ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ヘイクのリゾットと赤ワイン。
f0056476_07301.jpg

鱈ファミリーの魚・ヘイク(hake)のしっぽの方が余ったので、今日の夜はそれを使ってリゾットを作った。今日の料理も余りもの寄せ集め編でが、意外とそういう時の方がたまに美味しいものができたりする。魚の骨で出汁とって、よーく炒めた玉葱とチャンクした魚をバターで炒め、塩こしょうとスパイスで味を整えて、ごはんと一緒にスープで煮て、最後にパルメジャーナを入れて混ぜてできあがり。スパイシーパプリカ入れ過ぎてかなり刺激的な味になっちゃいましたが、それが赤ワインに良く合って、向かいに住む酒飲み友人に「いつもと違うワインにぴったりのごはんができた」とメイルしたら3分後にやって来たので、2人で飲みながらガッツリ食べた。




日本は、真鱈とスケソウダラが一般的だが、アメリカ北東部の海にはけっこうな種類の鱈ファミリーの魚が捕れるんです。真鱈は「コッド(cod)」。白子が入ってる時期は12月ぐらいの早めの冬。まぁこっちの人は捨てますが。鱈の頭を貴重がるチャイニーズ系の人さえ白子には興味を持たないの。日本人としてはあり得ません。だからその時期に釣りに行くと、白子総取りでみんなから貰えます。で、他に「ポロック(Pollock)」「ハドック(Haddock)」「カスク(cusk)」「リングコッド(lingcod)」なんかがいます。魚屋に一般的に売られてるのは、コッド、ハドックと、小さいヘイク「ホワイティング」でしょうか。また魚屋によっちゃ、これらの白身をフィレにして「スクロッド(scrod)」と記して売ってる場合もあります。スクロッドはだいたい小型のコッドを指すと漁師が言ってましたが、鱈のファミリーの白身だったらスクロッドでよしという人もいます。私はフィレはまず買わないのでよく判りませんが。カスクとかりングコッドは釣りでは釣れますが、あんまり市場にはないな。これらに共通してるのは全部おヒゲが生えてます。あごの下にちょろんと。ナマズは別として、このおヒゲがあったら鱈の仲間と言っていいと思います。こんくらいの名前を覚えとくと魚屋で買い物する時ちょっと楽しくなるかもです。
by machikogunji | 2013-02-11 00:27 | 洋食 | Comments(0)
<< 寒いけど冷麺か、寒いから冷麺か。 涙の甘エビ >>