ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
壷焼き肉じゃがの味@Brighton Beach
f0056476_2155490.jpg

JFKでスペースシャトルを拝んだ後に、海辺のハイウェーをぐるりと回り、ブルックリンのブライトンビーチへ。ロシアで使う携帯電話のことがよく判らないので、電話屋で直接ロシア人に聞いてみようと。前回自分の携帯を持ってったら予算以上に料金が高かったので、同じ失敗をしないために念には念をです。おばさんなのでこういうことにめちゃくちゃ弱いんです。結局いろいろ話を聞いてみると、現地で安い携帯電話&SIMカードとプリペイドカードを買うのが一番安上がりということが判った。ってことで電話の悩みは解決。ちょうどお昼となったので、ごはん、ごはん。ブライトンビーチもよく通っていると、だいぶんどこに何が売ってるかとか判るようになり、ウロウロする範囲も徐々に拡大している。ちょっと文字も読めるようになってきた(意味は判ってないし、会話にはほど遠いが)ので、ますます楽しいぞ。
メインの高架下の商店街をちょっとはずれた横町に、なんかでっかい壷がキャナピーの上に乗っかっている。なんじゃココは?と寄ってみると、小さな食堂。人気があるようで、狭い店の中はいっぱい。ちょうど1組食事が終わって出てきたので、とりあえず入ってみることに。
f0056476_345725.jpg

「VARENICHNAYA」って名前の店で、店名にもなっているロシアの茹で餃子ヴァレニキがウリのよう。ロシアというかこれはたぶんウクライナ系のお店だな。ヴァレニキよりも小さな餃子「ペリメニ」や、クレープに具を入れて四角く折りたたんだ「ブリンツ」もあり。みんなこれらを目当てに来てるようだ。
メニューを見てると、コーカサス地方の料理もけっこうあった。私はどちらかというとそちらの方が好きで、ここは軽くスープでいいかなと、まだ試したことのなかったグルジアの名物スープ「ハルチョー」を頼んでみた。これはお米とラム肉、トマトや野菜を煮込んだピリ辛の具沢山スープ。けっこうこってり系のスープだと聞いていたが、ここのぜんぜんそんなことなかったな、美味しい。ごはんが入ると安心するのはやっぱり私がアジア人だからなかな。スルリと完食。スープは他に、ロシアの定番「ボルシチ」、ウズベキスタンの煮込みうどん「ラブマン」、本家はトルクメニスタンだけどここのはウズベキスタン・スタイルのあっさり系肉と米とじゃがいもと香草(トマトは入ってないのでスープは緑色系)のスープ「シュルパ」があった。どこがどうウズベキスタン・スタイルなのかは今度注文した時に聞いてみようっと。それと、ロシア方面で夏に食べるスープ「オクロシュカ」ってのも書いてあったんだが、まだ始めてないとのこと。日本人が「冷やし中華始めました」という貼紙をみて「あぁ夏だな」と思うのと一緒なのかな、このスープ。食べてみたいぞ。って感じで、なかなかスープ系に強いお店だ。
f0056476_3321982.jpg

もう1つ、店頭に高々と飾られてある、あの壷の食べ物はぜひ食べてみたかったので、お店の人に聞いてみると(ここの店主のおばあちゃん、めちゃくちゃ美輪明宏にそっくりです!!髪型と色(黄色じゃないけどシルバーなので光の具合で黄色に見える)からメーキャップ、あの眉毛の形までそっくり)、「ジャルコーエ」ってやつで、豚肉とじゃがいも、玉葱を一回炒めてから壷に入れてオーブンで温めてるんだそうだ。日本的に解釈すると「壷焼き肉じゃが」ってところだな。いい感じじゃん。即オーダー。ジャルコーエってのがこの壷なんだそうだ。こんな感じで登場。薬味には青葱とロシアお約束のディルがかかってます。これっ、おいしっ!!ほんまに肉じゃがや。むしゃむしゃいけます。醤油とみりんなしなのに肉じゃがの味にちゃんとなるのねとびっくりした。これもまさこ姫と2人でスルリと完食。
f0056476_332076.jpg

あと、パンが面白かった。この記事を書いた後日、イスラエル在住のブログを通して知り合ったsarahさん(sarahさん、すごい人っす。ものすごく勉強されている。これからもいろいろ教えていただきたい。勉強したいっす。)が、きちんと調べてくださった結果、このパンは、ブハラ・ジューイッシュの人達が食べる伝統的なパンであると判明。私は「ウズベクスカヤ・レピョーシカ」と簡単に書いてしまったので、もう一度調べてみたら、あぁ、これは一言では語れないと。もともとブハラ・ジューイッシュの人達のパンであるのだが、歴史を溯る事2世紀半ですか。めちゃくちゃ簡単に言うと、ブハラ・ジューイッシュの人達が食べ続けてきたパンが、歴史と共にウズベキスタンの人達と共有するパンになっていき、そしていろいろな形に進化したようです。総称してレピューシカってことで括ってるようです。ほんと一言では言い切れない、この地域には「食文化の歴史」が渦巻いてるんです。しかし、今回のパンは、典型的なブハラ・ジューイッシュのトラデイショナルな形をビシッと守った形のパンであったようだ。ってことは、その場ではなーんも知らず、丸ごとは無理なのであらかじめ半分にしてもらって食べた次第。「ぷっくらでかなりの塩味。真ん中に剣山のような針状のもので花柄を押してから焼いてるのがかわいい。欲しい、これっ、面白い。ロシアに行って探してみたい料理器具のリストに入れとこう。」と軽くまとめてしまったの。パンの歴史ってすごいかも。味よりも歴史背景に興味そそられます。sarahさん、ありがとう。
このように、アメリカでロシア料理と看板提げてるお店、奥が深過ぎだなぁ。ロシアだけじゃないのね、どこも。ロシア料理というもの自体の存在があやふやなのは最近判ってきた。フランス風あり、アジア風あり、アラブ風あり、いろいろなものが重なり合ってるんですね。興味はますます深くなる一方です。
★VARENICHNAYA:3086 Brighton 2nd St., Brooklyn
by machikogunji | 2012-05-30 03:54 | 外ごはん | Comments(3)
Commented by 光岡いずみ at 2012-05-30 06:45 x
ああ、又行きたいなあ。
Commented by 聖子 at 2012-06-13 12:04 x
アストリアからレゴパークに引っ越して半年、やっとこの辺にはBukharian jewsがたくさん住んでいるという事がわかってきました。このブログに出てくる食べ物が食べれそうなレストランもたくさんあるようですが、まだ開拓してません。何を頼んでいいのかもわからなかったので、このポストとても参考になります。

このパンによく似たパンはRochat Bakery
(6543 Austin Street, Rego park, NY)に売ってて、これは試しずみ。おいしかったですよ。特に焼きたてのものは。

レゴパーク、ブライトンビーチほどロシアではないかも知れませんが、アストリアから地下鉄Rでたった15分ですので、今度ぜひ来てみてブログに書いてくださいませ。
Commented by machikogunji at 2012-06-13 14:23
聖子さん、レゴパークにもちょくちょく足を運んでます。この地域は歴史と人種と食文化がものすごく複雑で、今、イスラエル在住のsarahさんという方からいろいろユダヤ人と混じり合った中央アジアの食文化について教えてもらっている最中です。今夏もロシアに出向きますので、その辺をじっくり観察してきたいと思ってます。パンがこれほど各地の食文化を象徴するものだということに驚いている今日この頃です。でも私は米派なので、なかなか前に進まないのが悩みです。
<< 黒いサンドイッチ おつかれさまでしたっ、スペース... >>