ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
「ダイシモチ麦とろ」と「サヨリの刺身」とか。
f0056476_148252.jpg

サヨリのきれいなのがあったので、3匹ほど買って刺身に。なんか最近、刺身が普通になってきて、鯛とかはお昼のランチに普通に食べてる自分たちが怖い。サヨリのピカピカに目が眩む。生姜醤油で。

f0056476_1463953.jpg

前々から試してみたかった、香川県の特産品「大師もち麦」を善通寺で購入したので、白米と一緒にちょっと多めに入れて炊いて、麦とろに。山芋の出汁は、朝作った味噌汁の上澄みを使っている。

ダイシモチ麦ってのは、香川県善通寺市で開発された比較的新しい「裸麦」で、善通寺にゆかりのある弘法大師に因んで、「ダイシモチ」と名づけられたそうだ。普通、麦ってパサッとしてますよね、それがこの麦、とてもしっとりというかモチッとしているんです。食感敵には「プルッ、モチモチッ」って感じがします。そしてこの麦、精白米の30倍の食物繊維が含まれてるんですってよ。けっこう高松市内で探してたんだけど、見つける事ができず、善通寺方面に行った時にぜひ買ってみようと。で、ありましたねぇ、善通寺には。………ちょっと高い………そこが厳しいところですが……。でも、美味しい、確かに。麦飯は好きなので、また買いたい。どっか安く売ってるところないかなぁ、探してみましょ。


f0056476_1461696.jpg

イタリア人以上にトマト好きの母。トマトがあれば素通りできないみたいで、まぁ実家の冷蔵庫にはいつも何種類かのトマトがある。ごはんは和食が中心なので、トマトソースにしたりするとかえって使い勝手が悪いので、それならばとデザート風に作ってみた。って、超簡単なんですが。
この前、母と旦那と3人で近所の八幡宮に朝ラジオ体操に行ったら、知り合いの方が、「トマトがもういっぱいできて大変なことになってるんで、ちょっと今から畑にトマト狩りに来ませんか」とのこと。大喜びで畑に行って、むしるわむしるわプチトマト。赤、黄色、オレンジと彩りも豊富、あるだけ全部もらってきた。いいなぁトマト狩り。面白すぎ。で、紙袋2つ分たっぷり貰ってきたので、家に帰ってさっそく湯剥きして、香川大学が国や民間企業と共に十数年かけて開発したという、最近の鳴りもの入りの、なんと食べたほうが痩せる効果があるという不思議な甘味料「希少糖」で軽く和えて、葡萄の実もついでに入れて(彩りがきれいで食感も似てるよね)冷蔵庫で冷やして食べる「おやつトマト」を作ったら、オカン大喜び。酒のつまみには、これにオリーブオイルともっとレモン果汁をかけて食べるのも美味しいっすよ。美味しいトマトの季節のいまだからできるメニューですよね。
by machikogunji | 2015-08-12 14:36 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
<< ジョナちゃんとお酒通信。 チーム・フランキーでいくね。 >>