f0056476_10442194.jpg

こんな感じ。…………「家」です。
価格/1匹220円。営業時間/午前9時から午後5時まで。押さえるところは押された貼紙。それと「甘露煮500円、1000円」の貼紙もう一枚。
それとね、「ちょっと家まで戻ってきます。すぐ帰ります」の走り書きが1枚。あっ、さっき車ですれちがった麦わら帽子の自転車乗ってたおっちゃんがここのご主人なんやな。
メッセージ通り、すぐ紙袋持って戻ってきてくれた、お弁当取りに行ってたみたい。いいなぁ、手作り弁当。

f0056476_10555883.jpg

「おっちゃん、こんにちわ」「はいはい、こんにちわ」
「鮎2匹づつちょーだい」「ほな2人で4匹でえんな?」「うん4匹ね」
「ここで食べるんな?持っていぬんな?」「ここで食べる」
おっちゃん、家の裏まで鮎をすくいに行ってくれる。

f0056476_10553980.jpg

ここの中に鮎がいます。養殖ですが、この下を流れる川には天然の鮎もいるそうです。橋の上から覗くと透明の流れの中、小魚に混じって結構大きめの魚も泳いでましたねぇ。あれ鮎か?

f0056476_116941.jpg

で、おっちゃんは今すくった鮎をバケツに入れて自転車に乗ります。
私達は歩いて、川の反対側にある「小屋」に向かいます。歩いて1分。おっちゃんが私達を追い抜いていきます。で、「こっちこっち」と手招きしてくれる。いいなぁ、最高だなぁ。

この小屋が、もう最高。

f0056476_11550100.jpg

小屋の表に並ぶ焼き器と網。炭火で焼くわけだが、これがね、自分で焼くの。究極のセルフサービスがこの小屋には仕組まれておるわけです!

f0056476_1110651.jpg

おっちゃん、手慣れた感じで炭はおこしてくれます。で、
「ここに塩があるから、これまぶして自分で焼いてね。焼き方わかる?」
「うん、わかるから大丈夫」
ちょっと注意事項がいくつか。この台ではここで買った鮎だけを焼いてねということが重要。他の持ち込みのものは焼かないでねというのは守ろう。ここ、ほんまに鮎しかないんです。それがいいところなんです。最高です。なので、「持ち込みおおいにOK」ってのが太っ腹。飲み物なんでもOK、おにぎりとかもOK、別に刺身持ってきてもいいわけよ。

f0056476_116081.jpg

f0056476_1152343.jpg

お皿、コップは置いてくれてる。その他は一切なしです。それと焼く時の塩はたくさん置いてくれてた。もうこれで私は充分。魚、手で掴んで焼きたて食べるわけですから。

f0056476_1118983.jpg

きゃ〜〜〜、自分で焼いてます〜〜〜、楽し過ぎ〜〜。
f0056476_11184617.jpg

焼けたよ〜〜!!! 内蔵も食べたいのでしっかり焼いたよ。

おいす〜〜ィ〜〜〜〜〜〜、めちゃくちゃ美味しい〜〜〜、こんなん100匹食べれるわ〜〜〜。
今日はここに偵察で来たので、2匹で止めといたんだけど、追加注文するのだったら、おっちゃんにまた鮎をこの小屋まで持って来てもらわなきゃいけないので、なんか二度手間はかけさせたくないと思って。………もっと最初に1人5匹ぐらいゆーとけばよかったなぁ。


f0056476_11225472.jpg

食べた後、お皿やコップを炊事場に持って行き、カメから水を取り、これもセルフできちんと洗って、元の場所に戻します。徹底してセルフで、みんなでここは綺麗に使おう精神です。ワンダフル。

f0056476_11263965.jpg

食べた後、お行儀悪いんですが、うちらしかいなかったので、畳に大の字でちょっと昼寝。自然の風がめちゃくちゃ気持ちいい。
いや〜〜、素晴らしい処でした。
今シーズン、もう一回訪れることはまちがいなしだな、こりゃ。
by machikogunji | 2015-08-21 11:28 | 行ってきたゾ! | Comments(2)
Commented at 2015-08-21 16:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by machikogunji at 2015-08-22 08:10
とおりすがりさん、「ソギショ西」という場所です。ぜひどうぞ。

<< スジ肉の煮込みなんぞを。 ユルヌキ。 >>