ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
大潮・黒魚
f0056476_18332052.jpg

今週3日間予定している「釣り」の2日目。
イカ釣り終了後、モントークから一度帰宅。イカだけ処理して、また出かけた。
秋、冬は自分の納得できる釣りをしたいと思っていた矢先、岸からのブラックフィッシュの名人からじっくりとそれを教えてもらえる機会が突如できたので、それを逃すわけにはいかないっしょ。

シネコックのジェッティーでのブラックフィッシュ釣りの「何をどう解釈して魚を獲得するか」ってーのを丸一日、陽が西の空に落ちていくまで、名人から1対1で徹底的に教えてもらった。竿、リール、潮、海の状況、風の方向、餌、魚のポイント、釣る時のコツ……、あぁ何から何まで「なるほどな」と説得力のある釣法であった。
難しい釣りなだけに面白いわけで。しかし忍耐が必要なわけで……今日の状況は大潮ってことでかなりやりにくく、しかも魚が岸に寄って来る時期が残すところ少しだけという「手遅れ寸前時期」で、その上、海に穴あける工事を近くでやってて海水が沖から潮が入って来ないと濁っちゃってどーしようもない状況で………など、早い話が「悪条件」な本日。それを克服して魚を釣らなきゃいけない。

「こんだけ教えて釣れない」ってことになると名人は自分の教え方に悩むであろうし、私は自分の理解力のなさと釣りセンスのなさにへこむだろし。だから1匹は釣らねば。
一日中、防波堤に立ってれば、「魚がくる条件」にあてはまるタイミングってのは何回かやってくるもので、その時にいかに適切な対応ができるか、あと、神様が微笑んでくれるかってーので魚を獲得できるか否かが決まる。だから、その瞬間を待つ、待つ、待つ。集中しながら待つ。
f0056476_18462314.jpg

夕暮れ時、ようやく釣れた。キーパーサイズ、OK。理屈にあった釣り方でしとめた魚ってのは、うれしいもんです。
f0056476_193753.jpg

しかし、名人「これじゃ話にならん」そうです。
明日、もう一度出直そうと。

もちろん、承知しました。私も男です…………あっ、違った。私も釣り人です。
by machikogunji | 2013-11-06 19:45 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(3)
Commented by すっとこ at 2013-11-06 21:53 x
さっすが!
男前マチコ先生!  「よっ!」
Commented by Tadao Kurebayas at 2013-11-06 22:14 x
姉御、いつ寝てんの?
Commented by mariarica at 2013-11-07 00:35
アニキ!期待してます☆
<< 特訓 イカ調査隊・解散。 >>