ニューヨーク/ロシア/日本、まだ落ち着かないでうろちょろ。
by machikogunji
◆釣り日記
★2017
・ケンサキイカ@宇和島沖(7/19)
・鯛ラバ@雨の小豆島沖(6/29)
・鯛ラバ@瀬戸大橋(6/18)
・キメジマグロ遠征@愛媛(5/25)
・オキソメバル&鯵@庵治(4/29)
・マテ貝堀り@坂出・綾川(4/24)
・ヒラメ@屋島沖(4/11)

★2015
・シラス干し@庵治(6/20)
・マテ貝@綾川(5/21)
・マテ貝潮干狩り(5/8)
・メバル釣り@庵治沖(4/29)

★2014
・鯛釣り@庵治沖(10/26)
・NY最後の釣り(10/20)
・ブラック(10/10)
・秋イカ(10/8)
・旦那3NKF@GP(8/25)
・旦那ヒラメ@GP(8/20)
・旦那Iイカ@GP(7/22)
・岸ヒラメ(7/7)
・岸ヒラメ&イカ(7/6)
・メイコシャーク(6/26)
・スキッフ鮃@モリチェス湾(6/14)
・イカまぁまぁ@NY(5/11)
・イカ大漁@NY(5/3)
・トラウト@NY(3/10)
・アイスフィッシング@ロシア(2/20)

★2013
・MEスメルト(12/29)
・NP冬イカ(11/30)
・GPイカ終了(11/15)
・撃沈ブラック船(11/9)
・ブラックおかっぱり(11/5・6)
・イカ満足@M Lake(11/4)
・イカ接岸@GP(10/30)
・祝・タコ@Shinnecock(10/27)
・再イカ@M Lake(10/25)
・イカ@M Lake(10/23)
・イカ@GP(10/22)
・マグロ釣り@キャニオン(10/19)
・サバ釣り@NH州(10/13)
・タラ釣り@メイン州(10/12)
・Bシーバス@ロッカウエイ沖(9/29)
・スナッパー@GP(9/28)
・ピクレル@ティンバーレイク(9/22)
・ヒラメ撃沈@GP(9/15)
・ヒラメ@GP(9/12)
・蟹釣り@キャプツリー州立公園(9/4)
・岸から鮃@GP(8/20)
・スキッフボート(8/10)
・おかっぱり@ポンクオギュー橋(7/28)
・マグロ釣り(7/27)
・岸からヒラメ@GP(6/15)
・岸からイカ@GP(6/13)
・シャーク釣り(6/6)
・船ヒラメ@Orient Point(5/1)
・ニジマス@NY(3/24)
・アイスフィッシング@ME(2/3)
・ブラックフィッシュ@NY(1/13)

★2012
・台風痕釣り場@LI(11/13)
・ベロコ@庵治・高松(11/3)
・秋イカ@GP(10/22)
・NHサバ@NH (10/7)
・グロースターイカ@MA (10/6)
・撃沈イカ@RI(6/1)
・初ヒラメ@Primetime3(5/1)
・春イカ@GP.NY(4/21)
・ニジマス@LI(3/11)
・スメルト@maine(2/20)
・寒サバ@BRKLN(1/18)

★2011
・秋イカ@GP(11/4)
・夏イカ@NP(7/23)
・ポーギー@New Suffork(7/7)
・かわはぎ@Brooklyn沖(7/3)
・ブルーフィッシュ(6/26)
・ヒラメ(5/24)
・NP春イカ(5/11)
・レイクトラウト(4/10)
・ブラウントラウト(4/10)
・トラウト釣り(4/3)
・アイスFISHING(1/31)

★2010
・アイスFISHING@ME(12/28)
・秋イカ@NP(11/15)
・ブラックフィッシュ(10/18)
・ジャンボポーギー(9/18)
・ジャンボフルーク(8/22)
・ウィークフィッシュ(8/14)
カテゴリ
全体
NY釣り婆日記・魚料理
和食
洋食
中華
朝めし
チャイナタウン
アジア
旬・季節もの
ショップ
行ってきたゾ!
モノ
外ごはん
外ごはん
おみやげ
いただきもの
今日は何の日?
風景
食器
デザート
教室

家リノベ
ロードトリップ
ペテルブルグ/2015冬
ペテルブルグ/2014冬
ペテルブルグ/2013春
ペテルブルグ/13冬
日本
モスクワ/2013春
ペテルブルグ/2012夏
モスクワ/2012夏
ペテルブルグ/2011冬
モスクワ/2011冬
モスクワ/2011夏
ロシア趣
日本/2012秋
高松・旨いもん
テキサス/2010
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...
お気に入りブログ
グルジアの味@New York(1)
f0056476_22364810.jpg

