ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
お気に入りブログ
嫌われ魚の「人気南蛮漬け」。
f0056476_4552694.jpg

釣りやってると、ここニューヨークで嫌われる魚ってのが何種類かあります。
どういうヤツかってーと「エサ取りなヤツ」です。

今の時期の代表がブルーフィッシュの子供「スナッパー」。この前もヒラメを釣りに行ったのに、こいつらに餌を取られてばかりで、旦那なんかは1匹捕まえたら、子供を諭すように魚と目を合わせて「あのなぁ、いい加減にしなさいよ、君はもう来なくていいから」と話しかけてました。……が、2分も立たないうちに「おじちゃん、遊んで」とまた針に引っかかりに来てくれます。んもっ。

私も長年「こいつだけは持って帰って食べないぞ」と思ってたんですが、あまりに釣れるので、捨てるのももったいなく、じゃ、数匹だけ料理して食べてみようかと、食べたところ、美味しいんです。でかいブルーフィッシュのような臭みはないし、なんせチビなので処理が楽。日本の「アジ」だと思って料理すればいいわけです。一応、「アジ的」にいろいろやってみましたが、南蛮漬けが一番簡単で、近所にお裾分けしても断然人気があるってことで、ここんとこよく作るようになったな。

秋冬、船でシーバスとかブラックフィッシュとかタラ釣りに行った時の「エサ取り」は「ビゴー」って呼ばれる魚です。ツンツンガツガツ餌を突いて食べちゃいます。鬱陶しいやつで、おまけに表面がヌルヌル、鰭骨がするどいので、うっかりするとヌルヌルトゲトゲで手を刺したりします。なので、釣れると釣り師は捨て台詞と共に、海に投げ入れ、誰もキープしません。とっても嫌われてます。が、私はいいサイズはキープします。もし目的の魚が釣れなかった時の保険に。……でもうちに帰ってクーラーバッグの中がビゴーだけって時は、めちゃくちゃへこみますが。

しかし、この魚のヌルヌルトゲトゲ荒く固いウロコの下の身は、非常にもっちりホロッとしており、天ぷらにすると最高に旨い魚なんです。

今日はこの2種類が、釣れなかった釣り師からの提供で手に入りましたので、丁寧に南蛮漬けを作り、いただいた釣り師さんにも少し食べていただきました。

f0056476_444272.jpg

まず、塩、胡椒、オールドベイスパイス等、適当にかけて、その後コーンスターチをまぶして、油でカラリと揚げます。
今日のスナッパーは釣りには面白くないサイズですが、食べるにはいいサイズだったので、スナッパーは皮付きで切れ目入れて丸揚げないし骨付きで半分切り、ビゴーはフィレにして中骨取った状態で皮剥いてます。
揚げる時にね、ディープ気味に揚げないと、南蛮漬けは美味しくないよ。軽く揚げると、汁に漬けるので臭みが出るわけよ。

f0056476_453284.jpg

揚げながら、適当に野菜を刻んだり、タレ作ったりします。今日も冷蔵庫の残りもの野菜使ってます。っていうか、いつもあるもの、うちは決まってるのでそこから。赤玉葱、にんじん、ハラペーニョ等。何でもいいから千切りです。細く薄くすると揚げた魚にいい感じにまとわりついて食べる時楽なので、野菜は薄く細く切ってます。生姜なんかも千切りにして今日は入れてます。忙しい割に、こういうところはバカ丁寧にやってる的外れな自分であります。

普段の私の料理は「残りもので見繕う」「適当」を趣旨として作ってるので、タレもその日の気分で適当です。今日は「なんか最近ビタミン足りないな」とか思って、レモン果汁たくさん入れてみました。ってか、レモンにカビが生えないうちに早く使っちゃえってのが本心ですが。で、5個ぐらい絞り器でギューギューしました。あとは、カりビアンの何とかって島のホットソース(目の前にあったので)、ワインビネガー(足下にあったので)、ミツカンぽん酢(これは絶対に切らしたことがないぐらいの価値の冷蔵庫内の定番商品であったな)を合わせたもんです。

f0056476_4543442.jpg

で、魚にタレと野菜をかけてできあがり。1時間ぐらいで味もしみ込んで美味しく食べられます。
この南蛮漬け、野菜やタレを変えると、カリブ風にもメキシコ風にもイタリア風にもできます。今までいろんなバージョンを作り、みんなに配りましたが、どれも人気の「お裾分け料理」だったよ。

嫌われ魚こそ美味しいってのは、瀬戸内海を故郷に持つ者みんなが知っている知恵です。この知恵をニューヨーカーに伝えたいもんだ。と、味見しながらビールを飲む今日の私。あっ、髪型がソフトモヒの金髪になりました。このままだと、間違いなくパスポートチェックでひっかかりそうです、ハハハッ。
by machikogunji | 2014-09-04 05:02 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(1)
Commented by m-rica at 2014-09-04 05:21
ソフトモヒカン☆本領発揮ですね*
<< ウズベック「アチク・チュチュク... そろそろおしまい。 >>