ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
涙のシーサイドホテル。
f0056476_15264256.jpg

お腹いっぱいになって、部屋に戻り、ちょっと寒かったが、ベランダに椅子を出して外を眺める。
眼下に上島と下島の間を流れる本渡瀬戸海峡。幅は50メートルしかないので、川かと思って聞いてみたら、正真正銘の「海峡」であるとのこと。もちろん海水である。北は有明海、南は八代海に通じるそうだ。朝、昼、晩と、眺めていたら、結構な量の船が行き来していた。この地区では昔からの重要な航路なのだということだ。

で、私は40数年前に、この風景を見たことをなぜか覚えていた。








小学校の頃、父が中古でかなりオンボロのコロナ・マークIIを買って、夏休みに家族4人で九州一周のドライブ旅行に出かけると。子供としては大喜び。そんな「壮大な旅」なんてしたことなかったから。
どこをどう廻ったかの全記憶はないのだが、島原からフェリーで三角まで行き、そこから車で天草パールラインを走り、本渡という処でその日は1泊することになっていた。
この家族旅行では、宿泊は全て、当時たくさんあった「国民宿舎」。父が「全国国民宿舎ガイド」みたいな本を買って来て、私に宿泊予定の地域を教え、それを私がそのガイドブックから探して、仕事から帰ってきた父に「住所、電話番号、宿舎の名前」を伝えるということをしてた。

その時のひとつが「天草シーサイドホテル」だった。

昭和40年代、四国の高松にいた私にとって「ホテル」、ましてや「シーサイドホテル」なんて名前はピカピカに輝いて聞こえた。一週間、点々と九州の国民宿舎を一日づつ替えて移動してたので、中には地味な宿舎もあった。それゆえ、「天草というところに行ったら、シーサイドホテルが待っている」とかなりの期待を心に持って父の運転する車の後部座席でおとなしく座っていた。シーサイド……シーのサイドだ。素敵に違いない。

あの時の自分の高鳴る気持ち、40数年経ってもなぜかずーっと覚えていた。

………………………………………………………………………………………………………………………

時は流れて2014年秋、25年振りに帰ってきた日本、四国、高松。
帰るちょっと前に、料理教室で親しくなった3人の都合が、思いがけずうまく合い、じゃ、福岡で会いましょうということで連絡を取り合った。
1人はニューヨーク在住で福岡の博多の街の真ん中出身、もう1人は、ドイツに長年住んでいてニューヨークに転勤、その後東京在住、そして私。で、東京は夫婦でってことになり、旦那さんが天草出身なので、福岡からちょっと足を延ばして、天草まで行きませんかってことに。
旦那さんのご実家が「ホテル」らしいので、そこで泊まりませんかということに。

もちろん、まさかと思いましたが。
まさかだったのです「シーサイドホテル」。……………うそでしょ。
仕事から帰ってきた弟に、昔家族で行った九州旅行のことを覚えてるかと聞いたら、「あんまり覚えてないけど……」とつれない返事。でも一応聞いてみようと。「天草で泊まったホテルの名前、まさか覚えてないよね。」「おねーちゃん、覚えてるよ、天草シーサイドホテル。あそこだけは覚えてた」。と一発で言い当てた。弟も同じことを思っていたらしい。

…………………………………………………………………………………………………………………………

f0056476_16373227.jpg


そして来ちゃいました、泊まっちゃいました。家族の思い出の詰まったシーサイドホテル。
ここだよ、ここ。 でも記憶によると、なんか丸い建物が付いていたような気が。

f0056476_1638262.jpg

父の葬式にも出られなかった私に、シーサイドホテルが「父のこと・幼い日の家族のこと」を思い出させてくれたのでした。

f0056476_16355992.jpg

旅立ちの朝、1人ホテルの正面玄関の外に立って、建物を眺めたら、さすがに感無量になり、涙が出てしまった、朝っぱらから。
by machikogunji | 2014-11-17 16:43 | 行ってきたゾ! | Comments(2)
Commented at 2014-11-17 21:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-11-18 00:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 天草・丸尾焼。 天草・晩ごはん >>