ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(8/23)
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
ヒンドゥー寺院の地下食堂
f0056476_842493.jpg

NYには、たくさんのインド系移民が住んでるわけで、ヒンドゥーのお寺もけっこうあるわけで。クイーンズ区のフラッシングなんぞは、ぱっと見は中国と韓国って感じですが、奥に行くと、これがこれが、静かな住宅街に、突如と現われるこの建物、ヒンドゥー寺院です。ずーっと改装をしてたので、中には入れなかったんだけど、最近まだ全ての改築が終わったわけではないようですが、一般の人も中に入れるようになった。で、今日は前を通りかかったので寄ってみた。
f0056476_1017870.jpg

f0056476_10132317.jpg

寺院内は、写真撮影不可。まっ、当然です。皆さん熱心に拝んでるわけですから。靴を脱いで寺院に入ります。入り口には、お供え用の花が売られている。ヒンドゥーについては私な何の知識も持ってないんですが、入り口にこれもお供え用なんだと思われますが、ヤシの実が売っていて、外には、「ここで椰子を割ってください」との椰子割りの場所もありましたねぇ。本堂には、中央に大きな像があり、その回りに動物の石像を奉ってあるんですが、牛、猿、鳥と、これもその教えからきているんでしょうね。興味ありましたねぇ。祭壇とお供えの花の色の鮮やかさには目を見張るものがありましたねぇ。美しいです。ロウソクをたくさん並べた一角では、椰子油の瓶が数本あり、これを差して、ロウソクの灯が消えないようにするんでしょうか。ここは完全にアメリカじゃありませんね。インド行ったことないですが、なんかワープして自分がどこにいるのかわからなくなりそうな空間だったなぁ。月末には、大きなヒンドゥーの行事があるようなので、今度はある程度勉強して、機会があったら訪れたいもんです。
f0056476_10183755.jpg

ここで話が終わると思っちゃいませんよね、読者の方は。
実はこの寺院の地下には、一般の人にも開放している食堂があるんです……。







f0056476_10253866.jpg

入り口、非常に判りにくいです。本堂のある本館の横にある別館の地下にあるんですが、入り口がわからない。カレーの匂いは確かにここからすると判ったものの、行き方がわからない。こんな厳粛な場で、異国の者は「食堂はどこですか」と聞くってのもちょっと不謹慎かと思ったのだが、優しそうなおじさんに小声で聞いてみたら、笑いながら「こっちだよ」と教えてくれた。それでも判らず、数人にコソコソと聞いてみた。みんな笑顔で丁寧に教えてくれるところに、ヒンドゥーの教えの寛大さを感じた次第。こんなことでそう理解していいのかどうかは判りませんが…。で、ついに見つけた。何にもなさげな地下の階段を降りてくと、遠くから何やら大勢の声が…。よーく聞くと、「ナンバー89。できたよ」ってマイクで呼んでいる。これで確信。カレーの匂いもどんどん近づいてきたし。
まさに食堂。わーい食堂だっ。いろんな人が食べている。うわ〜、いい匂い。えっ、奥にはお土産物屋も。そっか〜、ここの寺院は大きいから、いろんなところから参拝に来るんだろうな。
さっそくオーダーの列に並び、みんなの頼んでいるものを見つつ、張り出した「週末の特別メニュー」を見つつ、何を食べるか決めた。
f0056476_1038753.jpg

週末限定メニューBisi Bele Bathはカレーリゾット風。あっ、メニューはすべてもちろんベジタリアンですから。南インドの料理。きゅうりのヨーグル和えがサイドにあり、もう1つはご飯に混ぜて食べたらパリパリして美味しかった駄菓子風の揚げ物。優しい味です。しょっぱくないし。味が寺院ぽいと言いましょうか、その辺のレストランの濃いめの味とはあきらかに違う。
f0056476_10422635.jpg

こちらはマサラ・ドーサのココナッツチャツネ添え。何種類かあったけど、隣のおじさんと同じものに。おじさん「辛いよコレ。」と言ってたけど、全然平気な爽やか系辛さだったな。それにタマリンドライスをエキストラで買って、混ぜて食べた。デザートは、私の大好きなラスマライというカッテージチーズを甘いミルクにつけたものがあったので1つオーダー。お土産まで買ってしまった、この寺院特製ブレンドのカレー粉と、これもここ特製のレモンのスパイシーチャツネ。
たくさん食べたにもかかわらず、お腹が張らず心地よい満腹感なのは、やはり菜食だからなんでしょうね。他にも興味津々のメニューがどっさりあったので、日を改めてまた行く事にした。今度は直接この食堂に来れると思う。
f0056476_10483962.jpg

★Ganesh Temple Canteen: 45-57 Bowne St., Murray Hill, Flushing

by machikogunji | 2012-03-05 11:04 | アジア | Comments(1)
Commented by 光岡 at 2012-03-06 11:10 x
NYにも、本格的なインド料理、あるんですね。そこを探検しにいったまちこさん、さすがです。
シアトル、というかレッドモンド(ベルビューのとなり)にインド人が多く(マイクロソフトがあるから)南インド系から北インド系から、インド系がたくさん。だから、自分で作る気になりません。
<< 生海苔 ブロッコリレイブのトマトクリー... >>