ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
お気に入りブログ
瞬間芸「チンゲンサイのネット天婦羅」
f0056476_1143729.jpg


f0056476_1242263.jpg2年前に、マイアミで知り合いの人が「ぜひ、おいしい酒のツマミがあるから食べてみてほしい」ということで、「HIRO」という店に出向き、そこで食べた「チンゲン菜の素揚げ」のおいしかったことが忘れられず、うちでも作ってみようと試した事、数回。この料理はいたって単純なんだけど、家庭の台所じゃぁ、油が飛び過ぎで後片付けが大変でした。レシピは、冷水でシャキッとさせたチンゲンサイの水気をペーパータオルで完璧に拭き取って、何もつけないでそのまま高温にした油でさっと揚げるといった、いたって簡単なもの。油はかなり高温にしないと、葉っぱが緑色になりません。よく水分を取っていてもかなり油散ります。はねます。怖いです。でも、塩をパラパラっと振って食べると、もうめちゃくちゃビールすすみます。この「旨い」けど「油散る」の壁をいつか乗り越えてやると頭の隅っこでずーっと思っていたんですが、この度、ちょっと解決の糸口が掴めました。それでも、揚げ物なので油は飛び散りますが、素で揚げることを考えると、クジラにチリメンジャコのようなもんです。そして仕上がりも思ったよりも綺麗。チィナタウンの底力をお借りした一品です。

f0056476_1342266.jpg

これ、何だかわかりますか? 同ブログのレギュラー・コメンターであるブルックリンのタマちゃんが教えてくれたチャイナタウンの隠れヒット商品「ベトナムの網状春巻きの皮」です。ベトナム系グロッサリーに1袋95セントで半生で売ってます。冷蔵コーナーにあります。1枚1枚丁寧に、くっつかないようにオブラートのようなうすーいビニールをかませてあるんで、一緒に揚げないように注意してください。私は最初、それに気付かず一緒にフライパンで焼いてとんでもないことになってしまいました。老眼すすんでます。上の写真は、この春巻きの皮がどのくらい自由自在に形を作れるか、試してみたものです。これは揚げないでフライパンでころがすように焼いたものです。生のままで食べるには厳しいので、必ず火を1回通す必要があるようです。けっこういろんなことができるみたいで1日中焼いて遊んでました。素材はライスパウダーでできていて、ちょっと塩味がついてます。焼くとパラパラとネットが切れるので、慎重に扱わなくっちゃだわ。パラパラ。
今日は、先程の水分をきちんと取ったチンゲンサイをこの皮にくるりと巻きこんで、高温の油で揚げてみました。油の飛び散る量がこれでだいぶん少なくなりました。中のチンゲンサイもいい感じの色でパリッパリに揚がっています。包丁で切るのは至難の技だったので、自然っぽく手でパリンと2つに割って盛り付けました。塩をパラパラ振っただけでも美味しいですが、レモンピールとピンクペッパーとブラックペッパーを散らしたら、ちょっとかわいくなりました。揚げる時間は一瞬です。日本式の天婦羅よりもカリカリに揚がり、その上天婦羅粉を溶く手間も時間もかかりません。残った油は、ぜんぜん濁ってないので再利用できます。でも、一度高温にしちゃってるから、お早めにお使いくださいね。
by machikogunji | 2006-05-19 01:56 | 中華 | Comments(0)
<< 懐かしい味「洋食屋のビフテキ」 野菜オムレツ/マグロぶつ/豆腐サラダ >>