ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
ぶっ飛びのエキシビジョン
f0056476_1132198.jpg

ポール・マッカーシー「WS(スノウ・ホワイト=白雪姫)」。
17歳以下は入れません、このエキシビジョン。Momaなんかは3時間待ちなんていう、とてつもない人気ですが、こちらパークアベニュー・アーモニー(広大な昔の武器庫)はガラガラ状態だった。そうですよね、ポール・マッカシーですもの。見る側にかなりの覚悟がいりますもんね。アメリカ現代美術界の「変なおじさん」と言っても過言ではないでしょう。好きな人はめちゃくちゃ好きらしいですけど。
f0056476_11324250.jpg

広大なレンガ作りの武器庫の中は、
f0056476_11322938.jpg

外気の熱風が嘘のように涼しかったですが、まっ、すげえインスタレーションが繰り広げられています。
f0056476_11353555.jpg

f0056476_13593399.png

この人工的に作られた巨大な森が見たかったので行ったんですがね。写真は全面的に禁止なので、サイトの写真を使わせてもらいました。
f0056476_1422631.jpg

現場で貰えるパンフレットです。巨大画面でずっとこのらんちき騒ぎの状況が流れてます。そのワンシーンですな。これなんか幸せな方です。実際の映像は悪夢的。
ディズニーのキャラクターである白雪姫がテーマなんですが、森の中に作られたこのアーティストが昔育った家の中で繰り広げられる、非常にアメリカ的な「らんちき騒ぎ」の一部終止を立体、映像で見せてます。まっ、半端ないですねこのマッカーシーさん。彼独特のドロドロの世界、館内をぐるりと回って、ふと思ったんですが、「この作品って、仏教の曼荼羅の絵の中によくある六道ってのを表現したしんちゃうのん」と。六道とは「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上」、これを白雪姫のらんちき騒ぎに当てはめてるような気がしたのはアタシだけでしょうか。
興味のある方、アメリカ版・夏の納涼お化け屋敷だと思って足を運んでみてください。気の弱い人は無理ですけど。マッカーシーのインスタレーションとしては過去最大の規模のものです。しっかし、まぁこんなことしちゃってのノリですが、アーモリー、このアーティストによく場所提供したよね。あっちこっちにバイトやボランティアの人がスタッフとして働いていたけど、私だったら気が滅入って一日でやめちゃうだろな。あーやってられねぇって。お察しします。
WS by Paul McCarthy:8月4日まで。
by machikogunji | 2013-07-24 13:20 | 風景 | Comments(0)
<< マグロのラタトューユ 人種のるつぼの湯屋で。 >>