ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
6婆・NYヒラメ解禁日
f0056476_12372985.jpg

「自分で釣って喰ってみろや!クラクラするほどうめーからよ」会だってば。魚料理教室の延長の釣りざんす。乙女、おっとどっこいおばさん6名、普通の日の朝7時にニューヨーク沖海上にたたずみミーティング。今朝は4時にうちに集合、車で2時間、ロングアイランドのオリエントポイントから出港の乗合船「プライムタイム3号」で鮃とストライプドバスを狙いに。とりあえず去年と違って今年は天気ばっちし風弱しの釣り日和。







f0056476_12382899.jpg

本日の乗客、黒人のおっちゃんグループ6名とうちら6名、その他1名。リタイア組のおっちゃん達とほぼ貸し切り状態。小型の乗合船のいいところです。
f0056476_12413364.jpg

そしてメイトのマット君と20年来のおつきあいのマイク船長(写真右はお客さん、マイクの写真撮りそこね)と。
f0056476_1243995.jpg

犬1匹、シービスケットちゃん。大きなエイをボコボコにしていて船長に叱られ、魚と一緒に箱に入って反省の図。
f0056476_12425121.jpg

まずはペコニック湾で今日解禁となったヒラメ釣りを。グリーンポート・フェリー桟橋前、シェルターアイランドの南をお昼過ぎまで攻める。
f0056476_12433431.jpg

釣れたわさ〜。ヒラメ釣りの神話は崩れない。まず全く初めての釣りの2人がパタパタとキーパーサイズをゲット。「うわ〜、なんだか重いですぅ」と言うから助けに行ったら、竿先ピクピク。これ魚です!「よーし、ゆっくりでいいから巻いて巻いて、ゆーっくりでね」と声をかける。私は触れませんよ、自分で釣っていただきますけん。おっ、見えてきた見えてきたっ!ひらめちゃんのお姿が。メイトのマットが彼女の右に付いて網を構える。左で私が、「水面から魚出したらダメダメよ。マットが頭から魚を網にうまく入れるから、よーし、そのままで止まっといて、よーし、そのままそのまま」。マットに「外したらチップ返せよ。」と耳元で脅迫。「任せといてねーさん」とは言わんがそんな感じで笑顔で「OK」。はい、お見事、彼女の人生初のグリーンポートの鮃です。私もこの経験を20数年前にして人生が変わってしまったの。その瞬間、貴重です。まさか、この瞬間から彼女の人生が釣りに走るということはないと思うが、次回の釣りに誘い易いぞウフフ。旦那様、ごめんなさい。次回はご一緒にどうぞ。この地域での鮃釣りに関しては、誰よりも執念深い私です。そしてこの船の船長マイクへの信頼度は100%を越えている。長いこと乗合船に乗っていたら、こういう人がポツリポツリと出てくるもんだ。みんなよくしてくれます。だって20代からの付き合いです。お互い歳は取ったけどまだまだ「腕白小僧とおてんば娘」の関係なわけっす。
f0056476_1244659.jpg

今年のny州の鮃のレギュレーションは、19インチ以上一人1日4枚までと昨年に比べて規制が柔らかくなってます。1番に釣った彼女に続いて、もう一人の全く初心者の彼女が立て続けにキーパーをゲット。あとに残る3人の大奥があせり始めます。「町子さ〜ん、あたし達釣れないんですけど〜何がいけないのかなぁ」と難しい質問。
f0056476_12421693.jpg

「仕事の邪念が憑いてるのよ〜。一心に魚を待つことよ、まず。あせると男も魚も釣れないよ〜〜」と訳のわからないアドバイスを一発。あぁ、またさっきの2人が釣り上げる。大奥組、またまたあせる。中には脱落者が……竿を置いて弁当&おやつに走る。どーだ唐揚げおいしいか。ポケットに大福忍ばせとくなよ。とかなんとかいろいろ各自葛藤を船上で繰り広げ、そして乗り越え、なんとか協力して一人1枚はとりあえず鮃をクーラーバックに納める。もちろん料理教室の延長なので、魚を触り、メイトの裁き方を見学し、血抜きもしっかりして、うちに帰って自分の魚は自分ちの台所でしっかり自分でおろしてもらう。そして食べてちょーだい、自分の魚を。鮃の釣果としては、今年は全体的に水温がまだ低く、魚の活性化が5月1日に間に合わなかったね。昨年と比べるとかなり悪い。しかし、悪いなりにもアクションはありましたよ。アタリはけっこうあるある。ただ大きいのはまだペコニック湾に入ってきてないな。うちらのプールフィッシュはあまりにも小さかった。5パウンドぐらいかな。帰りにペコニックスター号の船長に逢ったので「どうでした?」って聞いたら「うん、まずまずだな」と。プールフィッシュは6パウンドゆーてましたから本当のところは4.5~5ちょっとと推測勝手にさせてもらってます。どちらの船長も「あと2週間したらいい型が上がるな」ということです。2週間後、私はロシアやわ。ネバ川でのシシャモ釣り遊びしに行く予定なんで、間に合わないなぁ。みなさんは行ってみてください。
f0056476_12445743.jpg

鮃釣りを終え、船はまたオリエントポイントに向かって移動。最後にみんなでオリエントポイントの灯台と政府の動物免疫の研究所のあるプラムアイランドの間の流れのすごく速い「プラム・ガット」でストライプドバス釣りに挑戦です。全員同じ側に一列に並んで、船長の号令に従って針を落とします。底が岩で独特の釣り方なんですここは。40フィートから20フィートの競り上がりの急流に船を流して「底に錘が当たったら3度糸を巻き上げる」の繰り返しで魚を誘いひっかけるんですが、めちゃくちゃ難しい。底の岩にすぐ針が引っかかって竿を持っていかれるの。持ってかれようは下手するとこちらが海に落ちそうになるの。釣れたらここのはでかいんですが、これもアタリなし。1時間ぐらいいろいろ船を流したけど、魚はいませんでした。残念。一度大きなアタリが来たけど、ダメだった。鳥山ができてなかったし、まだこちらも時期的に早かったなぁ。
f0056476_12473353.jpg

ってことで、まぁストライプは全く駄目だったけど、鮃はみんな持って帰れて、よかったとしましょう。釣った数では黒人のおじちゃんのチームよりはるかにおばさんチームの方が良かったのがうれしかった。なんせ女だけの釣り同好会が華々しくデビューしましたから。港に戻ってグリーンポートに帰り、みんなで「アルド(私のFavoriteコーヒー屋)」でおいしいコーヒーを飲みながら反省会。みんな次に夢たくしてます。この夏、グリーンポートで釣り合宿する予定ですから。その後、車3台に分かれてフェリー乗り場で解散。楽しい釣りでしたってのがこの写真から溢れんばかりでしょ。あっ、1番私が楽しそうに映ってるか。止められないわ、やっぱり海釣り。
f0056476_2244584.jpg

なお、船には泣きじゃくる赤ん坊とバナナは持ち込み禁止ですから(笑)、あしからず。
by machikogunji | 2013-05-02 12:47 | NY釣り婆日記・魚料理 | Comments(0)
<< バターで食べるアイスランド鱈の干物 モツ味噌煮込みと明日の鶏唐 >>