ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
シャコ丼@ 笠原・岡山とか。
f0056476_13474920.jpg

瀬戸大橋を渡って、向こう岸の岡山県笠原市に「しゃこ丼」食べに行って来た。
店の名前もそのまま「しゃこ丼」。電話で開いてるかどうかの確認してみると、いきなりおばちゃんが「もしもし」も「はい」もなく、いきなり「しゃこ丼」と言うからびっくり。しゃこ丼が名物の「しゃこ丼」さんです。ガハハハ。
めちゃ地味な店。県道の脇にポンとあるだけ。たぶん2階は住居なんじゃないかな。おトイレは普通の家に靴脱いで上がって、木戸あけて普通の家庭用。ついつい「おじゃまします。お借りします」と独り言いってしまったわん。

で、メニュー。
ずらっと「シャコ関係」のメニューがあります。
シャコ丼定食、シャコ丼単品、

f0056476_13474587.jpg

シャコ天麩羅うどん、いや表示は「シャコ天ふらうどん」、シャコラーメン、

f0056476_143371.jpg

単品のシャコフライ、シャコ天ぷら、シャコの酢物。その他は食堂にある一般的メニュー。
その他、気をそそられたのが「笠原ラーメン」。この場に及んで海老フライが食べたくなった浮気な衝動は押さえて、3人ともストレートそしてシンプルにシャコ丼、それと3人でシェアしようと「笠原ラーメン」1つ。

f0056476_16253946.jpg

やって来ました、シャコ丼。…………あれっ、茹でたシャコがごはんの上に並んで出て来るのだとばっかり思っていたら、意外なスタイルで……。シャコをフライにして玉子でとじた「カツ丼風」が出て来た。おもしろいなぁ。で、いただきました。
びっくりするほど上品な味。店の雰囲気とはぜんぜん違う上品な味であったことに感動。
ここは日本、丼の縁に口を付けて、ガバガバッとぶっ込みスタイルであっという間に平らげた。
あーおいしかった。後味、さっぱりしてるので、ぜんぜん喉が乾かずばっちり。シャコのフライってのは初めて食べたな、子供の頃、あんだけおやつでシャコを食べていた私ですが、いつも茹でたのを食べていたわけで、今回はこういう食べ方をして、これもありだなと思った。
ラーメンも美味しいかったなぁ。あっさりとした中華そばって感じで好みです。出汁、寄せ鍋の出汁の味がしたな。いたってあっさり◎。

笠原市には初めて行ったが、とても魅力的な処だった。日本では天然記念物のカブトガニの繁殖地としても有名みたいでカブトガニ博物館てのがあったり、(ニューヨークにはちょっと前までカブトガニがうじょうじょしていて、ロブスターの餌に最適だった。チャイニーズの人達は卵を持ったこのカニを食べていた。日本じゃ絶対ありえないことですよね。はい、お裾分けをいただいて私も食べてみたが、けっして美味しいものではなかった。ドブ臭かったという思い出がある)、「猫の島」で有名な「真鍋島」も笠原市なのね。また他の島には採石場がたくさん昔あったようで、大阪城の石垣にはここの石が使われてたってことだ、ほほぅ。

で、シャコ丼食べた後は、その日は「アート」ってことで、笠原出身の日本を代表する日本画家「小野竹喬」の美術館「竹喬美術館」に行こうってことになったんだが、母が「私はそこに2回もすでに行ったことがあるので他のところに行きたい」と言い出し、じゃぁってことで、母はすでに1回行ってるけど、あそこだったらもう1回行ってもいいという「井原市立・田中美術館」へ。

ここは「タナカビジュツカン」って読むんじゃなくて、明治から昭和にかけての彫刻家「平櫛田中(ひらこしでんちゅう)」の美術館に行った。これが、素晴らしい、面白いで、かなりエキサイトしてしまったわ。
東京の小平市にも「平櫛田中彫刻美術館」っていう、晩年過ごした邸宅を公開したこの彫刻家の美術館があるそうなんだが、こちらは彼の出身地ってことで。 でんちゅうさん→岡倉天心→フェノロサ→ボストン美術館とかイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館との繋がりもあったりして、まぁ自分もこの前までアメリカの片隅で長年暮らしていたので、なんとなく、岡山県のけっしてメジャーではない(怒られるかそんなこというと)美術館で、こういう繋がりを発見したことがうれしくなった。
しっかし、このデンチュウの人間を彫った彫刻は素晴らしかった。今にも動き出しそうというか、この仕草、この表情を彫刻にできる人ってのは、他にいないんじゃないかというほど素晴らしかった。母が「ここは何回来ても感動するのよ」と言ったわけがわかった。(写真撮影は禁止なのでPHOTOなし。日本はこういうの多いな。海外はけっこうフラッシュたかなきゃいいよってのが主流だが………なぜだろう)

デンチュウ美術館の後、まだ時間に余裕があったので、ここまで来たらもう1軒ってことで、これまた母は1度行ったことがある(長生きしてるのでいろんな処に行っている!)けど、コーヒーが無料で庭が綺麗だとかいうちょっと展示物に興味はないのかと疑いたくなるような母の選択で「華鴒大塚美術館」にも行った。ここの美術館の名前がまた読めない……「ハナトリオオツカ美術館」と読みます。ここもよかったですが、やっぱり私はデンチュウ美術館が好みだったわ。

f0056476_1663443.jpg

ってな岡山へのドライブ、帰りに見つけた井原市の山の奥にある「グレープ愛ランド・葡萄浪漫館」というものすごい名前の葡萄園&直売所に立寄り、やっぱこの季節に岡山に行ったんだから、グレープとピーチは外せないでしょってことで購入(桃は別のところ)。
勝手にマスカットと思っていたのは、母に言わせると「あら、知らないの、これは瀬戸ジャイアンツって言うのよ。種がなくて皮ごと食べれて、めちゃくちゃみずみずしいのよ」と。ほんまや〜〜〜、一粒がでかい〜〜。私がアメリカにいた間に、日本の葡萄はどんどん開発されて、粒もどんどん大きくなって、皮もどんどん薄くなってきて、どんどん甘くみずみずしくなっていたのですね〜。とにかく美味しかった。
by machikogunji | 2015-07-16 16:26 | 外ごはん | Comments(0)
<< 大量ローソク まだバタバタが続く。 >>