ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
生海苔
f0056476_1183532.jpg

あるのよね、こういうディープなものが、韓国系マーケットにこまめに通っていると。生海苔です。まさかって思ったよな。韓国産らしい。どこ産でもいいよ、こんなん手に入るとは思ってもみなかったんで。うちに帰ってすぐ日本の90歳になる叔母に電話して、「瀬戸内の正統派のメノリ(海苔の佃煮のことをうちの方ではこう呼ぶ)」を聞いた。拍子抜けするほど簡単な作り方だったが、さすがに叔母が毎年何十年も作ってきたものは、朝採ってすぐの生海苔だから、これほどに簡単に調理しても旨かったんだろうな。叔母はすかさず生海苔の状態を私に聞き、「あぁ、それは海苔がもうすでに伸びとるわ」と。鮮度の優れたものは海苔に伸縮制があるのだが、時間が経つに連れて海苔が伸びてくるらしい。なるほどね、こういう言葉は年期の入った人からしか聞けない言葉だなぁと感心。あと「海苔を炊く時は、絶対に横に付いとけ」ということ。水分の調整が微妙なので、目を離すわけにはいかないそうだ。電話を切った後、言いつけを守って叔母の作り方で作った。ほんまっ、どこまでで水分を蒸発させてよいのかが微妙な仕上がりになるわけだなと納得。自分なりに火を止めて冷ましてみたところ、ちょっとだけ硬めになっちゃったなぁ。もう少し水分を残しといてもよかった。何はともあれ、ちょっとこのところ具合の悪かった叔母だが、こういう料理についてのことを聞くと、見違えるほど元気ではつらつとした声になるの。今日も張り切って教えてくれたのが、うれしく、少し涙ぐんでしまった。
f0056476_11255683.jpg

前々から教えてもらわなきゃなと思っていた「生海苔でつくるメノリ」ですが、遠いアメリカに住んでいては、こんな生海苔が手に入るチャンスなんてないだろうなと諦め半分でいたのに、本日、叔母がまだ元気なうちに国際電話でやりとりしながらではあるが、その味を受け継ぐことができたのがうれしくてたまらなかった。
by machikogunji | 2012-03-05 11:24 | 旬・季節もの | Comments(1)
Commented at 2012-03-05 16:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 生アンチョビとべっぴんさんのトマト ヒンドゥー寺院の地下食堂 >>