地下鉄Qラインに乗ってどんどんブルックリンの奥へ行くと、なんでもない地味〜な駅「Ave. U」がある。昔、友達が住んでいたのでここに来るのは2回目。といっても、20年ぐらい前のお話。なんか変わってないような気がしたわ。しいて言えば漢字の看板が増えていたような気がするかな。一見すると人々の人種はごった混ぜなんだが、ちらりちらりとキリル語の看板もある。モスクワに行ったことで、こういうキリル文字ってーのが前よりも随分と目に止まるようになったのは良かった事だ。商店街を歩いて7、8分。今日はあったかかったのでよかったもんの、これ寒かったらかなりきついな。と、思ったら着いた。グルジア料理のお店「ピロスマニ」。
f0056476_22545875.jpg

中に入ると独特の絵が壁面にドンッと描かれてます。なんかものすごく惹かれる絵なんです。私、好きかも。きもカワイイ系。どことなくフリーダ・カーロに通じるものがある。聞いたわけじゃないんだが、後で店名の意味を調べてみると、どうもグルジア出身の画家、ニコ・ピロスマニの絵を模写したもののよう。店名も彼の名前を取ってるんだと思う。プロスマニは独学で絵を学び、生涯グルジアを放浪しながら、動物や食卓を囲むグルジアの人々を描いたものが多いということだ。ロシアン・アバンギャルドの画家の一人に入るみたい。モスクワに行った時に、テーマとしてたロシアン・アバンギャルドにこんな処で出逢えたのよぉ!うれちっ! そして、日本の歌手、加藤登紀子さんの「百万本のバラ」って曲は、彼をモチーフにした曲だってことがウィキペディアに出てました。びっくら。
では、お食事です……。
f0056476_2341578.jpg

食べるもん、だいたい決めてから行ったので、ウエイターのお兄さんに「コレあるか?アレあるか?」と積極的に質問。全部あった。客が誰もいなかったので、おにーさん暇だと勝手に解釈、しっかりと掴まえて料理の詳細を聞きまくる。まずは茄子料理。胡桃のペーストを茄子でくるんだもの。これが、意外に美味しいのだ。素朴なんだが、胡麻ペーストに慣れてしまってる私にとっちゃー、新鮮な味なんです。「茄子で巻いてみたか〜〜。」とざぶとん1枚進呈。
茄子の奥に見える緑色の液体は、グルジア名物のタラゴン・ジュース。どこまでタラゴンが入ってるのか判りませんが、メロンソーダにほんの少しうがい薬入れたって味でしょうか、ちょっとガラナっぽい薬草の味がします、ほんのちょっとです。嫌いじゃない味なので、ゴクゴク飲みました。
f0056476_23154581.jpg

鹿さんマークがキュートなグルジアのお水も。私、各国の水フェチなんだなと改めて思いました。どこがどう違うのかは判らないけど私にとってその国のムード作りの大事なワンアイテムです。
f0056476_23211647.jpg

「グルジアらしい前菜を食べたい」と言ったら、薦めてくれたのがこの団子2個。やはりこれも胡桃のペーストを使ったものです。1つはシュレイテッドしたビーツを、ひとつはスピナッチを、丸めてドンッ。優しいウエイターさんだったので、一品2個のところを種類を二つにして1個づつ出してくれたことにニコニコ・スパーシバ。ほうれん草の方のトッピングがザクロだったんですが、練り込んであるナッツのかけらの大きさとザクロの種の大きさがほぼ同じなんで、食べててザクロの種が気にならないってのはお勉強になりました。真似しよう。いいアイデアだわハラショー、ハラショー。これも意外に美味しいのでありました。2人で完食(今日は、こんな遠いところに、しかもウイークデーにつき合ってくれるという素晴らしいお友達がいたのでありました。ありがとうございました)。
f0056476_23361115.jpg

ここにはもちろんグルジアの小籠包「ヒンカリ」もありました。さすが、モスクワで食べたほどの種類はなく、お肉1種類だけですが、包み方は本格的、サイズもいい感じ。茹でたてです。私的にはどうしても辛子醤油が欲しいところ。もしこの店に行かれることがあったら、辛子醤油ご持参がよいかと。ご一考あれ。
(2)へと続く……。
by machikogunji | 2012-02-02 23:32 | 外ごはん | Comments(0)
<< グルジアの味@New York(2) ブズーキを弾くおっちゃん >>