ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
久々の山ちゃんのにぎり
f0056476_75471.jpg

先々週になっちゃいますが、サニーサイドにある竹寿司で飲んだくれ。って大して飲んではないのですが、板前さんの山ちゃんには20年ぐらいおいしい寿司を食べさせてもらってるので、話が弾んじゃってね。酔っぱらった。昔のnyの話、久しぶりにしたなぁ。








20年前、若造のあたしなんて、グラセンの近くにあった竹寿司なんか絶対に行けなかったもんなぁ。日本の景気がよく、もういつ覗いても駐在員、同伴のホステスさんでいっぱいだったよなぁ。ニューヨークの寿司の始まりはたぶんこの竹寿司からだったと思う。そんな話から次々と話題がのぼる。「○さん、あっちに逝っちゃったよ」とかというもう今は亡き先輩の方々は出てくるわ、昔の名店・珍店も出て来るは、きわめは奥のキッチンの人は何とあの幻のジャパニーズバー「ちんや」で働いてたなんてのには驚いた。ニューヨークの和食の歴史を語る時にこの「ちんや」、そしてそこの女将の話を外すことはできない。10年もっと前に、一度ニューヨークの和食レストランのことを某現地新聞に書いたことがある。その時は、当時の事を知ってる人達を片っ端からあたっ話を聞かせてもらった。第二次世界大戦前にあった「都レストラン」に始まり、私が調べたのはこの竹寿司がオープンする前までの変遷だった。その記事読んで泣いてくれた人が数人いた。書き留めてくれてありがとうと言ってくれた人もいた。竹寿司に関しては、故松本鉱宇氏著の『ニューヨーク竹寿司物語』を読めばよーくわかります。
f0056476_7125866.jpg

f0056476_742831.jpg

f0056476_754199.jpg

お寿司食べながら、なんか自分がここに長く住んでるんだなぁとつくづく思った。昔の話をしてくれる職人さんも少なくなった。そしてその話に相づちを打てる人間も少なくなった。お寿司がここまで世界に広がっていくとは誰が当時想像したでしょう。ってな感じでなんかしみじみ寿司になっちゃったわけで酔いが回わっちゃったんです。ハハハッ。山ちゃん、また伺いますっ!
by machikogunji | 2013-03-31 12:40 | 外ごはん | Comments(0)
<< 春のちらし寿司と油淋鶏 貝出汁ラーメン >>