ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
マンハッタンどまん中・森の湖畔のレストラン@ボートハウス
f0056476_45018.jpg

知り合いのレストランのPR会社の招待で、めったに行けない素敵なレストランに友達と行ってきました。セントラルパークの中にある「ボートハウス」です。今、まさに燃えるような緑の森を抜け、湖の畔にあるとってもロマンティックなこっぽりとしたレストランです。タバーン・オン・ザ・グリーンの派手な感じではなく、あくまでもこっぽりと品よくまとまったお店です。そういえば、昔、ここで結婚式の披露宴をした先輩がいたよな。みんなで、酔いにまかせて、紋付はかまスタイルの新郎を湖に投げ込んだ覚えがあります。今日はそんな思い出もビニールに入れて燃えるゴミに出し、新たな気持ちですまして参りました。このレストランの春夏の新しいメニューのお披露目会です。
f0056476_451367.jpg
屋外の湖畔のデッキに真っ白の素敵なテントを貼って、魚を中心にしたお料理をシェフ達がその場で作ってくれるというビュッフェスタイルでした。湖では、ベニスの船乗りに扮した歌い手さんが、ゆっくりボートを漕ぎながら唄を歌ってくれるという演出もあり。優雅な反面、私にはちょっとこっぱずかしい感じでもあったのですが、めったに来れない優雅系御食事を友達とできるだけ楽しもうと張り切った次第です。

まずは、きちんと教育された給仕さんから、カクテルの「コスモポリタン」と「ラズベリー・マティーニ」をもらい、グビグビ、おっといけねー、キュインといただきました。かなり歩いたので、思わず「ウメェー」と咽が鳴ってしまいました。失礼。友達と違うのを飲んだので、人のは美味しそうにお互い思い、もう1杯ずつ。いきなり飲み過ぎでしょ。ワン・バイトで食べられる魚中心の前菜が次々に回ってきます。どれもかなりおいしい。「ストライプバスの刺身」ってのも回ってきました。ここのシェフのアンソニー・ワルトンさんって、ちょっと前に魚料理で一世を風靡した頃の「オセアナ」にいた人だって。だから、どれもいい魚使ってましたね。魚だけでなく、野菜も果物もいいの使ってますね、ココ。刺身に関しては、もちろん醤油だけでなく、アメリカン的なオリーブオイルに、ハーブ、そしてお決まりの「シトラス系」でマリネしてたけど、魚おろした時点でもっと塩して置いといた方がソース馴染むのにと、生意気にも思いました。新鮮過ぎて魚の身がソースをはじいてたね。うるさいよ〜、刺身関係は。
f0056476_453152.jpg

これはコッドフィッシュ(鱈)のソテー。この魚自体は味が非常に淡白なので、ソースが決め手なんだけど、ポルトガルソーセージっぽいのをソースに入れていて、しっかり味があっておいしかったです。オリーブ、トマト、玉葱、それにサフランかな、この色は。これもおうちで作っちゃおう。今週末の料理教室は「なんちゃってボートハウス」になりそうだっ。
f0056476_454511.jpg

ロブスターのサラダです。マンゴーソースがおいしかったね。ロブスターはかなりいいの使ってたな。茹で方パーフェクト。
そんなこんなで、結局、湖サイドの奥の方のテーブルを占領して、片っ端から試食させていただきました。うちらと相席させてと来た、チャイニーズの女の子とその彼氏がこれまた次から次へとよく食べるカップルで、うちらのテーブルだけ、飲茶状態になってしまいました。デザートがこれまたおいしく、ルバーブのミニパイにベリー系のジェラード無理やりのっけてもらったり、タヒチのバニラのムースにも無理矢理フレッシュフルーツをポコポコ「モア。モア」と言いながらのっけてもらったり、とっても小さなロリポップサイズのコーンアイスを5種類全部食べちゃったりと、大変失礼なうちらのテーブルでした。でも、これほどここのお料理に感動し、涙を流しながら食べていたグループはなかったね。アンソニーさんが回ってきてうちらの食べっぷりにニコニコ笑顔で(つるっぱげにしてるので怒ると怖そうな大男、でも笑顔がかわいい)うれしそうにしてくれたのが救いでした。ディナーはかなりのお値段かと思われますが、週末の朝9時半から夕方4時までのブランチに、今度「藤の棚のお花見」がてらに来てみようと思いました。隣にはカフェもあります。ここはカジュアルな感じ。狙い目はウイークデーの夕暮れかな。週末はかなり混むと予想されます。楽しい一時でした。
by machikogunji | 2006-05-05 05:05 | 行ってきたゾ! | Comments(0)
<< 素敵なラベルのおいしワイン イケてます。パッタイソースでナス炒め >>