ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
★日本でやっとやる気になった
「DE_DE」もよろしく!



◆釣り日記
★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
お気に入りブログ
赤ナマコと橙。
f0056476_846327.jpg

ギャ〜〜〜〜〜ッ、海のネズミ〜〜〜〜海鼠(ナマコ)じゃ〜〜〜、グロいっすけど、旨いっす。最高〜〜〜〜!
ナマコの美味しい季節ざんす。ナマコはやっぱり冬ね。身がグッと引き締まってますぜ。
魚屋どこも「ナマコ」だらけ。で、1匹丸買い。赤ナマコと青ナマコがあって、今日のは赤ナマコ。青はコリコリ過ぎてうちはどっちかっていうと赤の方です。青が好きな方もいらっしゃるので、一概にどっちとは言えないだろうな。料理にもよるだろうな。一応「上等は赤」ってことに、うちらの地域じゃなってます。

f0056476_835775.jpg

下の方が「口」になっちょります。ナマコはウニやヒトデの仲間で、棘皮動物(きょくひどうぶつ)ってのに分類される。ヒトデとはパッと見は似てないかなと思うけど、体の構造は星形のように5つの面に分かれているのね。それを五放射相称というんだってさ。
下の方が「口」です。ナマコってびっくりしたりしたら、この口から超を出して、相手をびっくりさせるんだってさ。脱腸〜〜〜。すごいなぁ、こうして自分を守るのかぁ。

さぁて、では食べますか。気持ち悪いで終わらせる方はそれで結構。だってグラテスクですもんねぇ。しかし、この前の「亀の手」に比べると大丈夫よ。あれよか、メジャーな食べもんだもん。ナマコは世界中の海にいるし、特に中国なんかは乾かしたものを高級料理に、また漢方薬に使ってるしね。煮たりするのは今度にして、まっ、今宵は生で、大好きな「なまこ酢」でいきます。

洗って、まず左右の先端(口と肛門)を切り除き、縦に包丁でスジを入れて(その時、思いっきり水が出るので注意)、内蔵を取り出す。細いオレンジ色の管なんですが、これ、指でチューッとしごいて、ウンチを取ります。でね、ここがめちゃくちゃイケる酒のアテとなるんです。
これが所謂「このわた」っす!この「このわた」、活きてるやつなら、ぜんぜん生で食べられるとは知らなかった。母と弟が「おねーちゃん、あなた酒呑みとして、これ食べないと始まらないでしょ」と。え〜っ、塩辛は料理屋で食べた事あるけど、生でいけるんだぁ。でもちょっと……、いやいや、食べてみよう。
f0056476_8345417.jpg

ぽん酢ちょっとかけて……………

キャ〜〜〜〜〜〜ッ、うまい〜〜〜! なんだこのグロテスクな体とは裏腹に、清らかなで品のいい味、口に広がる磯の香り〜〜〜、これって、活きてるナマコの心髄の味っすなぁ〜〜〜。感動ものっす!

f0056476_8344039.jpg

身の方は、3, 4ミリに手早く切って(すべるすべる)、このナマコ酢に絶対外せない、予め買っておいた「橙(だいだい)」をたっぷりかけて〆る。橙でなきゃダメ。絶対にダイダイ。これがスダチでもレモンでもユズでもダメなの、うちら家族としては。ニューヨークにいる頃からダイダイにはこだわってきた。子供の頃から好きだったダイダイ。ニューヨークのスーパーマーケットでひっそりとある時期だけ売られるダイダイを見逃さなかったし、中東の人達が正月シーズンにダイダイを使った料理をするってのも知った。ダイダイ、そのダイダイ、これからがシーズンで、もう少しすると、うちの近所で、1個20 円ぐらいで売り出される、そんなダイダイを使うのである。めっちゃきれいなダイダイ買ってきました!あーいい香りがキッチンに広がる。

f0056476_8344948.jpg

お醤油、ちょっと垂らして、できあがり。
では、再度、叫ばせていただきます。
ギャ〜〜〜〜〜ッ、海のネズミ〜〜〜〜海鼠(ナマコ)〜〜〜、最高に旨い〜〜〜〜!
by machikogunji | 2014-12-22 10:45 | 和食 | Comments(0)
<< 師走、ぜんざい。 鶏とかヒラメの刺身とか。 >>