ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ロールキャベツ
f0056476_14164756.jpg

私にとってのロールキャベツは、随分と長い旅をしてきた感がある。
初めて食べたのは、母が作ってくれたロールキャベツ。ケチャップ味の合い挽き肉で作った美味しいおご馳走だった。
高校生の頃、友達の家でそこのお母さんが作ったロールキャベツが美味しかったことを忘れない。ケチャップ味じゃなくて和風出汁にはびっくりした。
青春時代ひもじい思いをしてた頃に、東京の新宿「アカシア」で先輩にごちそうしてもらった時のロールキャベツは不思議な味がして、ソースが白かったのにびっくりした。
友達が入院していて、病院のごはんがまずいので、何か買ってきてと頼まれ、彼女は私の持ってったデパートの弁当を、私は彼女の病院のごはんを。その時のロールキャベツが旨かった。
ニューヨークに来てからは、住んでいたイーストビレッジの近くの暗い殺風景なポーリッシュ食堂で。中に蕎麦の実がびっしり入っていて、どん引きした。アメリカではロールキャベツと言わないで「スタッフドキャベッジ」って言うんだなと初めて知った。ポーランド語では「ゴウォンブキ」というなんて知る余地もなかった。 
そのうち、年に何回かは自分でロールキャベツを作るようになった。巻いたキャベツが外れないように、乾麺のスパゲティーを爪楊枝のようにして刺してから煮込むというのは活気的だと思った。
「グリーンポイントのポーリッシュ街にすごく美味しいロールキャベツがあるよ」と教えてもらい、食べたらかなり美味しく、そして破格の安さで、一時そこのロールキャベツを買い続けたこともあった。
そのうち、ロシア人街にも美味しいロールキャベツが安く売っていることが判り、いろんな店で買って食べた。
そしてというか、ついに縁あって、本場ロシアで食べることができた時は、キャビアを食べたよりも胸がいっぱいになった。ガルブツィ。夏に見たロシアのキャベツ畑、冬に見たモスクワの市場の何百個のキャベツたち。
……そう言えば私は子供の頃キャベツ人形ってのを持ってたな……。なんだったんだろう……キャベツ人形。
まっ、そんなこんなで、高松→東京→ニューヨーク→ロシア、思えば遠くに来たもんだ、ロールキャベツと共に。

なんてことを思った今日の夜。
今日のロールキャベツは、この前ポーリッシュ街で買ったものがあまりにも見事に1枚の葉でびっちりと爪楊枝を使う事もなく、スパゲティーを刺すわけでもないのに、素晴らしくビシッと巻かれていたので、思わず分解してしまい、「お〜〜〜、なるほど〜〜、こういう巻き方してましたか〜〜」と今まで気がつかなかった発見があり、それを実践してみようと作ったものだ。
f0056476_14182252.jpg

かなり完成度の高い「はがれないロールキャベツ」「箸でも切れるロールキャベツ」ができあがった。
by machikogunji | 2013-12-08 15:55 | 洋食 | Comments(1)
Commented by すっとこ at 2013-12-08 22:59 x
何か味わい深い短編読んだ気分・・・
<< 鱈さんったら、ありがとう。 アストリア商店街 >>