ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
お気に入りブログ
黄ニラのパッタイ
f0056476_174631.jpg


f0056476_112724.jpgチャイナタウンをいつもになくゆっくり散策。今日はバワリーのベトナミーズ&南アジア系マーケットで粘った。面白いモノがあるなぁ。ジャックフルーツに、孵化する直前の卵なんてのもある。冷凍コーナーには亀さんが甲羅をつけたまま固まってましたね。けっこうデカめの、これ、スッポンぽい形だねえ。
今日は家でパッタイ風の野菜たっぷり炒め麺を作ろうと思ってたので、ここで、まずタイ製の瓶入りパッタイソースをゲット。このソースいけてました。甘過ぎず、かなりスパイシーなお味。中には、砂糖、タマリンドのジュース、ガーリック、ソイビーンオイル、シャロット(葱)、フィッシュソース(ニョクマム)、それにチリペッパーと、パッタイに必要なものはすべて含まれてます。それをペースト状にしたもので、パッタイ以外でもかなりいろいろ使えそうな味。チリソースもこれをベースに作ったらかなり簡単で旨いのができるぞ。ヒットだな、コレ。『MAESRI』ていうブランド名で、タイのおばさまのマークが付いてます。
その他、レモングラスのみじん切りパックなんてのもありました。こりゃ便利。色も素敵ってことで購入。これもちょっと入れてみたよん。レモンの香りがいい具合に広がります。
そしてタイやベトナムで使う小振りのバジルも。このバジルは、お客のベトナム系の人達がポンポン買ってたんで、私も混じってポンっと買いました。イタリアンとかのバジルに比べると小さな葉っぱだけど香りは一人前。いいじゃん、いいじゃん。
あとは魚屋でエビ、豆腐屋でモヤシと太いライスヌードルも買い、おうちに帰る。今日もあれやこれやと荷物が重かったわい。
外食でパッタイを食べると、私にはちょっと甘過ぎで、エビが少ない、モヤシも少ない。うちで作ると、野菜たっぷり、甘さ抑えめ、エビ多め。具には、鶏もも肉の挽肉、エビ、卵、黄ニラ、青ネギ、モヤシ。これに麺とパッタイソース、塩、こしょう、鶏ガラスープの素、レモングラスのみじん切り、醤油少々、砂糖ちょっとを足してゆっくり炒める。今日の決め手は、黄ニラだな。

f0056476_182012.jpg

これが黄ニラの姿です。今がとってもおいしい時期で、柔らかく甘い、本当に甘いんですわ。黄ニラは、普通のニラを作る時、あえて光を遮断して栽培したもの。カロチン、ビタミンの量が多く、その上、脳の老化を防ぎ記憶力をアップさせる物質「アホエン」が含まれてます。「アホヤン」ではないので、お間違えなく。ただ難点なのは、高かった。1パウンド6ドルとは、チャイナタウンの野菜で一番高いんじゃないかい。なのでハーフパウンドだけ買いました。

f0056476_184619.jpg

パッタイにもこの黄ニラ、たっぷり入れましたが、欲が出て「おひたしにしたらどんな味?」と思ったので、ヒユナと一緒に作ってみたら、かなりおいしいぞ。甘味がグーンと出ています。あえて醤油ちょっとだけでいただきました。旦那はマヨネーズかけてたけど。
緑ヒユナは、いつもの所で買ったんだけど、だいぶん葉も大きくなって固くなってきた。出始めのあの柔らかさは終わったかな。そろそろ紫ヒユナかな。

パッタイのお味は? 美味しかったよ。パッタイソースのおかげで、こんなに手軽にできるのがよーくわかったので、これからもちょくちょく作ろうっと。次回のタイ料理は、トムヤンクンに挑戦したいもんじゃ。
by machikogunji | 2006-04-19 01:35 | アジア | Comments(5)
Commented by martiniflats at 2006-04-20 01:55 x
うちもこのタイのおばさんマーク愛用してます。これの分量少なめにして、ナムプラー、Surirachaのチリ―ソース、タマリンド付け足してちょいとスパイシーめにつくってました。最近パッタイ作ってないから、もうすっごい古いかもしれない(やばい) こんなソースってどのくらい保つんでしょうかね? 
Commented by machikogunji at 2006-04-20 12:13
RE: martiniflatsさん
先輩、タイ料理の御指導よろしくおねげーしますだ。今度タマリンドを和食に使ってみたいかなと思ってます。こうすればいいかもしれないっていうアイデアあったら教えてください。martiniflats さんのアイデアをこのブログで再現させて載っけてみたいっす。
Commented by T.O. at 2006-04-25 23:54 x
料理は材料選びからー鮮度のいいもの、旬のものを旬のうちに食べることの楽しさを、郡司さんのブログで改めて学びました。ありがとうございます。で、鮮度のいいものといえば、とれたて。摘みたて。 タイのバジルが余ったら、バジルの茎を水をいれたコップにさして、ひなたの窓辺に置いておくと、1週間もしないうちに水につかっている茎の下のほうから白い芽がでてきます。そしたら、それを植木鉢にさして、水をやって育てると、バジルはどんどん育ち、使いたいたびに摘みたてのバジルがとれます。バジルはひなたが好きなようです。もう、ご存知だと思いましたが、コメントに書いちゃいました!  私は、フォーを食べた時、そこであまったバジルの茎を2−3本もって帰ってきて、育て始めて、今ではたんわり育った摘みたてを楽しんでいます。
Commented by machikogunji at 2006-04-26 05:06
T.O. さん、さっそく本日コップにさしました。そっかー、いつも枯れてしまったりしてたんで、これからは何でも水に浸けといてみます。ありがとうっ! 
Commented by T.O. at 2006-04-26 06:03 x
ところで、この方法で、ミントも増やせます。やったことないけど、たぶん、セージ、ローズマリーもできると思います。なんでかっていうと、こういうハーブは、挿し木で増やせるからです。 ただ、コップのお水は一日おきくらいにきれいなお水とかえてください。溜まったお水はやっぱり、悪くなりますから。 それと、下の方の葉っぱはちぎって、水の中につからないようにしてください。

うっかり中から緑の芽がでてきてしまったにんにくは、そのまま植木鉢に埋めて水をかけて育てると、芽がでてきます。スキャリオンのような感じです。それは、蒜苗として、中華料理に使えます。   

郡司さんに新しいことが紹介できて、何か照れるけど、うれしいです。 エヘ。
 
<< ちょっと困った「チリアン・シー... ハリッサ風味・ふわふわハンバーグ >>